For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIO®

汎用性の高いリアルタイムテクノロジ

dSPACEの主要なHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータであるSCALEXIOは、システムの規模を問わず利用可能でありながら、非常に高い処理能力を提供します。すべての機能をソフトウェアで設定できるため、要件の変更に対して柔軟かつ容易に適応できます。SCALEXIOは、Full-SizeシミュレータやMid-Sizeシミュレータなどの他のdSPACE HILシステムと連携できるため、既存のHILシステムを更新するための容易な手段となります。

  • 電気モデルのリアルタイムシミュレーション

    dSPACE Electrical Power Systems Simulation Packageを使用すると、SimPowerSystems™で開発した電気モデルのリアルタイムシミュレーションが可能になります。

    詳細

  • メカトロニクステストベンチ用SCALEXIO TWINsync Solution

    SCALEXIO TWINsync Solutionにより、dSPACE SCALEXIO HILシミュレータから各種電気負荷装置を同期制御することができます。HILテストベンチにおいて、回転装置、スピンドルアクチュエータ、高速応答リニアモーターを使用するさまざまなヒューマンマシンインターフェースに対して、高精度な機械的シミュレーションが、このソリューションによって容易になります。

    詳細

  • SCALEXIO LabBox

    新製品のSCALEXIO LabBoxは、最大18枚のSCALEXIO I/Oボードを搭載可能なスロットを備えた史上最小のdSPACEシミュレータです。SCALEXIOプロセッサユニットを演算ノードとして組み合わせれば、独自のデスクトップHILシミュレータを構築することができます。

    詳細

  • 柔軟な機能テスト

    新しい機能やコントローラをすばやくテストするには、小型で調整可能なカスタムHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータが理想的です。最新のdSPACE SCALEXIO LabBoxは、まさにそのためのシミュレータです。

    詳細

  • Success in Action

    Launched two years ago, the SCALEXIO hardware-in-the-loop (HIL) test systems from dSPACE have already proven their value in numerous customer projects. They are now being used across the globe, in countries such as China, France, Germany, Italy, Japan, the UK and the USA.

    Read More

  • SCALEXIOの5年 – 過去の考察と今後の展望

    SCALEXIOは、2011年に新しいdSPACE HIL(Hardware-in-the-Loop)システムとして導入されました。dSPACEのHILテストシステム担当者であるTino Schulzeが、これまでの開発と今後の計画について説明します。

    詳細

適用分野

dSPACE SCALEXIOは高度の汎用性をもつテクノロジであり、柔軟性の高いチャンネルの提供、目的の規模に合わせた拡張、ソフトウェアによるすべての機能の設定が可能となります。用途範囲は、電動システムの電子制御ユニット(ECU)のテストを含む、すべてのテスト領域に及びます。

SCALEXIOのマルチプロセッサ機能により、シミュレータを既存のSCALEXIOベースのシステムやDS100xプロセッサボードベースのシステムと連携させることができます。これにより、既存のテスト設定の拡張が可能になり、増大するプロジェクトニーズに対応できるようになります。

主な特長

  • I/Oの設定やモデリング、コード生成を分離することにより、さまざまなワークフローやユーザロールをサポートします。
  • 単一のシステム上で、さまざまなECUのバリアントやタイプのテストを最小限の設定で実行
  • コンポーネントのテストシステムおよびネットワークシステムが同じ標準化されたハードウェアコンポーネントと接続方法を使用しているため、個別のテストケースに応じて容易にサイズ変更が可能
  • チャンネルのグラフィカルな設定
  • 実際のECUが入手できない場合でも、バーチャルECU(V-ECU)を使用してHILテストを実行
  • FMI(Functional Mockup Interface)のサポート

SCALEXIOシステムは標準化されており、SCALEXIOシステムの全バージョンで再利用することができます。

  • SCALEXIOシステムの中心となっているSCALEXIOプロセッサユニットは、市販のコンポーネントに基づいているため、プロセッサテクノロジは常に最新のものとなっています。
  • 拡張可能なシリアルI/OネットワークであるIOCNETでは、分散構成を実現することでSCALEXIOシステムを容易に拡張できるようにしています。このIOCNETを経由して、リアルタイムプロセッサとI/Oボード間の内部通信が行われます。

SCALEXIO I/Oユニットは、一般的なECU信号用に設計されており、次のことが可能です。

  • I/Oボード上でローカルに信号のプリプロセス処理を行うことでリアルタイムプロセッサへの負荷を軽減
  • 統合されたシグナルコンディショニング、およびコンバータや電気的欠陥シミュレーションのパーツ
  • 取り付けと設定のプロセスがすべてのユニットで共通しているため、覚えるのにほとんど時間がかからない

SCALEXIOのI/Oハードウェアには3つのハードウェアタイプがあり、それぞれ一般的なアプリケーションのニーズに合わせて設計されています。MultiCompact、HighFlexおよびSCALEXIOのI/Oボードを組み合わせて拡張することにより、どのようなシステム設定でも構築できます。これらのハードウェアには、以下の共通点があります。

  • I/Oボード上でローカルに信号のプリプロセス処理を行うことでリアルタイムプロセッサへの負荷を軽減
  • IOCNETインターフェースを介したプロセッサユニットへの接続
  • すべての機能をソフトウェアにより設定可能
  • 取り付けと設定のプロセスが共通しているため、覚えるのにほとんど時間がかからない


MultiCompact
  • 特定用途向けの多数の入出力チャンネル
  • 各チャンネルが固定したチャンネルタイプを持っているため、チャンネル当たりのコストが低い
  • 統合されたシグナルコンディショニングおよびコンバータ
  • オンボード欠陥生成ユニット(FIU)
  • 実負荷と擬似負荷の接続
  • SCALEXIOラックで使用可能
  • DS2680 I/O Unit
    • 1つのユニットキャリアに設置可能なコンパクト設計
    • 十分なシミュレーションシステムのための電源スイッチなどの基本機能
    • 専用のI/Oファンクションを備えた各種チャンネル
  • DS2690 Digital I/O Board
    • スロットに依存せず組み立てが容易な標準化されたコネクタ
    • 専用のI/Oファンクションを備えたデジタルチャンネル

HighFlex
  • 自由に割り当て可能なチャンネルタイプを備えた汎用的な入出力/バスチャンネル
  • I/Oボード当たり10チャンネル、バスボート当たり4チャンネルを備えた高い汎用性とスケーラビリティ
  • 個々のチャンネルに対するガルバニック絶縁
  • 統合されたシグナルコンディショニングおよびコンバータ
  • オンボード欠陥生成ユニット(FIU)
  • 実負荷と擬似負荷の接続
  • SCALEXIOラックで使用可能
  • すべてのボードのコネクタコンセプトを標準化
  • スロットに依存せず組み立てが容易なボード
  • DS2601 Signal Measurement Board
  • DS2621 Signal Generation Board
  • DS2642 FIU & Power Switch Board
  • DS2671 Bus Board
SCALEXIO I/Oボード
  • 専用のチャンネルタイプを含む多数の入出力チャンネル
  • 電流関連の機能を省いたI/Oファンクションに特化
  • 小型のボードサイズ
  • SCALEXIOラックまたはSCALEXIO LabBoxで使用可能
  • D-Subコネクタを介したI/Oへの接続
  • スロットに依存せず組み立てが容易なボード
  • DS6101 Multi-I/O Board
  • DS6201 Digital I/O Board
  • DS2655 FPGA Base Board

SCALEXIOプロセッサユニット 最新のプロセッサテクノロジを採用したdSPACE SCALEXIOプロセッサユニット ConfigurationDesk(SCALEXIO用) dSPACE SCALEXIOハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア SCALEXIO LabBox 開発者向けのデスクトップHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ DS6101 Multi-I/O Board 自動車システム向けのシグナルコンディショニング機能を持つ入出力ハードウェア DS6201 Digital I/O Board 96個の双方向デジタルI/Oチャンネルを搭載したSCALEXIO I/Oボード DS6301 CAN/LIN Board シミュレータとCANおよびLINバスシステム接続用のSCALEXIO I/Oボード DS2655 FPGA Base Board ユーザによるプログラミングが可能なFPGAを備えたHighFlexボード DS2601 Signal Measurement Board ECU出力信号計測用HighFlex I/Oボード DS2621 Signal Generation Board ECU入力シミュレーション用HighFlex I/Oボード DS2642 FIU & Power Switch Board 欠陥生成ユニット搭載、パワースイッチング用HighFlexボード DS2671 Bus Board さまざまなバスシステムに接続可能なHighFlexボード DS2680 I/O Unit パワートレインおよびビークルダイナミクス向けMultiCompactユニット DS2690 Digital I/O Board 車両ボディ用途向けMultiCompactボード DS2907 Battery Simulation Controller バッテリシミュレーション用電源制御 SCALEXIOフィールドバスソリューション SCALEXIOは、ProfibusやEtherCATなどの各種フィールドバスにSCALEXIOシステムを接続するためのインターフェースソリューションを提供します。 航空宇宙産業向けSCALEXIOソリューション SCALEXIOにより、ARINC 429、MIL-STD-1553、またはAFDXに対応した航空宇宙産業用途向けのモジュールを提供 ControlDesk 電子制御ユニット(ECU)開発向けの汎用的な試験ソフトウェア MotionDesk ADASやビークルダイナミクスのシナリオといったHIL(Hardware-in-the-Loop)試験のビジュアル表示などに適した、仮想世界での機械的システムの3Dアニメーション Automotive Simulation Models パワートレインおよびビークルダイナミクスに関するリアルタイムシミュレーションモデル AutomationDesk AutomationDeskは、HIL(Hardware-in-the-Loop)テストや電子制御ユニット(ECU)のための強力なテストオーサリングおよび自動化ツールです。 SCALEXIO TWINsync Solution dSPACE SCALEXIO HILシミュレータとの完全な同期を実現しながら、Electric Driveを制御 SCALEXIO向けのEMHソリューション SCALEXIO EMHソリューションでは、Electric DriveのHILシミュレーションをプロセッサベースで行える総合的なI/Oライブラリが提供されています。 Electrical Power Systems Simulation Package SimPowerSystems™で開発したパワーエレクトロニクス回路のリアルタイムシミュレーションを容易に実現 SCALEXIO Serial Interface Solution SCALEXIOシステムでSerial Peripheral Interface(SPI)を使用できるようにします。
その他の情報