For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Bus Manager

LIN、CAN、およびCAN FDバスシミュレーション用の設定ツール

dSPACE Bus Managerは、レストバスシミュレーションなどのシミュレーション用にバス通信を設定したり、dSPACE SCALEXIOシステム向けのリアルタイムアプリケーションでバス通信を実装したりするための強力なツールです。LIN、CAN、CAN FDなどのさまざまなバスシステムをサポートしています。

適用分野

dSPACE Bus Managerは、レストバスシミュレーションなどのシミュレーション用にバス通信を設定したり、リアルタイムアプリケーションでバス通信を実装したりするための強力なツールです。このツールは、HIL(Hardware-in-the-Loop)およびラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)の用途ではdSPACE SCALEXIOと組み合わせ、仮想検証プロジェクトではPCベースのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOSと組み合わせて使用することができます。Bus Managerは、LIN、CAN、CAN FDなどのさまざまなバスシステムをサポートしています。Bus Managerは、dSPACE ConfigurationDeskのアドオンであり、すべての使用事例をカバーしています。VEOSのみを使用する場合は、Bus Manager(スタンドアロン)を使用可能です。

主な利用効果

  • 1つのツールで同時に複数のバスシステムを均一に設定
  • ドラッグアンドドロップでの容易なバス設定
  • 複数の通信マトリクスの作業を一度に設定
  • モデリングツールに依存しないモデルインターフェース
  • ツール自動化インターフェース
  • 一貫したCANおよびLINバスシミュレーション
  • ConfigurationDeskへのシームレスな統合により、バス設定やI/O設定などのすべてのタスクで同じ外観と操作性を実現

機能 説明
概要
  • 単一プロジェクト内でAUTOSARシステムデスクリプションファイル、FIBEX、DBC、およびLDFファイルなど、複数の通信マトリクスを使用可能
  • NEW:エンドツーエンド保護、PDUコンテナ、セキュアオンボード通信、一般的なCRC/チェックサムシミュレーションおよび検査、カウンタシミュレーションのサポート
  • NEW:AUTOSAR 4.3.1およびFIBEX 4.1.2ベースの通信記述ファイルのインポート
  • 通信マトリクスの多彩なビジュアル表示を実現するさまざまなビュー、フォルダ、フィルタ、および検索方式
  • 通信マトリクス間でのドラッグアンドドロップによる容易なレストバス設定
  • レストバス設定ビューの選択およびカスタマイズが可能
    • ツリービューおよびプロパティグリッドを利用したバスエレメントベースの設定
    • テーブルビューで複数エレメントの設定が可能
  • バスハードウェアの設定
  • モデリングツールに依存しないモデルインターフェース(モデルポートブロック)
  • Functional Mock-Up Unit(FMU)をサポート
  • 既存設定の更新に便利な新しい通信マトリクス
LIN
  • イベントによりトリガされる無制限で散発的なフレーム/PDUの送受信 • LINスケジュールの生成
CANを含む
  • CANフレーム/PDUのトリガによる送受信および周期的な送受信
  • 多重化PDUのサポート
CAN FD
  • CAN FDフレーム/PDUのトリガによる、または周期的な送受信
  • 多重化PDUのサポート
バスシミュレーション
  • VEOSへのインポート用のバス設定コンテナとしてバス設定をエクスポート

Bus Managerは、バスシミュレーション実装のための便利で簡単なワークフローを提供します。一般的に、VEOSを使用した仮想シナリオおよびSCALEXIOを使用したリアルタイムシステムには同一のワークフローが適用されます。

  • 1つまたは複数のバス通信マトリクスをインポートします。すべての関連情報が自動的に抽出され、以降のバス設定に利用されます。
  • バス設定を作成します。
  • シミュレートする部品を定義および設定します。
  • 必要に応じて操作や検査を設定します。
  • リアルタイムでのハードウェアアクセスを指定します(このステップはRCPおよびHILシナリオにのみ適用)。
  • 必要に応じて、シミュレートする要素のさまざまなパラメータやプロパティを設定できます。たとえば、ControlDeskなどの試験ソフトウェアを介して実行中の信号値へのアクセスを有効にすることができます。シミュレーション実行中に信号の値を動的に変化させなければならない場合は、MATLAB®/Simulink®ビヘイビアモデルや他のモデリングツールで設計されたビヘイビアモデルを使用するためのFunctional Mock-up Unit(FMU)などのビヘイビアモデルを使用することができます。
  • 最後にビルドプロセスを開始し、リアルタイムアプリケーションをダウンロード(RCPおよびHILシナリオに適用)および実行します

その他の情報 サポート お問い合わせ