For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Bus Manager

LIN、CAN、およびCAN FDバスシミュレーション用の設定ツール

dSPACE Bus Managerは、レストバスシミュレーションなどのシミュレーション用にバス通信を設定したり、dSPACE SCALEXIOシステム向けのリアルタイムアプリケーションでバス通信を実装したりするための強力なツールです。LIN、CAN、CAN FDなどのさまざまなバスシステムをサポートしています。

適用分野

dSPACE Bus Managerは、レストバスシミュレーションなどのシミュレーション用にバス通信を設定したり、リアルタイムアプリケーションでバス通信を実装したりするための強力なツールです。このツールは、HIL(Hardware-in-the-Loop)およびラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)の用途ではdSPACE SCALEXIOと組み合わせ、仮想検証プロジェクトではPCベースのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOSと組み合わせて使用することができます。Bus Managerは、LIN、CAN、CAN FDなどのさまざまなバスシステムをサポートしています。Bus Managerは、dSPACE ConfigurationDeskのアドオンであり、すべての使用事例をカバーしています。VEOSのみを使用する場合は、Bus Manager(スタンドアロン)を使用可能です。

主な利用効果

  • 1つのツールで同時に複数のバスシステムを均一に設定
  • ドラッグアンドドロップでの容易なバス設定
  • 複数の通信マトリクスの作業を一度に設定
  • モデリングツールに依存しないモデルインターフェース
  • ツール自動化インターフェース
  • 一貫したCAN / CAN FDおよびLINバスシミュレーション
  • ConfigurationDeskへのシームレスな統合により、バス設定やI/O設定などのすべてのタスクで同じ外観と操作性を実現

Functionality Description
General
  • Use of several communication matrices, such as AUTOSAR system description files, FIBEX, DBC, and LDF files within one project
  • Support of end-to-end protection, PDU containers, secure onboard communication, generic CRC/checksum simulation, counter simulation
  • Static Container PDU and Global Time Synchronization support
  • Import of AUTOSAR 4.4- based communication description files
  • Import of FIBEX 4.1.2-based communication description files
  • Versatile communication matrix visualization with different views, folding, filtering, searching
  • Easy restbus configuration across communication matrices via drag & drop
  • Selectable and customizable restbus configuration view
  • Tree view and property grid for bus-element-based configuration
  • Table view for multiple-element configuration
  • Configuration of the bus hardware
  • Modeling-tool-independent model interface (model port blocks)
  • Support of Functional Mock-up Units (FMUs)
  • Convenient update of existing configurations with new communication matrices
  • Export of bus configurations as bus configuration containers for import into VEOS
  • Secure Onboard Communication (SecOC) inspection and manipulation
  • PDU RX status for simulation
  • NEW: Support of J1939
LIN
  • Send and receive of unconditional, event-triggered and sporadic frames/PDUs
  • Generation of LIN schedules
CAN / CAN FD
  • Triggered/cyclic send and receive of CAN / CAN FD frames/PDUs
  • Support of multiplexed PDUs
  • CAN / CAN FD Frame Gateway
Bus Manipulation and Inspection
(Bus Manager Plus additionally required)
  • Signal value based access to ISignals
  • Overwrite value of an ISignal with a user-defined value
  • Add offset to the value of an ISignal
  • Access the payload of a PDU in raw data format
  • Inspect the status of a received PDU
  • Manipulate the payload length of a CAN frame
  • Suspend the transmission of a frame

Bus Managerは、バスシミュレーション実装のための便利で簡単なワークフローを提供します。一般的に、VEOSを使用した仮想シナリオおよびSCALEXIOを使用したリアルタイムシステムには同一のワークフローが適用されます。

  • 1つまたは複数のバス通信マトリクスをインポートします。すべての関連情報が自動的に抽出され、以降のバス設定に利用されます。
  • バス設定を作成します。
  • シミュレートする部品を定義および設定します。
  • 必要に応じて操作や検査を設定します。
  • リアルタイムでのハードウェアアクセスを指定します(このステップはRCPおよびHILシナリオにのみ適用)。
  • 必要に応じて、シミュレートする要素のさまざまなパラメータやプロパティを設定できます。たとえば、ControlDeskなどの試験ソフトウェアを介して実行中の信号値へのアクセスを有効にすることができます。シミュレーション実行中に信号の値を動的に変化させなければならない場合は、MATLAB®/Simulink®ビヘイビアモデルや他のモデリングツールで設計されたビヘイビアモデルを使用するためのFunctional Mock-up Unit(FMU)などのビヘイビアモデルを使用することができます。
  • 最後にビルドプロセスを開始し、リアルタイムアプリケーションをダウンロード(RCPおよびHILシナリオに適用)および実行します

その他の情報 Documentation お問い合わせ