For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIO LabBox

モジュール型のリアルタイムシステム

SCALEXIO LabBoxは、デスクトップまたはラックマウントでの使用に適した小型の筐体です。SCALEXIOプロセッサボードへの統合やSCALEXIOプロセッサユニットへの接続が可能になっており、最大7枚または18枚のSCALEXIO I/Oボードの搭載スペースを提供する2つのバージョンが用意されています。

適用分野

SCALEXIO LabBoxは、機能開発およびテストに最適な小型リアルタイムシステムです。このシステムは省スペース性と放射雑音の低減を実現しており、ラボでの使用に最適です。

SCALEXIO LabBoxには、2種類の筐体のバリエーションがあります。

  • 最大7枚のSCALEXIO I/Oボードを搭載できるSCALEXIO LabBox(8スロット)
  • 最大18枚のSCALEXIO I/Oボードを搭載できるSCALEXIO LabBox(19スロット)

主な利点

省スペースで放射雑音の少ないSCALEXIO LabBoxは、デスクでの使用に適した強力なリアルタイムシステムです。容易にセットアップおよび変更できるメカニカルコンセプトが採用されているため、プロジェクト要件の変化に応じてシステムをすばやく調整することができます。また、プロセッシングハードウェア向けのさまざまなオプションがあるため、幅広い用途に合わせてLabBoxベースのシステムの計算能力を拡張することができます。SCALEXIO LabBoxには、ラックマウントバージョンおよびカバー付きラックマウントバージョンも用意されています。

プロセッシングハードウェアのオプション

どちらの筐体でも、プロセッシングハードウェア向けの2つのオプションがあります。

  • SCALEXIO LabBoxにはデュアルスロットのDS6001 Processor Boardを搭載できるため、極めてコンパクトな構成になります。
  • また、SCALEXIOプロセッサユニットはDS6051 IOCNET Routerを使用して外部と接続できるため、複雑で演算負荷の高いシミュレーションモデルの処理など、必要な場合は演算能力を追加することができます。

DS6051 IOCNET Routerによる接続オプション

DS6051 IOCNET Routerを使用して、SCALEXIOプロセッサユニットや既存のSCALEXIOリアルタイムシステムなどの外部プロセッシングハードウェアをI/O拡張モジュールとしてSCALEXIO LabBoxと接続します。

パラメータ 仕様
SCALEXIO LabBox SCALEXIO LabBox(8スロット) SCALEXIO LabBox(19スロット)
概要
  • 8個のスロットを搭載した筐体
  • SCALEXIO I/Oボード向けに7スロット
  • 5個の拡張I/Oスロット1)
  • 1システムスロット(DS6001 Processor BoardまたはDS6051 IOCNET Router用に予約)
  • 19個のスロットを搭載した筐体
  • SCALEXIO I/Oボード向けに18スロット
  • 5個の拡張I/Oスロット1)
  • 1システムスロット(DS6001 Processor BoardまたはDS6051 IOCNET Router用に予約)
  • 温度制御されたアクティブ冷却
  • ConfigurationDeskを介してソフトウェアにより設定可能なI/Oボード
  • 取り出しレバーを備えた筐体前面からのボード交換
  • ステータスLEDおよびKensington®セキュリティスロット
  • 温度制御されたアクティブ冷却
  • ConfigurationDeskを介してソフトウェアにより設定可能なI/Oボード
  • 取り出しレバーを備えた筐体前面からのボード交換
  • ステータスLEDおよびKensington®セキュリティスロット
周囲温度
  • 0 °C~50 °C(32 °F~122 °F)
  • 0 °C~50 °C(32 °F~122 °F)
動作湿度
  • 5%~95%(結露のない環境)
  • 5%~95%(結露のない環境)
サイズ(幅x高さx奥行き)
  • デスクトップバージョン:224×193×394 mm(8.8×7.6×15.5インチ)
  • ラックマウントバージョン:483×178×355 mm(19×7×14インチ)
  • カバー付きラックマウントバージョン483×178×493 mm(19×7×19.4インチ)
  • デスクトップバージョン:447×193×394 mm(17.6×7.6×15.5インチ)
  • ラックマウントバージョン:483×178×355 mm(19×7×14インチ)
  • カバー付きラックマウントバージョン483×178×493 mm(19×7×19.4インチ)
重量 7.25 kg(ボードなし) 11.5 kg(ボードなし)
電源 100~240 V AC、50/60 Hz、350 W 100~240 V AC、50/60 Hz、350 W

1) DS6001のPCI Expressインターフェースは、専用I/Oスロットを使用します。

主要諸元 DS6051 IOCNET Router

パラメータ 仕様
IOCNETルータ
  • 光学式IOCNETアップリンクポート×1
  • 光学式IOCNETダウンリンクポート1)×2
  • 最大18個の電気式IOCNETダウンリンクポートをサポート(バックプレーンにより)
  • 最大2.5 Gbit/sの接続速度
標準電力消費量
  • 7.2 W(標準値300 mA、+24 Vの場合)
サイズ
  • 238×100×19 mm(固定ブラケットなし)
重量
  • 300 g

1) SFPトランシーバモジュールは別途注文する必要があります。

幅広い用途に対応

SCALEXIO LabBoxは、次の3種類の筐体バージョンが用意されています。

  • キャリーハンドルとプラスチック脚が付属したデスクトップバージョン
  • 19インチラックシステムに取り付け可能なSCALEXIO LabBox(8スロット×2、ラックマウントバージョン)。SCALEXIO LabBox(8スロット)をラックに取り付けるには、これら2つを組み合わせます。
  • SCALEXIO LabBox(8スロット×2、カバー付きラックマウントバージョン)は、追加のフロントカバー後部にあるラックの奥深くに取り付けられています。そのため、すべての配線を19インチのラック内に保持することができます。

その他の情報 成功事例 お問い合わせ