For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS6241 D/A Board

Multi-Channel D/A Board

DS6241 D/A Boardは20個の正確なアナログ出力チャンネルを備えており、専用のグラウンドセンスラインと汎用性の高い同期メカニズム、トリガ機能、および高スループットのストリーミングインターフェースを提供します。ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)およびHIL(Hardware-in-the-Loop)テストアプリケーションに使用することができます。

正確なアナログ出力チャンネルを備えたDS6241は、ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)およびHIL(Hardware-in-the-Loop)テストアプリケーションに使用することができます。ECU機能の開発時には、ノイズ除去などのアクチュエータ制御用のアナログ信号ジェネレータとして機能します。テストシナリオでは、センサシミュレーション用の信号を生成します。

主な利用効果

DS6241の20個の出力チャンネルのそれぞれが専用のグラウンドセンスラインを備え、16ビットの分解能を提供します。このボードでは、センサ信号、および4チャンネルの設定可能なトリガ機能やSCALEXIOの回転角度処理ユニットとの同期など、汎用性の高い同期メカニズムを柔軟にシミュレートすることができます。

I/Oファンクション

DS6241の20個のアナログチャンネルはソフトウェアにより設定可能で、次のように使用することができます。

  • Voltage Out
  • Wavetable Voltage Out
  • Waveform Voltage Out
  • Angular Wavetable Voltage Out

チャンネルの定義と設定は、dSPACE ConfigurationDeskでグラフィカルに行うことができます。

パラメータ 仕様
概要
  • 独立型D/Aコンバータを備えたD/A出力チャンネル x 20
  • 外部トリガ入力ライン x 4
  • ±60 Vの過電圧保護
  • 50ピンD-Subコネクタ x 1
D/Aチャンネル(Analog Out 10) 出力電圧
  • ± 10 V
基準電圧
  • ± 2 V
出力電流
  • ±5 mA(最小)
  • ±10 mA(標準値)
分解能
  • 16ビット
整定時間
  • 5 µs(標準値)
更新周期
  • 0~500 kSPS
ゲイン誤差
  • ±0.03%(標準値)
オフセット誤差
  • ±1 mV(標準値)
トリガチャンネル(Trigger In 2) 入力電圧
  • 0~60 V
しきい値電圧
  • 1~23 V
ヒステリシス
  • 0.2 V(標準値)
入力抵抗
  • 361 kΩ(標準値)
分解能
  • 8ビット
内部通信インターフェース
  • IOCNET(最大2.5 Gbit/sの接続速度)
サイズ
  • 238×100×19 mm(9.4×4×0.8インチ)
  • 1つのスロットを占有
電圧供給
  • 24 V
標準電力消費量
  • 7.5 W

お問い合わせ