For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIO TWINsync Solution

dSPACE SCALEXIOによるテストベンチ用同期負荷モーター制御

SCALEXIO TWINsync Solutionでは、SCALEXIOシステムを使用した複数のElectric Driveの同期制御が可能になります。

一部のHILのテストケースでは、電子制御ユニット(ECU)へのアクセスに、そのECU独自の電子インターフェース以外にも使用することができます。電気負荷マシンを介して機械的にアクセスし、乗用車のステアリングホイールなどをヒューマンマシンインターフェースとして機械的にシミュレートすることも可能です。要件や用途に従って、回転ドライブ、スピンドルアクチュエータ、高度に動的なリニアモーターなどの各種負荷マシンが使用されます。これらの負荷マシンに所定の値をリアルタイムで提供するには、HILシミュレータと負荷マシンコントローラとの高度な同期が不可欠です。

主な特長

SCALEXIO TWINsync Solutionは、dSPACE独自のIOCNETネットワーキングテクノロジの利点と、LTi社製の実績あるTWINsyncプロトコルの利点とを組み合わせたものです。その高速通信により、ソリューションでは負荷マシンの制御に必要な低レイテンシの高性能接続を実現しています。IOCNETテクノロジでは、最大100 m離れた位置からネットワークノードを使用することもできます。そのため、非常に大規模なテスト施設でも、SCALEXIOシステム上のHILシミュレーションを介して、すべての負荷マシンを動的かつ完全に同期して制御することができます。

Components of the SCALEXIO TWINsync Solution

For the SCALEXIO TWINsync Solution, dSPACE uses the established TWINsync protocol from LTi Motion GmbH. This protocol makes synchronous communication between two or more LTi ServoOne motor controllers and the SCALEXIO TWINsync hardware possible. Thanks to the installed IOCNET connection, full synchronicity of the connected load motor control can be achieved even in large test facilities at a distance of up to 100 m from the HIL simulator. The associated blockset makes it easy to configure the SCALEXIO TWINsync solution in ConfigurationDesk. 

 

SCALEXIO TWINsyncハードウェアを使用すると、HILシミュレーションを介して複数の負荷モーターコントローラを制御することができます。

SCALEXIO:
強力かつフレキシブルなdSPACE HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ


SCALEXIO TWINsyncハードウェア:
TWINsyncコンポーネントとのインターフェースとしてのDS2656 FPGA Base BoardとDS5451 Custom I/O Moduleを搭載した外部筐体IOCNET接続により、SCALEXIOシミュレータから最大100 m離れた場所でもTWINsyncを使用することが可能


LTi ServoOne:
LTi Motion GmbH社製の高性能小型モーターにより、2~450アンペアのリニアおよび回転運動高負荷モーターシステムを制御

オプション:


  • EV1132 TWINsync Transfer Module:

スプリング終端を備えた転送エレメントにより、1つまたは複数のリモートセンサインターフェースボックス(RSI)を接続


  • EV1117 Remote Sensor Interface(RSI):

アナログ信号ソースまたはトルクセンサ用高精度計測デバイス

Feature1)2) Specification
TWINsync interface 2
General purposes I/O for controlling (24 V reference needs to be connected) 8 digital relay outputs
General purposes I/O for reading 24 V 6 digital inputs
TTL encoder processing interface 2
SSI interface 6
EnDat 2.1 interface 6
dSPACE remote sensor interface (RSI) 6
Internal communication interface IOCNET
Typical power consumption 16.8 W
1) The I/O is divided into 2 identical galvanic isolated groups.
2) The TWINsync interface cannot be used in parallel with the SSI, EnDat, and RSI interface.

製品情報 お問い合わせ