ConfigurationDesk

dSPACEリアルタイムハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア

ConfigurationDeskは直感的でグラフィカルな設定および実装ツールであり、小規模なラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)開発からSCALEXIOやMicroAutoBox IIIなどのdSPACEリアルタイムハードウェアに基づく大規模なHIL(Hardware-in-the-Loop)テストに至るまで、ビヘイビアモデルやI/Oファンクションコードの実装を含むさまざまなアプリケーションの処理に最適です。

ConfigurationDeskを使用すると、ECUなどの外部デバイス、設定済みのリアルタイムハードウェア、および接続されたビヘイビアモデルを明確に体系化して確認できます。

  • モデルを容易にやり取りしたり再利用したりすることが可能なConfigurationDesk

    ConfigurationDeskでは、Simulink®モデルおよびFunctional Mock-Up Units(FMU)用コンテナのプリコンパイルをサポートしています。これにより、ソースファイルなしでモデルを受け渡すことができ、知的財産の保護やモデルの容易なやり取りが可能になります。さらに、プリコンパイルしたコンテナを生成すれば、Cコードを再度生成したりコンパイルしたりせずに、異なるプロジェクトやバリアントで再利用できるため、ビルド時間の節約にもなります。

  • ConfigurationDesk 6.5

    MicroAutoBox IIIでのモーターシミュレーション

    詳細

  • FMU(Functional Mock-up Unit)のサポート

    ConfigurationDeskは、オープンなFMI(Functional Mock-up Interface)規格をサポートしています。このため、ユーザは、FMUを使用してさまざまなモデリング手法(Modelicaによる物理モデリングをベースとするものなど)を使用できます。HILプロジェクトでは、FMUをSimulink®モデルと統合できます。

    FMUをその他のモデルインターフェースおよびI/Oにインポートおよび接続するユーザのワークフローは、Simulink®モデルのワークフローとまったく同じです。

  • Powertrain Tests at the Push of a Button

    新しいパワートレインのテストなどで、迅速かつ安全にモデル統合バージョンを作成する場合、dSPACEのデータ管理ソフトウェアであるSYNECTを使用すると、HILシミュレータファームにおけるワークフローの自動化を行うことができます。

    詳細

  • FMIのワークフロー例

    ConfigurationDeskを使用して、既存のモデルにFunctional Mock-up Unit(FMU)を統合する方法に関するデモ

    詳細

  • オンラインセミナー動画:ConfigurationDesk – dSPACEハードウェアとモデルを接続

    このオンラインセミナーでは、ConfigurationDeskを使用してSCALEXIOハードウェアをモデルに容易に接続する方法について説明します。

    詳細

適用分野

ConfigurationDeskを使用すると、HILまたはRCPシナリオ向けの強力なリアルタイムアプリケーションを容易に実装できます。さらに、Simulink®モデル、Functional Mock-up Units(FMU/FMI)またはバーチャルECUのビヘイビアモデルをI/Oファンクションやバスシミュレーションコンテナ(BSC)と接続したり、SCALEXIOハードウェアやMicroAutoBox IIIを設定したり、リアルタイムコード生成プロセス全体を制御したりできるようになります。また、信号のプロパティ(記述、電気的特性、欠陥シミュレーションの設定、電気負荷の容量)を含め、ECU、電気機器、負荷などの外部デバイスを定義してドキュメント化することができます。ConfigurationDeskでは、こうした入力を基にリアルタイムシステムで実行するためのリアルタイムアプリケーションを生成します。

主な利用効果

ConfigurationDeskを使用すると、コントローラやECUの開発やテストの際にさまざまな利点がもたらされます。

  • まず、外部デバイスからモデルインターフェースに至るまでの信号経路全体を管理することにより、アプリケーションの全体像を明確かつ明快に把握できます。
  • また、I/O設定からビヘイビアモデルを分離することで、アプリケーションの成果物を極めて柔軟に再利用できます。
  • 実際のI/Oをまだ使用できない場合でも、固定値でI/Oをシミュレートすることによりテストが可能です。
  • さらに、ビヘイビアモデルのコード、I/Oファンクションのコード、および関連するアプリケーション固有のあらゆるコードに対応した形で、アプリケーションをdSPACEリアルタイムハードウェアに自動的に実装できます。
  • また、さまざまな使用事例に合わせて設計されたビューにより、直感的でグラフィカルな表示を使用してRCPおよびHILのワークフローを操作することができます。
  • 強力なアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用すれば、ワークフローを自動化することもできます。
  • さらに、SimulinkおよびFMUなど、各種モデルおよびコンテナ形式がソースコードやバイナリ形式でサポートされているため、開発環境をモジュール化および分散化できます。これにより、IP保護シナリオを含めた共同作業が可能になり、時間の節約につながります。
  • また、アプリケーションごとに複数のモデルを使用することにより、特に継続的統合においては不可欠な機能である大規模なモジュール型アプリケーションの構築が可能になります。
  • dSPACE VEOSと同じモデルコンテナもサポートされているため、SILテストおよびHILテスト間でのスムーズな移行が可能です。
  • 総合的なドキュメンテーションオプションにより、プロジェクト全体を通じてトレーサビリティが保証されます。

Functionality Description
General Graphical configuration of real-time applications
Decoupling of I/O configuration and behavior model
Integration of models from various tools
Enhanced graphical user guidance through the workflow of the configuration
Supported platforms SCALEXIO systems
MABX III
Interactive Simulink support Generation of ConfigurationDesk projects directly from the Simulink model
Switch from Simulink to ConfigurationDesk and vice versa in only one click
The interface of Simulink models can be changed/adapted on both sides, in Simulink and in ConfigurationDesk. The changes can be propagated to the opposite side
Start the overall build process from the Simulink model
Support of various model container formats Simulink implementation container (SIC)
  • Simulink implementation containers can be imported and compiled without requiring a MATLAB/Simulink installation (reuse for different projects or variants without having to generate the model code again).

Functional Mock-up Unit (FMU)
Bus simulation container (BSC):
IP protection of the model through compiled model containers without source code

TargetLink support Simulation of TargetLink-generated code as V-ECUs, FMUs, or SIC files
AUTOSAR support Simulation of V-ECUs generated by SystemDesk or TargetLink
I/O configuration and documentation For the graphical definition of the complete signal chain, the model ports have to be mapped to the I/O of the real-time hardware. ConfigurationDesk offers the following configuration features:
  • I/O functions (defining and configuring the functionality of the assigned real-time hardware)
  • Model port mapping (connecting I/O function ports and model ports)
  • Model topology (describing model ports provided by all imported behavior models)
  • Hardware resource assignment (mapping I/O functions to hardware resources)

For documentation purposes, these features allow for handling an external device:

  • External device topologies (properties of ECU, plant, and load pins)
  • Device port mapping (connections between the ECU, plant, and load pins and the signal ports of an I/O function)
  • Export and import as Microsoft® Excel® file with pin information for external wiring harnesses
  • Microsoft® Excel® file with pin information for external wiring harnesses
Bus simulation Support of configuring and implementing CAN, LIN, Ethernet, and FlexRay
Real-time code generation Complete and automatic build process of all components of your real-time application

  • SCALEXIO 製品情報, PDF, 日本語, 16418 KB
  • ConfigurationDesk 製品情報, PDF, 日本語, 636 KB
Documentation お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き