DS6001 Processor Board

高性能プロセッサボード

DS6001 Processor Boardは、SCALEXIO LabBoxおよびSCALEXIO AutoBox用の高性能で小型の2スロットのプロセッサユニットです。高速クローズドループや広帯域幅I/Oが必要なリアルタイムアプリケーションに最適です。

Intel® Core™ i7-6820EQクアッドコアプロセッサを搭載したDS6001 Processor Boardは、dSPACE SCALEXIOポートフォリオで最も小型のプロセッサユニットです。機能開発およびテストを行うためのデスクトップベースのリアルタイムシステムなど、大きさが重要となる使用事例に最適です。DS6001は、高い演算処理能力と優れたリアルタイム性能を特徴としており、低ジッタおよび低レイテンシを実現しています。演算処理能力とデータ帯域幅に関する要件が高い使用事例(運転支援や高度に自動化された走行、自動運転など)や、高速クローズドループが必要なリアルタイムアプリケーション(Electric Driveおよび制振など)に最適です。

主な利用効果

DS6001では4個のコアのすべてをリアルタイムアプリケーションの並列計算処理に利用できるため、要件の厳しいタスクに理想的なボードとなっています。追加のI/Oボードを接続したり、複数のDS6001 Processor BoardまたはSCALEXIOプロセッサユニットを連携させてマルチプロセッサシステムを構成することにより、SCALEXIOリアルタイムシステムを容易に拡張することができます。DS6001はオンボードのEthernet I/Oインターフェースを提供しており、外部デバイスからTCP/IPまたはUDP/IPプロトコルを介してモデルへ直接リアルタイムにアクセスしたり、ECUインターフェース(バイパス処理など)を提供したりできます。

パラメータ 仕様
リアルタイムプロセッサ
  • Intel i7-6820EQ、クアッドコア、2.8 GHz
  • コア数:4
  • L1キャッシュ:コア当たり32 kB + 32 kB(データ + 命令)
  • L2キャッシュ:コア当たり256 kB
  • L3キャッシュ:合計8 MB
ホスト通信コプロセッサ ARM® Cortex®-A9、1.2 GHz
メモリ
  • 4 GB RAM メモリ(DDR4)
  • 8 GBのフラッシュメモリ
回転角度処理ユニット(APU)
  • APU x 6
  • 角度分解能:0.011°
  • 回転数範囲:± 28.610 rpm
  • 回転数分解能:0.109 rpm
IOCNETインターフェース
  • 2つのIOCNETインターフェースをマルチプロセッサおよびI/O拡張として使用可能 1)
  • IOCNET接続速度:最大2.5 Gb/s
PCI Expressインターフェース
  • PCIe x 2 x4イインターフェース 2)
  • PCIe x3 x1インターフェース 2)
Ethernetインターフェース 統合型の低レイテンシGigabit Ethernet I/Oインターフェース
シリアルインターフェース 最大480.6 Kbaudの転送速度を実現する標準UART対応のRS232インターフェース
ホストインターフェース Gigabit Ethernet
マルチプロセッサシステム 複数のSCALEXIOプロセッサユニットまたはプロセッサボードでマルチプロセッサシステムを構築
冷却 温度制御されたアクティブ冷却
サイズ
  • 238×100×39 mm(9.4×4×1.6インチ)
  • 2つのスロットを占有
電圧供給 +24 V/最大2.7 A 3)
標準電力消費量 70 W

1) SFPトランシーバモジュールは別途注文する必要があります。

2) SCALEXIO LabBoxおよびSCALEXIO AutoBoxの専用I/OスロットでPCI Expressインターフェースを利用することができます。

3) 暫定的なデータです。技術仕様については、dSPACEにお問い合わせください。

SCALEXIO Hypervisor Extensionは、Kernel-based Virtual Machine(KVM)をベースとしており、標準のLinuxディストリビューションを使用してSCALEXIOリアルタイムオペレーティングシステムと仮想マシンを同時に動作させることができます。これにより、これらの2者間での低レイテンシかつ広帯域幅のデータ交換をDS6001 Processor Board環境でサポートしつつ、そこにLinuxのリアルタイムおよび非リアルタイムアプリケーションを統合することができます。SCALEXIO Hypervisor Extension(オプションの拡張製品)は、Linuxベースのモデリングおよびシミュレーションツールを統合する際の最適な選択肢であり、これによって開発の早期の段階で作成されたFunctional Mock-up Unitなど、既存モデルの再利用が可能になります。仮想化では、追加の外付けPCハードウェアが不要なため、ハードウェアの設置スペースを節約でき、ハードウェア保守コストの削減につながります。

SCALEXIOシステムでは、IOCNETが主要な通信ネットワークです。DS6001と追加のI/Oまたはプロセッシングハードウェアを使用してSCALEXIOシステムを接続する場合に使用されます。

SCALEXIO向けの統合マルチプロセッササポートでは、IOCNETを介して追加のプロセッシングハードウェアを接続して演算処理能力とI/O帯域幅を拡張します。これにより、最も要件の厳しいアプリケーションにも対応するソリューションが実現します。

  • SCALEXIO 製品情報, PDF, 日本語, 16418 KB
その他の情報 成功事例 お問い合わせ

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.