For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIOプロセッサユニット

高いコア性能と高い並列処理性能を実現する製品ライン

SCALEXIOプロセッサユニットは、多数のI/Oを有する複雑なモデルを使用した高性能アプリケーションに最適です。このユニットはSCALEXIOラックに取り付けるか、デスク上で使用することができます。

SCALEXIOプロセッサユニットは、産業用PCをベースとして、Intel® XEON®プロセッサ、リアルタイムオペレーティングシステム、I/Oおよび追加のリアルタイムプロセッサと通信するためのIOCNETプラグオンカードを搭載しています。プロセッサユニットには、4個または8個のIOCNETポートを装着することができます。IOCNETポートを使用することで、複数のSCALEXIOプロセッサユニットを接続してマルチプロセッサシステムを構築したり、Gigalink経由でDS100xベースのシステムとSCALEXIOプロセッサユニットを連携させることができます。利用可能なプロセッサコアの1つはシステムサービスに予約されており、その他のコアはリアルタイムモデルの計算に使用できます。

高いコア性能

XEON® E3-1275v6プロセッサを搭載したSCALEXIOプロセッサユニットは、個々のコアの強力な演算性能を必要とするあらゆる用途に最適です。そのため、ビークルダイナミクスやElectric Driveシミュレーションなど、すべての用途をカバーするHIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステム向けのメインプロセッサユニットとなっています。

主な利用効果

XEON® E3プロセッサを搭載したこのプロセッサユニットは、多数のI/Oを有する高度で複雑なモデルの処理向けに作成されています。極めて高いコア性能により、EthernetやFlexRayなど、最新のバス通信で大容量データを処理することができます。システムサービスに専用のコアを使用することにより、リアルタイム性能に与える悪影響を最小限に抑えます。高性能ホストインターフェースを使用して、多数の信号を監視することができます。

高い並列処理性能

XEON® E5-2640v3プロセッサを搭載したSCALEXIOプロセッサユニットは8個のコアを備えており、詳細なシャシーおよびタイヤモデルを使用してビークルダイナミクスのシミュレーションを行うなど、非常に大規模なシミュレーションモデルを並列に実行する必要のあるお客様の用途に特に適しています。新しいプロセッサユニットを使用することにより、エンジニアは物理的に現実に近い忠実なモデルを使用できるようになるため、モデルおよびHILシミュレーションの精度が向上します。

主な利用効果

XEON® E5プロセッサを搭載したこのプロセッサユニットは、複雑かつ演算負荷の高いシミュレーションモデルを並列実行する場合に最適です。システムサービスに専用のコアを使用することにより、リアルタイム性能に与える悪影響を最小限に抑えます。高性能ホストインターフェースを使用して、多数の信号を監視することができます。

パラメータ

仕様

(高いコア性能)

仕様

(高い並列処理性能)

プロセッサ
  • Intel XEON® E3-1275v6
  • 周波数:3.8 GHz
  • コア数: 4
    • 3つのコアをモデルの計算に使用
    • 1つのコアをホスト通信などのサービスに使用
  • Intel XEON® E5-2640v3
  • 周波数:2.6 GHz
  • コア数:8
    • 7つのコアをモデルの計算に使用
    • 1つのコアをホスト通信などのサービスに使用
メモリ
  • L1キャッシュ:32 + 32 kB(データ + 命令)
  • L2キャッシュ:256 kB
  • L3キャッシュ:8 MB
  • 16 GB RAM
  • L1キャッシュ:32 + 32 kB(データ + 命令)
  • L2キャッシュ:256 kB
  • L3キャッシュ:20 MB
  • 8 GB RAM
ソリッドステートディスク(SSD)、オプション
  • データの記録および再生
  • 容量:480 GB
  • データの記録および再生
  • 容量:480 GB
回転角度処理ユニット(APU)
  • DS2502 IOCNET Link Board上のAPU x 6
  • 角度分解能0.011°
  • 回転数範囲:± 28,610 rpm
  • 回転数分解能:0.109 rpm
  • DS2502 IOCNET Link Board上のAPU x 6
  • 角度分解能0.011°
  • 回転数範囲:± 28,610 rpm
  • 回転数分解能:0.109 rpm
IOCNETインターフェース DS2502 IOCNET Link Board上のIOCNETコネクタ x 4または8(オプションでGigalinkコネクタとして使用可能) DS2502 IOCNET Link Board上のIOCNETコネクタ x 4または8(オプションでGigalinkコネクタとして使用可能)
PCI Express/PCI1)インターフェース
  • PCI x 2
  • PCIe x 5(2x x16、1x x8、2x x4)
  • PCIe x 4 x 16インターフェース
  • PCIe x 2 x 4インターフェース
Ethernetインターフェース
  • 統合型の低レイテンシGigabit Ethernet I/Oインターフェース
  • SCALEXIO Ethernet Boardを介してポートを追加
  • 統合型の低レイテンシGigabit Ethernet I/Oインターフェース
  • SCALEXIO Ethernet Boardを介してポートを追加
シリアルインターフェース 最大480.6 Kbaudの転送速度を実現する標準UART対応のRS232インターフェース 最大480.6 Kbaudの転送速度を実現する標準UART対応のRS232インターフェース
ホストインターフェース Gigabit Ethernet Gigabit Ethernet
マルチプロセッサシステム 複数のSCALEXIOプロセッサユニットまたはプロセッサボードでマルチプロセッサシステムを構築 複数のSCALEXIOプロセッサユニットまたはプロセッサボードでマルチプロセッサシステムを構築
冷却 アクティブ冷却 アクティブ冷却
周囲温度 動作温度 0 °C~40 °C(32 °F ...104 °F ) 動作温度 0 °C~40 °C(32 °F ...104 °F )
動作湿度 5%~95%(結露のない環境) 5%~95%(結露のない環境)
サイズ(幅x高さx奥行き)
  • ラックマウントバージョン:483×132×400 mm(19.0×5.2×15.7インチ)
  • デスクトップバージョン:428×132×400 mm(16.9×5.2×15.7インチ)
  • 19インチサブラック
  • 3HU(H)
  • ラックマウントバージョン:483×132×400 mm(19.0×5.2×15.7インチ)
  • デスクトップバージョン:428×132×400 mm(16.9×5.2×15.7インチ)
  • 19インチサブラック
  • 3HU(H)
重量 約12 kg 約12 kg
電源 100~240 V AC、50/60 Hz、500 W 100~240 V AC、50/60 Hz、500 W
1) PCIおよびPCIeスロットには、dSPACE製品およびdSPACE公認の製品のみを使用することができます。詳細については、dSPACEにお問い合わせください。

機能テスト用の強力なリアルタイムシステムを形成するには、必要なI/Oおよびバスインターフェースを使用してSCALEXIO Processing Unitを拡張することが必要になります。これにより、IOCNETを使用してSCALEXIO LabBoxをプロセッシングハードウェアに接続することができます。

SCALEXIO Hypervisor Extensionは、SCALEXIO Processing Unitのアドオン製品であり、SCALEXIO上に仮想化された標準リアルタイムLinuxディストリビューションを提供します。Linuxディストリビューションは、SCALEXIO Processing Unitのリアルタイムオペレーティングシステムと同時に使用できますが、これは二者間の低レイテンシでのデータ交換が可能な内部通信リンクが搭載されているためです。SCALEXIO Hypervisor Extensionでは、Linuxベースのモデリングおよびシミュレーションツールを使用できるため、開発の早期の段階で作成されたFunctional Mock-up Unitなど、既存モデルの再利用が可能になります。また、仮想化により、外付けPCを追加する必要がなくなるため、ハードウェアの維持費を削減し、設置スペースを節約することもできます。このソフトウェアは、グラフィカルなアクセスやホストPCとの直接的なファイル交換を容易に行えるリモートデスクトップを標準サポートしているため、ソフトウェアのインストールやバックアッププロセスが容易です。

ConfigurationDesk dSPACEリアルタイムハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア ControlDesk 統合試験ソフトウェアによるECU開発 AutomationDesk ECUのHILテスト向けの強力なテストオーサリングおよび自動化ツール Automotive Simulation Models ASMは、内燃エンジン、ビークルダイナミクス、エレクトリックコンポーネント、および交通環境のシミュレーション向けツールスイートです。 DS2601 Signal Measurement Board ECU出力信号計測用HighFlexボード DS2621 Signal Generation Board ECU入力信号シミュレーション用HighFlexボード DS2671 Bus Board さまざまなバスシステムに接続可能なHighFlexボード DS2642 FIU & Power Switch Board 欠陥生成ユニット搭載、パワースイッチング用HighFlexボード DS2680 I/O Unit パワートレインおよびビークルダイナミクスシナリオ向けSCALEXIO MultiCompactユニット DS2690 Digital I/O Board 車両ボディ用途向けMultiCompactボード DS6101 Multi-I/Oボード 自動車システム向けのシグナルコンディショニング機能を持つSCALEXIO I/Oボード DS6201 Digital I/O Board 96個の双方向デジタルI/Oチャンネルを搭載したSCALEXIO I/Oボード DS2907 Battery Simulation Controller バッテリシミュレーション用SCALEXIO電源コントローラ DS2655 FPGA Base Board ユーザによるプログラミングが可能なFPGAを備えたSCALEXIO I/Oボード DS6331-PE Ethernet Board DS6331は、SCALEXIOプロセッサユニット用の追加Ethernetポートを提供します。 SCALEXIOフィールドバスソリューション SCALEXIOシステムを各種フィールドバスタイプに接続 SCALEXIO LabBox コンパクトなモジュール型リアルタイムシステム SCALEXIOラックシステム SCALEXIOの既製HILシミュレータは最大12HUで使用できます。 SCALEXIOカスタマイズラックシステム SCALEXIOカスタマイズラックシステムは、モジュール型のシミュレータコンセプトで構成されています。