For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS6101 Multi-I/Oボード

自動車システム向けのシグナルコンディショニング機能を持つSCALEXIO I/Oボード

DS6101は、豊富なI/Oファンクションを提供しており、一般的な自動車用信号の生成や計測を行う場合に使用します。そのため、DS6101は、さまざまな入出力が要求されるアプリケーションに最適なハードウェアです。

適用分野

DS6101は、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションで必要とする豊富なI/Oファンクションで構成されており、一般的な自動車用信号の生成や計測を行う場合に使用します。そのため、DS6101は、さまざまな入出力が要求されるアプリケーションに最適なハードウェアです。欠陥シミュレーションの場合は、追加のハードウェアをシステムに接続することができます。バス通信の場合も同様です。DS2671 Bus BoardまたはDS6301 CAN/LIN Boardを使用できます。

主な特長

DS6101 Multi I/Oボードでは、アナログ、デジタル、抵抗、およびラムダプローブシミュレーションなどの特殊な入出力グループを含む、69のI/Oチャンネルを提供しています。統合されたシグナルコンディショニングは、12 V、24 V、および48 Vなど、自動車プロジェクト独自の電圧要件に適合するように構成されています。

I/Oファンクション

DS6101には、さまざまな入出力チャンネルでサポートされている33のI/Oファンクションが用意されています。これらの定義と設定は、dSPACE ConfigurationDeskでグラフィカルに行うことができます。

Analog In

  • Voltage In
  • Voltage Signal Capture


デジタル入力

  • Multi Bit In
  • Trigger In
  • PWM/PFM In
  • Digital Pulse Capture
  • SENT In


Analog Out

  • Voltage Out
  • Current Sink
  • Wavetable Voltage Out
  • Wavetable Current Sink
  • Waveform Voltage Out
  • Waveform Current Sink
  • Angular Wavetable Voltage Out


Digital Out

  • Multi Bit Out
  • PWM/PFM Out
  • Digital Pulse Out
  • Wavetable Digital Out
  • Waveform Digital Out
  • Angular Wavetable Digital Out
  • SENT Out


エンジンシミュレーション

  • Injection/Ignition Voltage In
  • Crank/Cam Voltage Out
  • Crank/Cam Current Sink
  • Crank/Cam Digital Out
  • Knock Signal Out
  • Lambda DCR
  • Lambda NCCR


抵抗シミュレーション

  • Resistance Out
  • Potentiometer Out


その他のセンサシミュレーション

  • Digital Incremental Encoder Out
  • Wheel Speed Out

パラメータ 仕様
概要
  • ソフトウェアにより設定可能な69個の入出力チャンネル
  • 50ピンD-Subコネクタ x 3
信号計測
  • アナログ入力 x 10(Analog In 4)
  • 電圧計測範囲 0 ~60 V
  • 分解能16ビット
  • デジタル入力 x 12(Digital In 3)
  • 電圧計測範囲 0 ~60 V
  • 可変入力 x 10(Flexible In 3)
電圧計測(デジタル)
  • 電圧範囲 -10 ~10 V
  • 迅速なしきい値調整(点火/噴射信号の計測に便利)
電圧計測(アナログ)
  • 電圧範囲 -10 ~10 V
  • 分解能16ビット
信号生成

アナログ出力(DC) x 8(Analog Out 6)

  • 電圧生成のみ
  • 出力電圧 0 ~10 V
  • 出力電流 -5 ~+5 mA
  • 分解能14ビット
アナログ出力(DC) x 4(Analog Out 9)
  • 出力電圧 0 ~10 V
  • 出力電流 -5 ~+5 mA
  • 分解能14ビット
  • 電流シンク:電流範囲 -30 ~+30 mA
アナログ出力(AC) x 3(Analog Out 8)
  • 電圧生成のみ
  • 出力電圧 -20 ~+20 V
  • 分解能14ビット
抵抗シミュレーションチャンネル x 6(Resistance Out 2)
  • 実効内部抵抗範囲 16 Ω ~1 MΩ • 電圧範囲 -3 ~+18 V(GNDに対して)
  • 電流範囲 -80 ~+80 mA
  • 最大電力 250 mW
デジタル出力 x 14(Digital Out 3)
  • ローサイド/ハイサイドスイッチまたはプッシュ/プルとして設定可能
  • ローサイド = GND
  • ハイサイド(Dig-Out-Ref 1または2)
  • 電圧範囲ハイサイド:5~60 V
  • 電流範囲 0 ~±150 mA
  • チャンネル当たり150 mA、およびグループ当たり合計で1 A
専用I/Oチャンネル アナログ入力および出力のグループ(ラムダプローブシミュレーション用など) x 1(Analog In 4、Analog Out 7)
  • ADC x 1、12ビット
  • DAC x 1、14ビット
  • 電圧範囲 -10 ~+10 V
  • 電流範囲 -5 ~+5 mA
内部通信インターフェース
  • IOCNET
特性 サイズ
  • 238×100×59 mm(9.4×3.9×2.3インチ)
  • 3つのスロットを占有
電圧供給
  • 24 V
標準電力消費量
  • 14.4 W

お問い合わせ