For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!
1988 dSPACEの創立 dSPACEは、パーダーボルン大学の研究室から独立する形で設立されました
デジタルシグナルプロセッサ(DSP)に基づく制御工学/メカトロニクス向けの最初のリアルタイム開発システム
1989年 最初のHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ
1990年 浮動小数点プロセッサを備えた最初のリアルタイム開発システム
1991年 米国にdSPACE Inc.設立
1992年 The MathWorks社と提携
RTI:MATLAB/Simulinkに接続する最初のリアルタイムシステム
1993年 プロセッサおよびI/Oボードを備えたDS1102シングルボードコントローラ
COCKPIT GUI
1994年 リアルタイム開発システム向けの最初のマルチプロセッサハードウェア
1995年 dSPACE最初の自社社屋を建設
ABS/ESPテストベンチ向けの最初のターンキーHILシミュレータ
1996年 最先端のプロセッサを備えた世界最速のシミュレーションハードウエア
1998年 MicroAutoBox:実車での使用に適したプロトタイピングシステム
dSPACEがASAM e.V.に設立メンバーとして加盟
1999年 TargetLink®: MATLAB/Simulinkに基づく最初の量産コード生成ツール
2000年 最初のプロジェクトセンター完成(ドイツ、ミュンヘン近郊)
2001年 フランスにdSPACE SARL設立
イギリスにdSPACE Ltd.設立
第2のプロジェクトセンター完成(ドイツ、シュトゥットガルト近郊)
FlexRayコンソーシアムに加盟
2002年 リアルタイム3Dアニメーション向けのMotionDesk
2003年 テストオートメーション向けのAutomationDesk
FlexRayおよびLIN向けのMicroAutoBox
2004年 AUTOSARにプレミアムパートナーとして加盟
2005年 Frost & Sullivan Award「Leading Manufacturing Test Company of the Year」を受賞
RapidPro:シグナルコンディショニングとパワーステージ
ASM:自動車用リアルタイムシミュレーションモデル
2006年 日本にdSPACE Japan株式会社を設立
2007年 ProMINTイニシアチブ発足:科学・工学系学生の研究を奨励
SystemDesk®:複雑なECUソフトウェアアーキテクチャの開発
2008 Dr. Herbert Hanselmannが「Entrepreneur of the Year」を受賞
中国にdSPACE Mechatronic Control Technology (Shanghai) Co., Ltd.設立
2009年 TargetLink® dSPACEの量産コード生成ツール)が認証機関TÜV SÜD社よりISO 26262およびIEC 61508の認証を取得
2010年 新本社ビルに移転
MicroAutoBox II:第2世代小型スタンドアロンプロトタイピングシステム
ControlDesk®Next Generation:新しい統合試験ソフトウェアによるECU開発
2011年 SCALEXIO®: 設定ソフトウェアConfigurationDesk®を含む次世代HIL(Hardware-in-the-Loop)システムをリリース
2012年 従業員数1,000人を超える
パーダーボルン大学でプロフェッサシップの授与
パーダーボルン大学のコンピュータ科学研究所は、パーダーボルンに本拠を置くdSPACE GmbHの寄贈に基づき、分散型組み込みシステムの新しいプロフェッサシップを設置しました。組み込みシステムは、技術環境へのコンピュータの導入を可能にするテクノロジであり、徐々に車両に実装されつつあります。たとえば、乗用車における先進運転支援システムや安全システムといった形で、組み込みシステムは車両内で多数のアクチュエータやセンサ、およびさまざまなコンピュータシステムと接続されており、今後はさらに外部環境と接続されていきます
VEOS®: バーチャルECUを使用するPCベースのシミュレーションプラットフォームVEOSを使用すると、特定のシミュレーションハードウェアに依存することなく、開発の早い段階で、制御モデル、バーチャルECU(V-ECU)、車両モデルなどのさまざまなモデルをシミュレートすることができます
SYNECT®: データ管理および連携ソフトウェア開発プロセス全体を通じ、モデル、信号、パラメータ、テスト、テスト結果などのデータ管理を支援するように設計されているだけでなく、データの依存関係、バージョンおよびバリアントの処理にも対応し、元となる要件へのリンクにも対応しています
2013年 dSPACE設立25周年
2014年 第3のプロジェクトセンター完成(ドイツ、ヴォルフスブルク近郊)
MicroLabBox:ラボ向けの小型プロトタイピングユニット
トラックメーカーの製品ポートフォリオ全体のシミュレーションを単独のdSPACE HILシステムで実現
2016年 dSPACEとIntempora社が先進運転支援システムおよび自動運転向けツールの開発に向けて戦略的提携を結ぶ