For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS2621 Signal Generation Board

ECU入力信号シミュレーション用HighFlex I/Oボード

DS2621は、SCALEXIO HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータで使用されます。ECUのHILテスト中に電圧や電流、抵抗、スイッチをシミュレートするための信号を生成します。電流および電圧の範囲は、最大10チャンネルまでバンドルすることで拡張できます。DS2621はすべての設定をソフトウェアで実行できます。

適用分野

DS2621 Signal Generation BoardはECUの入力信号を生成します。ドアスイッチなどのスイッチ、ホールセンサ、車輪速センサや油温センサなどのセンサの動作をシミュレーションします。DS2621の10個のチャンネルはそれぞれ、電圧ソース、電流シンク、デジタル出力または抵抗シミュレーションとしてソフトウェアによる設定が可能です。

I/Oファンクション

DS2621は柔軟な設定が可能な10個の出力チャンネルを備えています。これにより、アナログおよびデジタル信号生成が可能になります。電流または電圧の範囲を拡張するには、最大10個のチャンネルを並列または直列にバンドルします。たとえば、2つの電圧ソースを直列に接続したり、2つの電流シンクを並列に接続して、出力電圧または電流を拡張することができます。デジタル出力は、スイッチとして使用することができ、PWMなどの時間および周波数に依存する信号を生成することもできます。たとえば、抵抗シミュレーションは、指定した温度変化を環境モデルを介してECUに渡すために使用することができます。

チャンネルバンドリングは、ソフトウェアから設定を行うことができます。ConfigurationDeskは、バンドルされたチャンネルをひとつのI/Oファンクションとして表示します。

パラメータ 仕様
一般
  • 電気的に絶縁されたチャンネル x 10
  • 最大10個のチャンネルを直列または並列に接続することにより、電流の範囲を最大± 320 mA、電圧の範囲を最大±60 Vまで拡張可
  • ボードの状態全般を表示可能なステータスLED
信号生成
(Flexible Out 1)
電圧ソース
  • 出力電圧 ±20 V
  • 出力電流 ±40 mA
  • DAC分解能16ビット
  • 信号周波数 0 ~ 140 kHz (正弦波)
  電流シンク
  • 電圧範囲 ±60 V
  • 電流範囲 ±40 mA
  • DAC分解能15ビット
  • 信号周波数 0 ~ 140 kHz (正弦波)
  抵抗シミュレーション
  • 抵抗範囲 17.5 Ω ~1 MΩ
  • 電圧範囲 ±20 V
  • 電流範囲 ±40 mA
  デジタル出力
  • 電圧範囲 ±60 V
  • 電流範囲 ±40 mA
  • 信号周波数 0 ~ 1 MHz
Failure simulation
  • オンボード欠陥ルーティングユニット(FRU)
  • 信号をセントラルFIUに転送
  • リレーベース
  • 各チャンネルで使用可能
電子ヒューズ
  • 100 mA (RMS)ECU (実効値)
  • ECU側の引き外し電流: I = 100 mA時
  • センサ側の引き外し電流: I = 5 ~ 40 mAの範囲で設定可能40 mA
内部通信インターフェース
  • IOCNET
特性 サイズ
  • 410×100×15 mm(16.1×3.9×0.6インチ)
  • 1つのスロットを占有
  電圧供給
  • 24 V