For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS2671 Bus Board

さまざまなバスシステムに接続可能なHighFlexボード

DS2671は、SCALEXIO HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータで使用されます。DS2671は自由に設定可能な複数のチャンネルを備えており、1つのECUに対するさまざまなバスシステムに対応可能です。これらのチャンネルはすべてソフトウェアで設定できるため、選択したバスシステムをプロジェクトごとに簡単に変更することができます。

適用分野

DS2671 Bus Boardは、dSPACEシミュレータとさまざまなバスシステム間のインターフェースを提供します。4個の多機能チャンネルを備えており、各チャンネルごとに、ソフトウェアによって割り当てられたバスシステムをサポートすることができます。

以下のバスおよびプロトコルがサポートされています。

  • FlexRay
  • CAN (高速およびフォールトトレラント)
  • CAN FD
  • LIN/K-Line
  • RS232、RS422、RS485
  • TTLベースのプロトコル

DS2671は自由に設定可能な複数のチャンネルを備えており、1つのECUに対するさまざまなバスシステムに対応可能です。これらのチャンネルはすべてソフトウェアで設定できるため、選択したバスシステムをプロジェクトごとに簡単に変更することができます。必要に応じて、その他のバスシステムおよびプロトコルを追加することもできます。

I/Oファンクション

DS2671の各チャンネルにはさまざまなバスシステムをサポートするための回路部品が搭載されており、コアおよび各種トランシーバ向けのFPGAを構成しています。Bosch E-Ray FlexRayコントローラなどの認証されたIPコアを含むバスシステムコントローラは、バスFPGAに実装されています。
標準的にサポートされていないバスシステムやプロトコルを使用する場合は、該当するチャンネルのピギーバックスロットに必要なトランシーバを装着してください。
DS2671の4個のチャンネルそれぞれに、異なるバスシステムを使用することができます。

パラメータ 仕様
一般
  • 独立したバスチャンネル x 4
  • オンボード欠陥ルーティングユニット(FRU)
  • トランシーバに対する過電圧・定電圧保護
  • 過電流保護付き並列終端抵抗
  • ボードの状態全般を表示可能なステータスLED
  • チャンネル別LEDにより個々のバスチャンネルの状態(非アクティブ、データ転送準備完了、データ転送中、エラーメッセージ)を表示
  • ユーザ固有のトランシーバに対応するチャンネル当たり1個のピギーバックモジュールスロット
欠陥シミュレーション
  • オンボード欠陥ルーティングユニット(FRU)
  • リレーベース
  • 各チャンネルで使用可能
サポートされているプロトコル/バスシステム
  • FlexRayバージョン2.1(Bosch E-Rayに基づく)
  • 高速CAN(ISO 11898-2)、CAN FD(ISOおよび非ISO)を含む
  • フォールトトレラントCAN(ISO 11898-3)
  • LIN 2.0/K-Line(ISO 9141)
  • RS232、RS422、およびRS485
  • TTLドライバ
内部通信インターフェース
  • IOCNET
物理的な特性/サイズ
  • 410×100×15 mm(16.1×3.9×0.6インチ)
  • 1つのスロットを占有
物理的な特性/電圧
  • 24 V

製品情報 サポート お問い合わせ