For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS2655 FPGA Base Board

ユーザによるプログラミングが可能なFPGAを備えたSCALEXIO I/Oボード

DS2655は、SCALEXIO HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータで使用されます。DS2655にはユーザによるプログラミングが可能なFPGAが搭載されており、高速かつ高分解能の信号処理が必要なアプリケーション向けに設計されています。DS2655上に信号処理アルゴリズムまたは個別のI/Oインターフェースを実装すれば、プロセッサアプリケーションを最適にサポートすることができます。通常はプロセッサ上で実行されるシミュレーションモデルや制御アルゴリズムをFPGAに部分的に、または全体として転送することも可能です。

適用分野

DS2655 FPGA Base Boardは、次のような高速で高分解能な信号処理を必要とする用途向けに設計されています。

  • ハイブリッド車両アプリケーション
  • Electric Driveアプリケーション
  • プロセッサベースのElectric Driveシミュレーション
  • FPGAベースのElectric Driveシミュレーション
  • エネルギー技術アプリケーション
  • パワーエレクトロニクスのシミュレーション
  • プロトコル

主な利用効果

DS2655には、自由にプログラミング可能な強力なFPGAであるXilinx Kintex®-7 160Tが搭載されています。I/Oチャンネルを取り込むため、最大5つのI/Oモジュールをボードに接続できます。DS2655は、dSPACEの電子負荷モジュールやXSG Electric Components Libraryと組み合わせて使用することで、コントローラとの閉ループ制御環境におけるモーターシミュレーションに必要な高速な応答時間を実現します。DS2655では、SCALEXIO EMH SolutionおよびElectrical Power Systems Simulation Packageも使用することができます。

FPGAのプログラミング

DS2655 FPGA Base BoardのFPGAのプログラミングには、Xilinx System GeneratorおよびRTI FPGA Programming BlocksetおよびXSGベースのソリューションなどの対応するdSPACEソリューションを使用します。これらのプログラムは、dSPACE ConfigurationDeskを介してFPGAにダウンロードされます。
プログラムは、リアルタイムハードウェアに実装する前にオフラインシミュレーションでテストすることができます。これにより、新しいインターフェースへの対応やサブモデルの高速な実行など、新たな要件にも柔軟に対応することができます。

DS2655 I/O Modules

DS2655のI/Oチャンネルを拡張するために、DS2655M1 Multi-I/O ModuleとDS2655M2 Digital I/O Moduleの2つのI/Oモジュールを利用することができます。この2つのモジュールは、Electric Driveなどのアプリケーションに必要な多数のデジタルおよびアナログI/Oチャンネルを提供します。
DS2655M1向けには、DS5450 SCモジュールをアドオンとして使用することもできます。このモジュールには、切り替え可能な変圧器が5つ搭載されており、DS2655M1モジュールの5つのDACチャンネルをシステムグラウンドから分離することが可能です。

DS2655M1の主要諸元

パラメータ 仕様
デジタル入出力
  • 10チャンネル、入力または出力として使用可能
入力
  • 最大入力電圧:15 V
  • チャンネルごとにしきい値を1 V~7.5 Vで調整可能
出力
  • プッシュプルドライバ
  • すべてのチャンネルに1つの出力電圧を選択可能:3.3 Vまたは5 V
アナログ入出力 入力
  • 5チャンネル
  • 分解能14ビット
  • サンプリングレート4 MSPS SAR
  • チャンネルごとに入力電圧範囲を選択可能:±5 Vまたは±30 V
出力
  • 5チャンネル
  • 分解能14ビット
  • 更新周期7.8 MSPS
  • 出力電圧範囲:±10 V
特性 サイズ
  • 208×100×18 mm(8.2×3.9×0.7インチ)
電源
  • 24 V

DS2655M2の主要諸元

パラメータ 仕様
デジタル入出力
  • 32チャンネル、入力または出力として使用可能
入力
  • 最大入力電圧:15 V
  • チャンネルごとにしきい値を1 V~7.5 Vで調整可能
出力
  • プッシュプルドライバ
  • すべてのチャンネルに1つの出力電圧を選択可能:3.3 Vまたは5 V
UART
  • RS232/RS485トランシーバによって拡張された16チャンネル
  • RS232:最大250 kBaud
  • RS485:最大16 MBaud
設定 機能の最大設定
  • 32 x デジタル入力
  • 32 x デジタル出力(プッシュ/プルまたはプッシュまたはプル)
  • 16 x デジタル出力(プッシュ/プル/トライステート)
  • 8 x RS232 RX(24のデジタルI/Oチャンネル、または8 x RS232 TXチャンネルは空き)
  • 8 x RS232 TX(24のデジタルI/Oチャンネル、または8 x RS232 RXチャンネルは空き)
  • 8 x RS485 RX(16のデジタルI/Oチャンネルは空き)
  • 8 x RS485 TX(16のデジタルI/Oチャンネルは空き)
  • 8 x RS485 RX/TX(8のデジタルI/Oチャンネルは空き)
特性 サイズ
  • 208×100×18 mm(8.2×3.9×0.7インチ)
電源
  • 24 V

DS5450の主要諸元

パラメータ 仕様
一般
  • DS2655M1のフロントD-Subコネクタに直接接続
  • オンボードジャンパにより、アプリケーション固有のアナログI/Oを設定
  • 動作電圧向けのステータスLEDおよびチャンネル設定
アナログ入出力
  • 入力:5つのADCチャンネルごとのオプションの220 Ωのレジスタ
  • 出力:5つのADCチャンネルごとのオプションの分離用変圧器
デジタル入出力
  • DS2655M1からのデジタルI/OをDS5450ボード経由でルーティング
電源
  • 24 V

お問い合わせ