For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

DS2655 FPGA Base Board

ユーザによるプログラミングが可能なFPGAを備えたSCALEXIO I/Oボード

DS2655にはユーザによるプログラミングが可能なFPGAが搭載されており、高速かつ高分解能の信号処理が必要なアプリケーション向けに設計されています。信号プリプロセス処理および制御アルゴリズム、高速なサンプリングレートを備えたシミュレーションモデル、または個別の入出力インターフェースを実装してプロセッサアプリケーションのサポートを最適化する場合に理想的です。通常はプロセッサ上で実行されるシミュレーションモデルや制御アルゴリズムをFPGAに部分的に、または全体として転送することも可能です。

適用分野

DS2655 FPGA Base Boardは、次のような高速で高分解能な信号処理を必要とする用途向けに設計されています。

  • ハイブリッド車両アプリケーション
  • Electric Driveアプリケーション
  • プロセッサベースのElectric Driveシミュレーション
  • パワーHIL(Hardware-in-the-Loop)アプリケーション
  • FPGAベースのElectric Driveシミュレーション
  • 電力産業アプリケーション
  • パワーエレクトロニクスのシミュレーション
  • モーター制御開発
  • プロトコル
  • パワーエレクトロニクス制御開発

DS2655をdSPACEの電子負荷モジュールまたはXSG Electric Components Libraryと組み合わせて使用すると、SCALEXIOシステムをパワーHIL(Hardware-in-the-Loop)システムへと拡張することができます。DS2655では、SCALEXIO EMH SolutionおよびElectrical Power Systems Simulation Packageも使用することができます。FPGAベースの制御開発では、DS2655はXSG AC Motor Control Libraryと組み合わせて使用できます。

主な利用効果

DS2655は、FPGA(Field-Programmable Gate Array)の種類に応じて2つのバージョンが利用可能です。

  • DS2655 7K160は、Xilinx® Kintex®-7 160Tを搭載しており、小型アプリケーションに適したコスト効率の高いソリューションです。
  • DS2655 7K410は、Xilinx® Kintex®-7 410Tおよび大容量RAMを搭載しており、Electric Driveアプリケーションに最適です。

より多くのI/Oチャンネルを取り込むため、最大5つのI/Oモジュールをボードに接続できます。また、2枚のDS2655ボードをFPGA間通信ケーブルを使用して接続することにより、FPGAスタック間で直接データをやり取りすることもできます。

FPGAのプログラミング

DS2655 FPGA向けのアプリケーションのモデリングは、Xilinx® System Generator、RTI FPGA Programming Blockset、および関連するdSPACE XSGベースのソリューションで実行されます。必要に応じて、新しいインターフェースへの対応やサブモデルの高速な実行など、新たな要件にも柔軟に対応することができます。プログラムは、リアルタイムハードウェアに実装する前にオフラインシミュレーションでテストすることもできます。dSPACE ConfigurationDeskを使用すると、プログラムをFPGAにダウンロードすることができます。

I/O モジュール

DS2655 FPGA Base BoardのI/Oチャンネルを拡張するために、DS2655M1 Multi-I/O ModuleとDS2655M2 Digital I/O Moduleの2つのI/Oモジュールを利用することができます。ボードには最大5個のI/Oモジュールを接続することができ、これによりカスタマイズされた柔軟性の高いチャンネルセットが実現します。

パラメータ DS2655 7K160 DS2655 7K410
  • 概要
  • ユーザによるプログラミングが可能なFPGA
  • ユーザによるプログラミングが可能なFPGA
  • DS2655 FPGA
  • Xilinx® Kintex®-7 160T
  • ロジックセル:162,240(DSPスライス:600)
  • 分散RAM:2,188 Kbit
  • ブロックRAM:11,700 Kbit
  • Xilinx® Kintex®-7 410T
  • ロジックセル:406,720(DSPスライス:1540)
  • 分散RAM:5,663 Kbit
  • ブロックRAM:28,620 Kbit
  • I/Oモジュール用コネクタ数
  • 5
  • 5
  • デバイスタイミング
  • 125 MHz
  • 125 MHz
  • 内部通信インターフェース
  • IOCNET
  • IOCNET
  • サイズ
  • 238×100×19 mm(8.3×3.9×0.7インチ)
  • 各I/Oモジュールにつきスロット x 1と追加スロット x 1が必要です。
  • 238×100×19 mm(8.3×3.9×0.7インチ)
  • 各I/Oモジュールにつきスロット x 1と追加スロット x 1が必要です。
  • 電圧
  • 24 V
  • 24 V
  • 標準電力消費量
  • DS2655 7K160:15 W
  • DS2655 7K410:30 W

新しいdSPACE DS6601およびDS6602 FPGA Base Board には、最新世代のXilinx® Kintex® UltraScaleTMおよびUltraScale+TMのFPGAが搭載されています。

ConfigurationDesk dSPACEリアルタイムハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア RTI FPGA Programming Blockset dSPACEシステムへのFPGAモデルの統合 DS6001 Processor Board SCALEXIO LabBox向けの高性能プロセッサボード SCALEXIOプロセッサユニット 高いコア性能と高い並列処理性能を実現する製品ライン FPGA I/O Modules SCALEXIO FPGA I/O modules for expanding the I/O channels of the SCALEXIO FPGA base boards XSG Utils Library FPGAモデルの実装を効率化する既成のFunctionブロック XSG Electric Component Library Electric DriveのFPGAベースシミュレーションに対応したプラントモデル AC Motor Control Solution さまざまなタイプのACモーターの制御 SCALEXIO向けのEMHソリューション Electric Driveのプロセッサベースのシミュレーション Electrical Power Systems Simulation Package Simscape Electrical™(Specialized Power Systems)で開発したパワーエレクトロニクス回路のリアルタイムシミュレーションを容易に実現 SCALEXIO AutoBox 強力な車載用途向けモジュール型リアルタイムシステム SCALEXIO LabBox コンパクトなモジュール型リアルタイムシステム SCALEXIOラックシステム SCALEXIOの既製HILシミュレータは最大12HUで使用できます。 SCALEXIOカスタマイズラックシステム SCALEXIOカスタマイズラックシステムは、モジュール型のシミュレータコンセプトで構成されています。
関連項目 お問い合わせ