For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ControlDesk

電子制御ユニット(ECU)開発向けの汎用的なモジュール型試験および計測用ソフトウェア

ControlDeskは、シームレスなECU開発のためのdSPACE試験用ソフトウェアです。試験に必要なあらゆるタスクを実行し、試験の最初から最後まで一貫した作業環境を提供します。

  • ControlDesk 6.2

    dSPACEの試験およびビジュアル表示ソフトウェアであるControlDeskのバージョン6.2では、Ethernetモニタリングが導入されています。
     

  • 直近のクロステストで良好な相互運用性を実証

    ControlDeskなど、ASAM XIL API準拠製品の相互運用性は、定期的にチェックされています。そのため、自動車アプリケーション向け開発ツールの主要なベンダーは、各社の製品のいわゆるクロステストを実施するためにdSPACEとの会合を定期的に開いています。これらのテストでは、各社のテストツールをサードパーティ製テストベンチに接続し、テストソフトウェアが他社メーカーのテストハードウェアと問題なく通信できるかどうかを評価しています。

    詳細

  • コストパフォーマンスの高いマイルドハイブリッドを実現する新たな手法

    Continental社の新しいベルト駆動スタータジェネレータは、48 V車両電気システムというだけでなく、モーター/ジェネレータとして革新的に非同期モーターを使用しています。Continental社では、dSPACEの柔軟なHILテストシステムを使用して、マイルドハイブリッドECUの開発を行っています。

    詳細

  • スムーズなシフト操作を実現する電子クラッチ

    これまで、ウェッジクラッチをオートマチックトランスミッションに搭載しようとする試みの多くは、乗り心地を大きく損なう変速ショックの発生により失敗に終わっていました。上海交通大学の研究者は、高い精度で制御可能なモーターを使用することによりこの問題を解決する研究を行っています。この研究では、検証用としてdSPACEのハードウェアとソフトウェアが使用されています。

    詳細

  • 商用車用ECUバリアントの効率的なテスト

    市場に提供される商用車は多種多様です。SCANIA社でも、無数の車両タイプやモジュール型の車両構成を取り扱っています。また、一般的な電子制御ユニット(ECU)システムにも多数のバリアントがあります。SCANIA社の新しいテストラボでは、このようなECUシステムの信頼性のある検証方法を紹介しています。

    詳細

適用分野

ControlDeskは、次のタスクをはじめとするさまざまな用途に使用することができます。

  • ラピッドコントロールプロトタイピング(フルパス、バイパス)
  • HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション
  • ECUの計測、適合および診断
  • 車両バスシステム(CAN、CAN FD、LIN、FlexRay)へのアクセス
  • VEOSおよびSCALEXIOによる仮想検証

主な利点

ControlDeskは、通常、複数の専用ツールを必要とする機能を1つのツールに統合しています。たとえば、標準化されたASAMインターフェースを介して、シミュレーションプラットフォームへのアクセスを提供し、バスシステムを相互接続し、ECUの計測、適合および診断を実行することができます。柔軟な、モジュール型の構造により、高度のスケーラビリティを実現し、アプリケーション固有の要件に対応します。これにより、操作性、トレーニング時間、要求される演算処理能力、コストなどの面で大きく改善されます。

Versions Description
ControlDesk
  • Same tool for rapid control prototyping, HIL simulation, offline simulation, ECU calibration, and diagnostics
  • Easy creation of layouts and instruments
  • Synchronous measurement on all data sources
  • Integrated project and experiment management
  • Integrated measurement data management (with ASAM MDF 4.1 support for import and export)
  • Compatibility with several ASAM standards (such as MDF, XCP, CCP, ASAP2, ODX)
  • Powerful tool automation capabilities for user-specific extensions and optimal process integration
  • Bus network access (CAN, CAN FD, LIN, FlexRay1)) via dSPACE hardware, PC bus interfaces (e.g., DCI-CAN2, and DCI-CAN/LIN1), and dSPACE VEOS
  • Operator mode (protects your projects and experiments against unauthorized changes)
  • Monitoring, logging, bus data replay, and dedicated instruments for CAN and CAN FD
  • Support of virtual validation test scenarios with dSPACE VEOS and SCALEXIO
  • Built-in access to all dSPACE real-time hardware platforms
  • Built-in access to third-party test benches and other hardware by using an ASAM XIL API MAPort server
  • Built-in automation functionality using the ASAM MCD-3 standard
ControlDesk – Operator Version2)
  • For using projects and experiment data that were already created with the standard ControlDesk version
  • Protection against altering and creating projects and experiments
  • Built-in access to all dSPACE real-time hardware platforms
  • Built-in access to third-party test benches and other hardware by using an ASAM XIL API MAPort server

 

 

Additional Modules Description
ECU Interface Module
  • AUD, NBD, JTAG/Nexus, JTAG/OCDS and JTAG/SDI
  • CCP (CAN Calibration Protocol)
  • XCP on CAN, XCP on CAN FD, XCP on Ethernet3) (TCP/IP and UDP/IP), XCP on FlexRay
  • Support of structured data types as specified in ASAM A2L 1.7
ECU Diagnostics Module
  • Compliance with the ODX database standard (ASAM MCD-2D v2.0.1 and v2.2.0 (ISO 22901-1))
  • Support of ISO protocols for CAN, K-Line and Ethernet
  • Dedicated instruments for executing diagnostic services and reading or clearing the ECU fault memory
  • ECU flash programming via diagnostic interfaces
  • Support of ASAM MCD-3D v2.0.2
Signal Editor Module4)
  • For graphical stimulus definition
  • Time-synchronous stimulus generation on dSPACE real-time hardware and Simulink models simulated in dSPACE VEOS
  • Replaying measured data
  • Several stimulus patterns can be executed independently
  • Support of XIL API stimulus format (STZ files, i.e., zipped STI files)
Bus Navigator Module
  • Support of CAN, CAN FD, LIN, and FlexRay buses for dSPACE hardware or PC bus interfaces and for dSPACE VEOS
  • Replaying recorded CAN and CAN FD messages
  • Dedicated instruments for CAN, CAN FD, LIN, and FlexRay bus objects
  • CAN, CAN FD, and LIN monitoring and logging for dSPACE hardware and dSPACE VEOS
  • FlexRay monitoring and logging via PC bus interfaces
  • Ethernet bus monitoring (dSPACE SCALEXIO, Vector interfaces, Ethernet interfaces of PCs including loopback)

 

1) FlexRay supported only for PC bus interfaces.
2) MCD-3 automation functionality not supported.
3) Also for access to simulated virtual ECUs.
4) Signal generation not supported for the DS1104.
 
 

サポート お問い合わせ