For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

FMIのサポート - さまざまなモデリング手法を効率的に統合

FMIのサポートにより、さまざまなモデリングツールで作成されたモデルを、リアルタイム対応のFMU(functional mock-up unit)としてエクスポートすることが可能です。FMUはSCALEXIOベースのHILプロジェクトに容易に統合できます。このようなプロジェクトでは、FMUを他のFMU、V-ECU、Simulink®モデルとともに統合することができます。FMUをその他のモデルインターフェースやHIL I/Oインターフェースにインポートおよび接続する際のユーザワークフローは、サポートされているすべてのモデルタイプと同じです。シミュレーションで使用する変数やパラメータには、ControlDesk® Next Generation、AutomationDesk、およびXIL APIでアクセスすることができます。

HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータのSCALEXIO用FMIデモプロジェクト

このSCALEXIOベースのHIL(Hardware-in-the-Loop)プロジェクトでは、様々なベンダーのFunctional Mockup Unit(FMU)およびdSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)を統合してリアルタイム対応シミュレーションアプリケーションを生成し、実際のECUのHILテストを実行できるようにする方法が示されています。関連するVEOSプロジェクトでは、dSPACEツールチェーンでプロジェクトデータを一貫して再利用できることを実証します。

デモ動画:HILシミュレーションのためのFunctional Mockup Unitの統合

この使用例では、各種ベンダー製のFunctional Mockup Unit(FMU)を統合して単一のシミュレーションアプリケーションを形成し、dSPACEのSCALEXIOを使用したHIL(hardware-in-the-loop)シミュレーションを実現する方法を示します。使用されているその他のdSPACEソフトウエアには、Automotive Simulation Models(ASM)、ControlDesk®、ConfigurationDesk®、およびMotionDeskが含まれます。

その他の情報