電気インターフェースを使用してアクセスできないECUについては、極めて動的なdSPACEテストベンチを使用することで物理レベルでテストできます。お客様固有の要件に合わせて最適化できるターンキーソリューションを使用すると、テストに最適な機械インターフェースを用いてElectric Driveを最も複雑な形で制御し、最高のパフォーマンスを実現することができます。

主な利用効果

  • 卓越したリアルタイム動作(レイテンシ、ジッタ、マルチプロセッサシステムの場合でも同期可能)
  • オープンで柔軟なコントローラ実装および計測環境
  • オープンな車載プラントモデルにより、クローズドループでの仮想テストドライブを実現
  • 電気機械式パワーステアリング、ブレーキシステム、横滑り防止装置、自動運転機能など、さまざまなアプリケーションに対応するターンキーテストベンチコンセプト
  • 個々のコンポーネントからシステム全体にまで拡張可能
  • 環境シミュレーション時に恒温槽を統合して使用するなど、拡張方法を多様にカスタマイズすることが可能

当社が提案するソリューションの概要

メカトロニクステストベンチでは、機械レベルでもクローズドループテストを実施できます。このテストベンチの性能を活用すれば、時間的な制約が非常に厳しいステアリングサブシステムのインターフェースにもビークルダイナミクス用のモデルやインターフェースを統合することができます。仮想テストドライブには、24時間365日いつでもリアルタイムに実際のコンポーネントを含めることができます。dSPACEのシステムは、Simulink®からテストベンチ全体を制御するために必要な拡張性、リアルタイム性能、I/Oインターフェース、および強力なツールチェーンを提供しています。さらに、CAN、CAN FD、LIN、FlexRay、K-Line、L-Line、Automotive Ethernetなどのあらゆる車載用バスとのインターフェースも提供されています。また、EtherCAT、PROFIBUS、CANopenなどの自動化インターフェース、およびモーター制御用のKEBA TWINsyncなどの専有インターフェースおよびプロトコルも利用することができます。当社のすべてのテストベンチは、お客様のニーズに特化して設計されているため、実コンポーネントを含めた形での仮想テストドライブが可能です。既に実現済みの幅広いプロジェクトや知識をお客様の開発の足掛かりとしてご利用ください。

興味をお持ちの方は是非ご連絡ください:

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き