ARINC 429用SCALEXIOインターフェースソリューション

ARINC 429ネットワークとの接続

ARINC 429向けのSCALEXIOインターフェースソリューションにより、dSPACEリアルタイムシステムをARINC 429ネットワークに接続することができます。

ARINC 429用SCALEXIOインタフェースソリューション

ARINC 429向けのSCALEXIOインターフェースソリューションにより、dSPACEリアルタイムシステムをARINC 429ネットワークに接続することができます。ARINC 429は、主として商用航空機プロジェクトで使用されています。このソリューションは、業界で実績のあるフル機能のハードウェアであるAIT社のプラグオンモジュールをベースとしています。これらのモジュールはSCALEXIOシステム 1) に接続されたキャリアボード上に搭載されており、リアルタイムモデルに最適な帯域幅を提供します。dSPACEでは、リアルタイムシミュレーションの性能を確保するためデバイスドライバの開発を行いました。
dSPACE ConfigurationDeskを使用することで、定評のあるAIT Flight Simulyzerの設定をシームレスに設定プロセスに統合できます。

1) SCALEXIOプロセッサユニット、SCALEXIO LabBox、およびSCALEXIO AutoBoxには、SCALEXIOソリューションを使用するためのさまざまなオプションが用意されています。

パラメータ 仕様
概要
  • PCI、PCIe、またはCompact PCI Serialキャリアボード上のAIT ARINC 429モジュール
  • 4、8、16、または32個のソフトウェアによるプログラム可能なTX/RXチャンネル(モジュール単位)
  • バス設定用のAIT Flight Simulyzer
  • ConfigurationDeskによるコード生成
機能
  • 高速および低速オペレーションのプログラミングが可能
  • チャンネルごとに複数のラベルを送受信
  • 個々のラベルに対する複数の転送速度
  • データ形式と倍率に基づくラベルの設定
  • 同一ラベルを異なるSDI値で送信
  • スケジューリングされた転送とブロック転送
  • スケジューリングされた転送とブロック転送のための個々のラベルに対するデータバッファ
  • カウンタに基づく連続転送

航空宇宙産業向けSCALEXIOソリューション

dSPACEソリューション SCALEXIOラックシステムで使用可能 SCALEXIO LabBox / AutoBoxで使用可能
ARINC 429用SCALEXIOインターフェースソリューション Yes Yes
ARINC 664およびAFDX®用SCALEXIOインターフェースソリューション はい Yes
MIL-STD-1553用SCALEXIOインターフェースソリューション Yes No

  • SCALEXIO 製品情報, PDF, 日本語, 21602 KB
その他の情報 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き