For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Electric Driveのシミュレーション向けSCALEXIO® EMHソリューション

Electric Driveのプロセッサベースのシミュレーション

新しいSCALEXIO EMHソリューションでは、Electric DriveのHILシミュレーションをプロセッサベースで行える総合的なConfigurationDesk I/Oライブラリが提供されています。ファームウェアがあらかじめ設定されている最大5つのDS2655M1 Multi-I/O Moduleを備えたDS2655 FPGA Base Boardをハードウェアとして使用します。

Electric Driveのプロセッサベースのシミュレーション

SCALEXIO EMHソリューションを使用して、最大2つのElectric Driveのシミュレーション用にI/Oファンクションを設定することができます。必要となるDS2655 FPGA Base BoardはConfigurationDesk®内で設定することができます。ここでは、あらかじめ設定されたファンクションブロックを使用するため、ユーザがFPGAコードのプログラミングや生成を行う必要はありません。DS2655M1 Multi-I/O Moduleと統合された回転角度処理ユニット(APU)により、高分解能I/Oを使用して位置センサシミュレーションやパルス幅変調の分野の用途のサポートが可能になります。また、可変I/Oチャンネルのマッピングや、最大5つのDS2655M1 Multi-I/O Moduleをサポートしているため、ハードウェアの可能性を柔軟かつ最大限に引き出すことができます。ドライブコントローラにシミュレーション分解能の拡張が必要な場合は、ハードウェアを変更しなくても、FPGAベースのシミュレーションをシームレスに切り替えることが可能です。

EMHソリューションのFPGA設計では、ローカル位置を計算するための4つの内部APUがDS2655 FPGA Base Boardで動作しています。さらに、IOCNETを介して最大6つのマスターAPUを位置ソースとしてグローバルに参照することができます。10個のAPUのうち1つを位置ソースと割り当てるよう、各位置センサを設定することができます。

DS2655M1モジュールの数により、使用可能なI/Oチャンネルの数が異なります。

位置センサシミュレーション(PSS)の主要機能

機能 Description 機能の数 (DS2655ごと) 機能ごとのI/O要件
レゾルバ出力 極対数、オフセット角、変圧比を設定可能なシミュレーション励磁入力信号遅延出力振幅および位相誤差の操作 2

励起:アナログ入力×1

サイン/コサイン:アナログ出力×2

サインエンコーダ出力 ライン数、出力振幅、DCオフセットを設定可能なシミュレーション 2 A、B、インデックス:
アナログ出力×3
または1
アナログ出力×6
インクリメンタルエンコーダ出力 ライン数とオフセット角を設定可能なシミュレーション 2 A、B、インデックス:
デジタル(出力)×3
または1
デジタル(出力)×6
ホールエンコーダ出力 極対数、オフセット角、角依存によるパルスのアクティブ化/非アクティブ化を設定可能なシミュレーション 2 A、B、C:
デジタル(出力)×3
または1
デジタル(出力)×6
アナログ波形テーブルエンコーダ出力 360度、最大16383の値(中間値にはオプションの線形補間)まで自由に設定可能なアナログ形状フォーマットの出力1回転あたりの波形数を設定可能 3 アナログ出力×1

デジタル波形テーブルエンコーダ出力

360度、最大16383の値まで自由に設定可能なデジタル形状フォーマットの出力1回転あたりの波形数を設定可能 3 デジタル(出力)×1
1 反転信号生成がアクティブな場合

パルス幅変調(PWM)の主要機能

機能 Description 機能の数 (DS2655ごと) 機能ごとのI/O要件
6チャンネルPWM入力 デューティ比、周期、ラッチタイムおよびデッドタイム2計測をサポート、および割込み生成(ラッチベースの計測)、オーバーサンプリング、オプションの外部トリガのダウンサンプリング、オプションの2デッドタイム違反割込みの生成を設定可能 2

ゲート:デジタル(出力)×3または2
デジタル(入力)×6

オプションの外部トリガ:
デジタル(入力)×1

オプションのラッチパルス:デジタル(出力)×1

単一チャンネルPWM入力 デューティ比および周波数のエッジベースおよびラッチベース計測の組み合わせ 4 デジタル(入力)×1
単一チャンネルPWM出力 可変周波数およびデューティ比によるPWM生成 4 デジタル(出力)×1
2 ハイサイドおよび対応するローサイド信号が使用される場合

基本I/Oファンクション

機能 Description 機能の数(DS2655ごと) 機能ごとのI/O要件
Multi-Bit In チャンネル変数の標準デジタル入力機能 4 1~50デジタル(入力)
Multi-Bit Out チャンネル変数の標準デジタル出力機能 4 1~50デジタル(出力)
Multi-Voltage In チャンネル変数の標準アナログ入力機能 4 1~25アナログ入力
Multi-Voltage Out チャンネル変数の標準アナログ出力機能 4 1~25アナログ出力

その他の情報 お問い合わせ