For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ARINC 664およびAFDX®用SCALEXIOインターフェースソリューション

ARINC 664またはAFDX®ネットワークとの接続が可能

ARINC 664およびAFDX®向けのSCALEXIOインターフェースソリューションにより、dSPACEリアルタイムシステムをARINC 664またはAFDX® ネットワークに接続することができます。

AFDX®用SCALEXIOインターフェースソリューション

このソリューションは、航空宇宙分野で実績のあるフル機能のハードウェアであるAIT社のXMCモジュールをベースとしています。XMCモジュールはSCALEXIOプロセッサユニット1)に接続されたキャリアボード上に搭載されており、リアルタイムモデルに最適な帯域幅を提供します。dSPACEでは、リアルタイムシミュレーションの性能を確保するためQNXデバイスドライバの開発を行いました。dSPACE ConfigurationDeskを使用することで、定評のあるAIT Flight Simulyzerの設定をシームレスに設定プロセスに統合できます。

1) SCALEXIOプロセッサユニットの各種バージョンを使用すると、さまざまなSCALEXIOソリューションに対応することができます。

パラメータ 仕様
概要
  • PCIまたはPCIeキャリアボード上のAIT ARINC 664 XMCモジュール
  • デュアルチャネルARINC 664/AFDX®インターフェース
  • フィールドバス設定に使用するAIT Flight Simulyzer
  • ConfigurationDeskによるコード生成
機能
  • 仮想リンク(VL)トラフィックの形成や入力VL冗長性管理を含め、最大32台のエンドシステムをシミュレート
  • 最大128個の出力仮想リンクをサポート
  • 最大512個の入力仮想リンクをサポート
  • 8 nsの分解能ですべての受信メッセージにタイムスタンプを設定
  • 次のタイプの転送をサポートしています。
    • UDP Sampling
    • UDP Queuing
    • SAP (Service Access Ports) UDP
    • SAP IP
    • SAP MAC

その他の情報 お問い合わせ