DS6601 FPGA Base Board

Xilinx® FPGAテクノロジを搭載したSCALEXIO I/Oボード

DS6601 FPGA Base BoardはdSPACEが開発した2つの高性能なFPGAボードの1つであり、FPGAテクノロジを搭載しています。そのため、Electric Driveテクノロジ、ハイブリッド車、パワーエレクトロニクス、電力工学などの幅広いアプリケーションで課される最も厳しい要件にも対応することができます。

適用分野

DS6601 FPGA Base Boardは、次のような高速で高分解能な信号処理を必要とする用途向けに設計されています。

  • 電気自動車アプリケーション
  • 産業用ドライブアプリケーション
  • 電力産業アプリケーション
  • Electric Driveシミュレーション
  • パワーエレクトロニクスのシミュレーション
  • パワーHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション
  • モーター制御開発
  • パワーエレクトロニクス制御開発

DS6601は強力なFPGAを備えており、さまざまなプロトコル、サードパーティ製インターフェース、さらにはプロセッサベースのElectric Driveシミュレーションが必要となるアプリケーションでの使用や、Electric Driveおよびパワーエレクトロニクスコントローラをラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)で開発する場合に非常に適しています。DS6601は、DS6602に代わるコスト効率の高い選択肢です。

主な利用効果

DS6601は、DS2655 FPGA Base Board(7K160バージョン)の後継機種であり、約2倍の容量の新しいFPGAが搭載されています。DS6601は、4個のマルチギガビットトランシーバ(MGT)を備えているため、高速通信が可能です。より多くのI/Oチャンネルを取り込むため、最大5つのI/Oモジュールを各ボードに接続できます。また、複数のボードをFPGA間通信を使用して接続することにより、FPGAスタック間で直接データをやり取りすることもできます。

FPGAのプログラミング

DS6601 FPGA向けのアプリケーションのモデリングは、Xilinx® System Generator、RTI FPGA Programming Blockset、および関連するdSPACE XSGベースのソリューションで実行されます。必要に応じて、新しいインターフェースへの対応やサブモデルの高速な実行など、新たな要件にも柔軟に対応することができます。プログラムは、リアルタイムハードウェアに実装する前にオフラインシミュレーションでテストすることもできます。dSPACE ConfigurationDeskを使用すると、プログラムをFPGAにダウンロードすることができます。

I/O モジュール

dSPACE FPGAベースボードのI/Oチャンネルを拡張するために、DS2655M1 Multi-I/O ModuleとDS2655M2 Digital I/O Moduleの3つのI/Oモジュールを利用することができます。各FPGAベースボードには最大5個のI/Oモジュールを接続することができ、これによりカスタマイズされた柔軟性の高いチャンネルセットが実現します。

パラメータ DS6601
概要
  • ユーザによるプログラミングが可能なFPGAボード
FPGA
  • Xilinx ® Kintex ® UltraScale TM KU035
    • システム論理セル数:444,000(DSPスライス:1700)
    • 分散RAM:5,908 Kbit
    • ブロックRAM:19,000 Kbit
追加のオンボードRAM
回転角度処理ユニット(APU)
  • マスターまたはスレーブとして最大6
I/Oモジュール用コネクタ数
  • 標準I/Oモジュール用コネクタ x 5
  • 4個のマルチギガビットトランシーバ(MGT)を搭載したコネクタ x 1
デバイスタイミング
  • 125 MHz
内部通信インターフェース
  • IOCNET
サイズ
  • 238 x 100 x 19 mm(9.4 x 3.9 x 0.7インチ)
  • 各I/Oモジュールにつきスロット x 1と追加スロット x 1が必要です。
電圧供給
  • 24 V
標準電力消費量
  • 50 W

  • SCALEXIO 製品情報, PDF, 日本語, 17890 KB
お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き