Prevention is better than cure. MISRA C-Compliant Model-Based Development with TargetLink

December 16, 2022: For most automotive companies and suppliers, the MISRA C standard is an important part of quality assurance, and checking the program source code for deviations from the standard is used to identify potential errors and to improve software quality. But what is the objective of the MISRA C standard and how can the standard be used in model-based development with TargetLink?

The What and Why of Sensor Calibration

08. December 2022: In recent years, data-driven development has become one of the most important methods of software development in various industries. The automotive industry is leading the race, focusing on solving the self-driving car problem, where high-quality data plays a key role. To further develop its tools and provide cutting-edge features for the automotive industry, dSPACE has built an ecosystem for collecting high-quality data. To do this, the company uses its own sensor vehicle, which was developed specifically for this purpose.

Exporting FMI-Compatible V-ECUs from SystemDesk

26. August, 2022: Since late 2021, dSPACE SystemDesk has enabled the export of virtual control units (V-ECUs) in FMU format, thus making communication of V-ECUs between several parties significantly easier. In addition to the established method of simulating V-ECUs with dSPACE VEOS, simulators from third-party providers can now also be used.

将来の車両にも対応

2022年8月8日: 現代の車両は、急激な変化にさらされています。化石燃料の消費は大幅に減少しており、今後もElectric Driveのような代替となる推進テクノロジがそれらに置き換わっていきます。ガソリンや軽油を燃料とする従来の内燃エンジンは未だ存在しますが、バッテリ、燃料電池、またはハイブリッドドライブを推進力とする車両がより一般的になる未来が待っています。上記の推進タイプにはそれぞれ、さまざまな開発工程やテストが必要となります。このブログでは、お客様をサポートするSPACEの各種ソリューションをご紹介します。

定数を変更するだけ:プルリクエストによりバイナリリソースを継続的にレビュー

2022年7月20日 この10年間でソフトウェアはビジネスの重要な差別化要因となり、お客様はより多くのソフトウェアを高品質かつ短期間での開発が必要とされている中、モデルベース開発(MBD)に継続的インテグレーションやテストなどのプロセスを組み合わせる必要性が高まっていることは驚きではありません。このブログ投稿では、MBDファイルにプルリクエストを活用した、ソフトウェア開発を次のレベルへと引き上げる当社のソリューションについてご紹介します。

安全かつ迅速 – ISO 26262認証が自動運転機能の妥当性確認に極めて重要である理由

2022年7月11日 安全なソフトウェアによって自動運転車両の安全な開発を実現:SIMPHERAは、DIN ISO 26262の認証を正式に取得しました。dSPACEとTÜV Südの共同見解によれば、増分の認定は今後の認証プロセスで行われる見込みです。当社では、dSPACEツールで開発した機能は機能安全の面で最高水準の業界規格に適合しているとお客様が確信を持ち、それらを不安なく使用することで自身のコア技術に集中できるようにしたいと考えています。

安全性-総合的な視点が必要

2022年4月12日 車両へのADAS/AD機能の統合が実現すれば、すべての道路利用者の安全性を保証し、可能な場合は安全性を向上させるという1つの目標を達成することができます。しかし、このようなインテリジェントなシステムの妥当性確認を行う場合には、どのようなことを考慮すべきでしょうか。たとえば、各種の規制やテストシナリオ、センサ、および機能は十分に考慮されているでしょうか。また、重要な役割を果たす車両の動的挙動は問題ないでしょうか。

dSPACE Model Compareを用いたGitでのモデル管理

2022年03月11日 :dSPACEの多くのお客様は、開発スピードの迅速化、柔軟性の向上、連携の強化といった最新の分散型バージョン管理システムの利点を活かすため、既にGitを使用しているか、すぐに切り替える計画を立てています。ただし、そのままの状態のGitでは、テキストファイルを管理できるだけであり、TargetLinkやSimulink ® モデルファイルなどのバイナリファイルに対応することはできません。Model CompareをGitに統合することで、モデルファイルの比較とマージを実現できます。

VIL(Vehicle-in-the-Loop)シミュレーションの実行方法

2022年2月24日
VIL(Vehicle-in-the-loop)シミュレーションでは、ADAS/AD機能のセンサ入力を高度な手法でテストできます。dSPACEの総合的なシミュレーションハードウェアおよびソフトウェア製品ポートフォリオを使用すれば、お客様はテストシナリオを容易に作成し設定できます。

オートメーションの王道であるルールベースでの自動マージをdSPACE AUTOSAR Compareで実現。

2022年1月25日 AUTOSARエレメント、サブエレメント、およびプロパティを直観的かつ容易に選択してコピーするには、dSPACE AUTOSAR Compareを用いたエレメントベースのマージ手法をご利用ください。飛躍的に機能が進化したルールベースでの自動マージ手法では、マージプロセス全体をルールに基づいて自動化し、コマンドプロンプトウインドウから完全に制御することができます。

スケーラブルなモデルを活用したアジャイル開発

2022年1月12日

自動車産業におけるソフトウェア開発では、アジャイル開発や継続的インテグレーションの重要性が高まっています。テスト対象コードには、リアルタイム機能向けなどの特別な要件が課されるため、品質やテストに対する要求は高くなります。こうした状況では多くの場合、新しい手法やプロセスによって実用的なテストシステムを構築する必要が生じます。

効率的なデータロギングに関する8つのヒント

2021年12月16日 当社では、高度に自動化された自動運転車両の開発に向けてデータロギングを始めているお客様向けに、効率的なデータロギングおよびそれに関連するツールに不可欠な8つのヒントをリスト化して提供します。データロギングは、ADAS/ADのデータドリブン開発プロセスにおけるデータパイプラインの出発点です。

MicroAutoBox III:安全な機能により、安全なテストドライブを実現

2021年12月14日 自動運転、運転支援システム、モーター制御または内燃エンジン制御などのいずれの機能開発においても、シミュレーションは実際のテストドライブのすべての側面に取って代わることは未だできません。当社のMicroAutoBox IIIの広範な機能安全機能は、車載機能プロトタイピングにおいて高度な安全性を提供します。

妥当性確認ではスケーラビリティが重要

2021年9月14日 自動運転のような安全関連の機能に使用するテクノロジにとって、信頼性は極めて重要です。スケーラビリティに優れた完全に新しいタイプのシミュレーションおよび妥当性確認用ソフトウェアであるdSPACE SIMPHERAでは、無数のシナリオのテストを同時に実行し、信頼性の高い自動運転車両を構築することが可能です。

GitワークフローにdSPACE AUTOSAR Compareを統合

2021年8月17日 ソフトウェア開発の迅速化、複雑化、および世界中への分散化が進む中、大半のお客様はGitなどのバージョン管理システムを使用して開発を加速させ、整合性を確保しています。バージョン管理システムを使用してプロジェクトの成功に導くためには、変更箇所の追跡とマージが不可欠です。Gitには、コミット、ブランチ、またはファイル間の変更箇所を表示およびマージするコマンドが用意されています。

RTMaps:軽量でありながら強力なデータロギング向けソフトウェア

2021年6月18日 データロギングは、ADAS/AD分野でのデータドリブン開発において最も重要な段階の1つです。ここでは、データをトレーニング用として収集したうえで、妥当性確認およびテスト用としてまとめなければなりません。完成された開発および実行ツールであるRTMapsは、データロギングに理想的です。

継続的インテグレーションとTargetLinkを使用する最初のステップ

2021年4月27日 継続的インテグレーションを使用することにより、多くのお客様がソフトウェアの開発、テスト、およびビルドを迅速かつ効率的に実行できるようになります。このブログ記事では、モデルベース開発環境の一部として、量産コード生成ツールであるTargetLinkを用いて継続的インテグレーションワークフローを強化する場合の最初のステップについてご紹介します。

HILシミュレーションへの継続的インテグレーションの適用

2021年4月06日 HILテストの生産性を向上するうえで、モデル開発やインテグレーション向けの継続的インテグレーションプロセスをHILアプリケーションに導入することが不可欠になっています。dSPACEが提供するツールを使用すると、従来のモデルの作成や納品といったプロセスを、柔軟かつ高度に自動化されたプロセスへと移行することができます。

高機能なデータロギング – 第I部:冗長性の削減

2021年2月15日 自動車業界におけるデータロギングは、ADAS/AD機能をはじめとする新しいE/Eアーキテクチャから生じる課題により、新たな形へと移行しています。このブログ記事では、いくつかのヒントと推奨事項を示しながら、適切なツールと手法を利用してデータロギングの最適化と効率性の向上を実現する方法を提案しています。

自動運転の時代における安全性の確保データリプレイHILステーションおよびHILスケーラビリティに関する展望

2020年12月14日 自動運転車両における安全性は、自動車業界のさまざまな企業や立法機関が議論しながら取り組んでいる課題です。データリプレイは、自動運転車両の信頼性を確認するための有効な手段であり、ADの安全性を論ずる際の中心的な存在です。しかし、データリプレイテストには、HILステーションレベルやHILクラスタのスケーラビリティ、および効率的なクラウドバックボーン接続の面で、さまざまな課題があります。

TargetLinkにより将来のAdaptiveモデルベース開発を実現

2020年11月20日 AUTOSARコンソーシアムが発表した新たな規格であるAdaptive AUTOSARは、自動運転車両や車両のネットワーク化も含む幅広い用途に対応することを目的にしています。ただし、このアーキテクチャを導入するためには、いくつかの基本的な開発上の枠組みを変更する必要が生じます。TargetLinkによってAdaptive AUTOSARに対応した制御機能を開発し妥当性を確認する方法をご確認ください。

自動運転機能のトレーニングおよび妥当性確認における厳しい課題を克服

2020年11月2日 :先進運転支援システム(ADAS)や自動運転向けの機能に関しては、厳しい技術的課題があります。エンジニアリングチームは、極めて高い信頼性を担保しながら膨大な数の開発タスクに向き合わなければなりません。

超音波センサ向けシミュレーションモデル

2020年9月15日: dSPACEは、超音波センサをOTAでスティミュレートするテストシステムであるUltrasonic Sensor Test System(Lab)を開発しました。このシステムは、可動部品が一切なくても動作させることができます。このシステムはテスト対象デバイス(DUT)に依存せず、仮想的なdSPACE ASM Ultrasonic Sensor Modelと組み合わせることができます。このモデルでは、光線を使用して仮想環境で障害物を検出します。

HILテストのリアルタイムパフォーマンス – 時代を先取れ

2020年6月24日 約20年前の初期のHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションでは、すべてのテストでリアルタイムシミュレーションが必要でした。今日では、単なるリアルタイムシミュレーションの範囲をはるかに超えたHILシミュレーションやテストが行われています。ここでは、分散モデルの開発や統合プロセス、数多くのHILシミュレータの管理、自動化テスト、機能安全の保証が重要な要素となっています。リアルタイムはもはや過去の遺物なのでしょうか、それとも現在でも重要な要素なのでしょうか。

dSPACEのソリューションを使用して効率的かつ継続的にテストを実行

2020年6月01日 自動車業界においてアジャイルソフトウェア開発を進めるうえでは、アジャイルプロセスでの統合レベルの追加や、SILからHILへのテスト段階の移行を含め、大きな課題が残っています。この課題を解決するため、自動化機能を必要なレベルに引き上げ、それにより継続的なアジャイルプロセスを実現するdSPACEツールチェーンが開発されました。

Mobile Test System for Ultrasonic Sensor Technology in the Vehicle for Vehicle-in-the-Loop Applications

May 08, 2020: How great would it be to test object detection with ultrasonic parking sensors directly in the vehicle? Without any movement, neither by the vehicle itself nor any object in front or behind the vehicle. At dSPACE, we can offer this kind of test system – the Mobile Ultrasonic Sensor Test System.

Time... Why You Punish Me!

February 6, 2020: As engineers, we often use the time domain as the main method to analyze the signals of our application. However, there are situations where using the time domain is not suitable, for example when attempting to analyze signal mixtures. In this case it’s essential to use the frequency domain and a method known as FFT, which can be implemented using ControlDesk.

How Do You Keep Safety-Critical Systems ‘Safe’ in the Era of the Self-Driving Car?

November 11, 2019: The adoption of sophisticated technologies for autonomous vehicles, advanced driver assistance systems (ADAS) and electrification are accelerating the implementation of new software at an unprecedented pace.

Over-the-Air Simulation of Echoes for Automotive Radar Sensors

September 11, 2019: Over-the-Air testing of radar sensors that enable ADAS and highly autonomous driving functionality.

Is this Real-Life? – The Latest in Testing Autonomous Systems Through Realistic Simulation

August 29, 2019: Onboard sensors are critical for autonomous vehicles to navigate the open road, but the real environment is full of obstacles. Everyday interferences such reflective surfaces, whiteout conditions, fog, rain, traffic congestion, and objects (i.e. pedestrians, parked vehicles, buildings, signs) clutter the atmosphere and can result in sensor misreads or false targets. 

統合型アプローチ

2019年6月13日:開発の競争力向上のためのとっておき情報。将来の課題に容易に取り組めるようになる最新で使いやすい統合型のアプローチについて、詳細を示したブログ記事をお読みください。

自動運転への対応のためdSPACEは、どう変貌したでしょうか?

2019年6月4日:自動運転のさまざまな要件に対応するためにdSPACEがどのような変貌を遂げてきたかについて、米国ミシガン州ノバイにて行われた直近のdSPACE Tech Dayイベントにおいて、dSPACE GmbHのAdvanced Applications and Technology部門リードプロダクトマネージャであるAndré Rolfsmeierが考察を示しています。

TargetLinkの進化はこれからも続きます – 20年を経てもなお打ち出される多数のプラン

2019年2月15日:1999年以降、TargetLinkおよびdSPACEのTargetLinkチームは、世界中のお客様が極めて効率性の高いコードを安全かつ迅速に量産に導入できるよう支援してきました。2019年は、TargetLinkが20周年を迎えるという当社にとって記念すべき特別な年です。

交換可能なテストケースの作成

2019年2月11日:部門間、さらには企業やサプライヤ間において、開発ステージを問わずにテストケースを自由に交換できればどれほど素晴らしいでしょうか。

ドライバーのクローン作成

2018年12月13日:現在、自動車技術者は未来の自動車の開発競争に立ち向かうため、ドライバー機能の複製に取り組んでいます。考え抜かれた高性能ハードウェアおよびソフトウェア環境を使用すれば、自動運転の開発およびテスト作業を効率化することができます。

お客様を新しい領域に導くdSPACE製品の活用

2018年11月13日: dSPACEシステムを初めて操作するお客様でも、業務で使用することになったが開始手順が分からないお客様でも、どのように操作を開始すればよいかわかります。dSPACEと記載されたこの箱を見ているあなたは、おそらくこう考えていることでしょう。「で、どう操作するの」と。

このブログは、dSPACEリアルタイムシステム(dSPACE Release 2017-Bより後のすべてのシステム)の操作をよりすばやく学習できるようにすることを目的としています。

VEOSでAdaptive AUTOSAR向けのV-ECUをシミュレートする方法

2018年10月30日:大幅に機能が拡張されたAUTOSAR Adaptive Platformの次の仕様であるバージョンR18-10は、10月末にリリースされます。適応制御ユニットの開発や妥当性確認を行うお客様にとっては、これをどのように従来のECUや環境モデルと組み合わせれば良いのかという疑問が発生します。

テストケースの実行が実にすばやく簡単に

2018年10月15日:dSPACEでは、AutomationDeskをお客様が簡単に使用できるようにするためのソリューションを開発しており、これを活用すると、お客様はより迅速かつ容易にテストケースやテストステップを作成することができます。このソリューションには、ベースとして標準テストオーサリングフレームワーク(TAF)が導入されています。

Adaptive AUTOSARによる自動運転の実現方法

2018年10月1日:自動運転の話題になると、誰もがAdaptive AUTOSAR、すなわちAUTOSAR Adaptive Platformについて話をします。そのため、期待は大きくなりました。その期待の大きさは、同僚達がSIL(Software-in-the-Loop)ツールチェーンでの「アダプティブ」のサポートに向けて取り組んだ時の情熱に匹敵するものでした。

ISO 26262およびシミュレーションベースのテストにより、自動化機能の安全性を向上

2018年9月19日:完全自動化実現への最も重要なステップの1つは、車両の自動運転システムの機能安全性を保証することです。「両目を閉じ、両手を離す」シナリオでは、エラーは許容できません。自動運転において、安全要件の妥当性はどのように確認するのでしょうか。

V-ECUとは

2018年8月21日:現在日常茶飯事として話題になっている、高度な自動運転において、自動運転機能の妥当性確認の新たな基準としてテストドライブの走行キロメートル(マイル)数という項目が注目されています。過去18ヶ月間において、SIL専門家の間では、バーチャルECU(V-ECU)をテスト対象デバイスとしてSILシミュレーションを行うという議論が頻繁に行われています。

仮想テストドライブを選択する多数の理由

2017年6月30日:自動運転のプロトタイプ車両をテストする場合、無数とも思えるほどの数の想定可能なトラフィックシナリオと要件に対応することを考慮すると、必要な走行距離は数億マイルにもなります。そのようなレベルのテストを遂行しようとするのは非現実的です。ただし、より良い解決策があります。

dSPACEは、仮想テストドライブを実現する完全なソリューションを提供しています。

ControlDeskがツール自動化により次のレベルに到達

2017年5月29日:ControlDeskは、ホストPCをdSPACEプラットフォームに接続するための強力なフロントエンドツールです。タスクレベルでは、主にプラットフォームを登録し、プロジェクトや試験を作成したりする場合に使用します。その多くの利点の中でも、ビルトイン機能を備え、すぐに使える計器ライブラリは便利であり、これを使用すると非常にすばやくカスタマイズされた試験を作成することができます。

自動アプリケーション用センサインターフェースに関する課題の解決

2017年4月25日:近年では、先進運転支援システム(ADAS)やアクティブセーフティシステムに対する需要がかつてないほどの高い水準に達しています。自動車関連のさまざまなメーカーが自動運転車両の市場への参入を目指しており、各エンジニアは多くの時間と労力を費やして、多数の利用可能なセンサをリアルタイムで統合しようと取り組んでいます。

お客様のECUソフトウェアはAUTOSAR規格への移行後も正しく機能するでしょうか。

2016年11月2日:AUTOSARは北米の自動車市場でますます普及しつつあります。結果として、多数の企業が既存の電子制御ユニット(ECU)ソフトウェアをAUTOSARへと移行する作業に取り組んでいます。ここでは多くの場合、新たな規格に準拠させるための多数の構造の手直しや、コードの書き換えが必要になります。コードが以前と同様に機能することを保証するには、これらの変更のすべてを徹底的かつ効率的にテストする必要があります。

複数のバス通信インターフェースを管理するための新しいソリューション

2016年10月12日:dSPACEアプリケーションエンジニアとして私はこれまでに、CAN、CAN FD、J1939、LIN、FlexRay、いくつものEthernetバージョンなどを含む多数のバスを利用したプロジェクトに取り組んできました。組込み制御システムはますます複雑化しているため、これらのような分散ネットワークを使用すると、システムをモジュール化したり車載配線を削減したりすることができます。これらのネットワークのそれぞれには、データの冗長性、バス速度、帯域幅から信頼性およびコストに至るまで、固有の長所と短所があります。どの車両プラットフォームにも、こうしたバス同士を組み合わせたシステムが見受けられます。

dSPACEは最近、さまざまなバスインターフェースの課題に対処できる新しいツールを発表しました。

アビオニクステストの新しいソリューション

2016年9月12日:アビオニクスソフトウェアのテストは、組込みシステム業界内のあらゆる領域において最も厳格な義務付けがあるものの1つです。電動化の要件や距離および快適性に関する新しい要件が増加するにつれ、航空機の複雑さは増大します。その結果、関連するコンポーネントをテストする際の複雑さは極めて増大します。

アビオニクスソフトウェアの妥当性を確認するさまざまな方法の中でも、HIL(Hardware-in-the-Loop)は信頼性、柔軟性、およびコスト効率に優れた標準的な開発環境として一般に認識されています。航空宇宙、自動車、および商用車などの業界では、組込みシステムをテストする場合にHILを使用することが一般的になりました。

モデルベース開発によるADASシステムの開発スピードの向上

2016年7月5日:これまで以上に複雑化しつつある電子システムを迅速に開発する方法とは

車両システムの安全面を強化することが可能な先進運転支援システム(ADAS)には、交通事故件数を大幅に減少させる可能性があります。ADAS市場は、高速道路の運転用に設計された快適システムから、複雑な都市環境で機能するように設計された安全システムへと発展しています。ただし、これはシステムの複雑化にもつながります。

従来の自動車開発に混乱を生じさせている自動化テクノロジに対して、あなたは準備できていますか。

2016年5月17日:ADASおよび自動運転車両への大きな移行は、自動車業界の各関係者に影響を与えています。当社はこれまでパワートレイン、電動化、バッテリシステム、その他多数のテクノロジの課題に継続して取り組んできましたが、現在注目されているのはADASと自動運転車両です。

データのビジュアル表示 – 百聞は一見に如かない理由

2016年4月4日:オシロスコープは長い間エンジニアにとっての最適な計器でした。しかし、テクノロジや要件がかつてないほど急速に進化する中、dSPACE ControlDeskなどの試験用ソフトウェアでは、より性能や柔軟性に優れたビジュアル表示ツールを提供できるようなっています。

MicroLabBox – 大学の新しい刺激的なオプション

2016年2月12日:dSPACE, Inc.の北米アカデミックセールス担当者として、私は限られた予算で最高の製品を求めているお客様から、価格、機能性、耐久性という一連の問題が提示されるのに共感を覚えます。

10年以上にわたり、その解決策となるのはdSPACE DS1103制御プロトタイパーでした。しかし、物理的な機能、接続の容易さ、ホストPC/ノートパソコンとのシンプルな接続、ドキュメントなど、最も望まれる機能拡張を実現するための新しいシステムの開発により、2015年には、MicroLabBoxという新たなソリューションが市場に提供されました。

トレーニングを利用してdSPACEシステムを最大限に活用

2016年1月5日:dSPACEでは、新人のエンジニアから極めて経験豊富なエンジニアに至るまで、あらゆるレベルのエンジニアを対象に、あらゆる当社製ツールのトレーニングを提供しています。当社のトレーニングクラスは、独自の学習体験をユーザに提供するよう設計されているため、学習曲線を大幅に短縮することができます。

高品質のパワーエレクトロニクス開発の保証

2015年11月16日:パワーエレクトロニクスは、パソコンや携帯電話用充電器など、多数の電子機器の至る所に存在します。

最新のメカトロニクスアプリケーションのEthernet

2015年9月14日:Ethernetは、センサやECUなどのネットワークデバイスに対し、標準的かつ高速でコスト効率に優れたテクノロジを提供します。

ECUソフトウェアのMBD実装成功例の分析

2015年7月30日 モデルベースのソフトウェア開発を使用すると、開発の早期の段階においてホストPC上でモデルのシミュレーションを行い、開発期間を短縮することができます。プロジェクトを成功させるには、いくつかの前提条件を満たす必要があります。

SYNECT – わずかな設置面積で強力な性能

2015年6月3日 SYNECTはdSPACEツールチェーンでは比較的新しい製品です。2012年に導入されて以来、多くの点で成長および発展してきました。モデルベース開発(MBD)プロセスに使用されるアイテムを格納するグローバルデータベースの概念は新しいものではないものの、MBDワークスペース向けの現行ツールでこれを行っているものは比較的少数です。SYNECTはこのようなツールの1つですが、それだけではありません。

CANのことは多少わかりますが、CAN FDとは何ですか。

2015年5月6日 この記事は、スタッフビット、終了処理、および物理レイヤートポロジに至るCANの詳細な知識を持った方々を対象に書いたものではありません。このブログはより上位のレベルで書いています。この記事を読んだ読者は、CANやCAN FDの話が出る打ち合わせで自信を持ってうなずき、「うんうん」と相槌を打てるようになることを望んでいます。

GPS信号のリアルタイムシミュレーションでできること

シミュレーションが、実車でのテストを上回ることはできるでしょうか。このGPSシミュレーションとは一体何であり、これで何ができるのでしょうか。

2015年4月14日 Bob Peaseの記事はよく読んでいましたが、同氏の記事はいつも「この○○ってやつは一体何なんだ」というような書き出しで始められていました。Bobはアナログの第一人者です。彼は、合理的で費用対効果の高い初の量産用オペアンプの製作に取り組みました。当時伝説であったBobに敬意を表して、このタイトルでブログを開始します。私がこの話を持ち出すのはBobが2011年に自動車事故で亡くなったためです。自動車同士の衝突をなくすという自動車業界の希望は現実のものとなり始めています。この希望は未来のコンセプトではなくなってきており、今日では、世界中の研究開発ラボでその方面でそれを実現する取り組みが行われています。

一般的な技術サポート問題のトラブルシューティング

2015年03月6日 :dSPACE Inc.のテクニカルサポートチームでは、日常的なお客様とのやり取りを通じて、dSPACEが製造するさまざまな製品の情報をお知らせし、使用期間中に直面する可能性のあるあらゆる問題の解決策を提供しています。

違いを生み出すサービス

2015年2月04日 dSPACEが違いを生むエンジニアリングサービスを提供できる理由は、当社が製品サポート、アプリケーションサービスまたはトレーニングを提供しているかどうかに関係なく、お客様の成功を望んでいるためであると私は思います。お客様に新しいシミュレータのオンラインでの購入期限がある場合やソフトウェアテストの期限を守る必要がある場合、さらにはシステムを機能させるためにカスタムソリューションが必要な場合であっても、シミュレータが機能し、お客様がテスト作業を開始できるようになるまで当社はサポートを続けます。その理由は、当社がお客様の成功を望んでいるためです。

2014年 - 自動車の革新に極めて重要な1年

2014年12月23日 2014年が終わろうとする頃、私は今年自動車業界で見たことや体験したことについて考えていました。しかし、それよりも重要なのは、当社とそのお客様の進む先には、そのような考察が示唆するものがあるということです。

オフハイウェイ車両のHILテスト

2014年11月13日 HIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムは、新しい建設車両や農業車両の組込みソフトウェアの開発やテストにおいて、ますます使用されています。これらのオフハイウェイ車両は、乗用車以上ではないにせよ、同程度に複雑です。なぜなら、車両に搭載して使用する組込みソフトウェアが増加しているためです。これにより、極めて要件の厳しい環境で動作するこれらの機械が安全性および信頼性に優れたパフォーマンスを発揮することができます。

高品質とは、つまり「自負する心」

2014年8月08日 今日の市場では誰もが高品質な製品を賞賛しますが、これは実際には何を意味するのでしょうか。優れた機能の問題でしょうか。最速のプロセッサの問題、あるいは機能の数が最も多いかという問題でしょうか。それとも、人々が設計、構築、および納品していることに純粋に自負心を持っているかという問題でしょうか。成功に必要な最も大切な部分はそこなのです。

モデルベース設計による電動アクチュエータの開発

2014年7月01日 モデルベース設計(MBD)は、システム設計の複雑さに対応することが可能なテクノロジであると実証されています。MBDを使用して開発効率を向上し、コスト削減を図る利点は、非常によく知られています。MBDの利点と、柔軟かつ高速な計算処理が可能なフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)を使用した強力な半導体テクノロジとが融合することにより、極めて高速な実行速度による高精度の制御が実現し、エンジニアの新しい研究分野の可能性が開かれます。

航空宇宙産業および防衛産業におけるネットワーク化された組込みシステムの検証と妥当性確認

2014年6月04日 機体、衛星、およびその他の航空宇宙機器に存在するシステムネットワークには、長い間、複数のコンポーネントとシステムとの間の高機能なシリアル通信が含まれていました。これらのシステムは、簡単なピアツーピアのシリアル化されたやり取りからスタートし、はるかに複雑化および高速化したマルチポイントネットワークへと発展しました。

HIL(Hardware-in-the-Loop)テストの迅速化

2014年04月30日 :組込みソフトウェアによって、技術開発が著しいスピードで推進されています。そのため、組込みソフトウェアのエンジニアやシステムエンジニアには刺激的な時代です。自動車業界では日々、セーフティクリティカルなテクノロジや排出ガス処理技術が進歩しています。ただし、こうしたテクノロジの急速な進歩により、車載センサがますます増え、システムの相互依存性が高まっています。これにより、効果的にテストを実行するうえで非常に大きな課題が生じる可能性があります。
ここでは、今日のテストニーズに対応できるHIL(Hardware-in-the-Loop)テストの次のような2つの新しい側面についてご説明します。
1)HILテストでのバーチャルECU(V-ECU)の使用
2)高度な適合を実現するHILと機械式テスト環境の組み合わせ

SYNECT:モデルベース開発のためのデータ管理

2014年3月24日 技術研究により、日常生活に関わる製品に新しい機能や性能が追加され、これにより継続的に私たちの生活が豊かになっています。製品やサービスのカスタマイズにより、1つの製品で必要なバリアントの数が爆発的に増大しています。

当社は幅広い製品を提供したいと考えています。しかし、その開発に伴う複雑さは、特に組込みソフトウェア開発者などのエンジニアリング部門には非常に大きな課題となっています。

安心できる先進運転支援システムの開発

2014年2月28日 堅牢でますます安価なGPS、ビデオ、および近接センサテクノロジが提供され、マイクロコントローラの処理性能が自動車に適した水準にまで向上しているのに伴い、新しいクラスの車載エレクトロニクスが実現されています。これにより、運転タスクの実行におけるドライバー操作の依存度が低減しています。

AUTOSARソフトウェアの仮想検証という組込み制御開発の新たな枠組み

2014年2月03日 AUTOSARを習得している方は、コード再利用の最大化、既製のソフトウェアスタックの使用、ハードウェアに依存しないアプリケーションの作成など、その利点をおそらく認識しているはずです。ただし、仮想検証という、AUTOSARへの移行に関するある隠れたメリットについてはご存知でない可能性があります。

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.