For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!
Cloning the Driver

December 13, 2018: Are you in the race towards engineering the automotive future by cloning the driver function? Now, you can accelerate your autonomous driving development and testing efforts in a well-thought-out, high-performance hardware and software environment. 

Getting Started with dSPACE – Guiding you Into a New Territory

November 13, 2018:  You have acquired your first dSPACE system or have been tasked with using one and have little to no clue on how to get started? You are looking at this box with dSPACE written on it and you’re probably thinking: “Now what?”

This blog is intended to help you accelerate your learning curve when operating a dSPACE real-time system (for all systems after dSPACE Release 2017-B).

VEOSでAdaptive AUTOSAR向けのV-ECUをシミュレートする方法

2018年10月30日:大幅に機能が拡張されたAUTOSAR Adaptive Platformの次の仕様であるバージョンR18-10は、10月末にリリースされます。適応制御ユニットの開発や妥当性確認を行うお客様にとっては、これをどのように従来のECUや環境モデルと組み合わせれば良いのかという疑問が発生します。

テストケースの実行が実にすばやく簡単に

2018年10月15日:dSPACEでは、AutomationDeskをお客様が簡単に使用できるようにするためのソリューションを開発しており、これを活用すると、お客様はより迅速かつ容易にテストケースやテストステップを作成することができます。このソリューションには、ベースとして標準テストオーサリングフレームワーク(TAF)が導入されています。

Adaptive AUTOSARによる自動運転の実現方法

2018年10月1日:自動運転の話題になると、誰もがAdaptive AUTOSAR、すなわちAUTOSAR Adaptive Platformについて話をします。そのため、期待は大きくなりました。その期待の大きさは、同僚達がSIL(Software-in-the-Loop)ツールチェーンでの「アダプティブ」のサポートに向けて取り組んだ時の情熱に匹敵するものでした。

ISO 26262およびシミュレーションベースのテストにより、自動化機能の安全性を向上

2018年9月19日:完全自動化実現への最も重要なステップの1つは、車両の自動運転システムの機能安全性を保証することです。「両目を閉じ、両手を離す」シナリオでは、エラーは許容できません。自動運転において、安全要件の妥当性はどのように確認するのでしょうか。

V-ECUとは

2018年8月21日:現在日常茶飯事として話題になっている、高度な自動運転において、自動運転機能の妥当性確認の新たな基準としてテストドライブの走行キロメートル(マイル)数という項目が注目されています。過去18ヶ月間において、SIL専門家の間では、バーチャルECU(V-ECU)をテスト対象デバイスとしてSILシミュレーションを行うという議論が頻繁に行われています。

仮想テストドライブを選択する多数の理由

2017年6月30日:自動運転のプロトタイプ車両をテストする場合、無数とも思えるほどの数の想定可能なトラフィックシナリオと要件に対応することを考慮すると、必要な走行距離は数億マイルにもなります。そのようなレベルのテストを遂行しようとするのは非現実的です。ただし、より良い解決策があります。

dSPACEは、仮想テストドライブを実現する完全なソリューションを提供しています。

ControlDeskがツール自動化により次のレベルに到達

2017年5月29日:ControlDeskは、ホストPCをdSPACEプラットフォームに接続するための強力なフロントエンドツールです。タスクレベルでは、主にプラットフォームを登録し、プロジェクトや試験を作成したりする場合に使用します。その多くの利点の中でも、ビルトイン機能を備え、すぐに使える計器ライブラリは便利であり、これを使用すると非常にすばやくカスタマイズされた試験を作成することができます。

自動アプリケーション用センサインターフェースに関する課題の解決

2017年4月25日:近年では、先進運転支援システム(ADAS)やアクティブセーフティシステムに対する需要がかつてないほどの高い水準に達しています。自動車関連のさまざまなメーカーが自動運転車両の市場への参入を目指しており、各エンジニアは多くの時間と労力を費やして、多数の利用可能なセンサをリアルタイムで統合しようと取り組んでいます。

お客様のECUソフトウェアはAUTOSAR規格への移行後も正しく機能するでしょうか。

2016年11月2日:AUTOSARは北米の自動車市場でますます普及しつつあります。結果として、多数の企業が既存の電子制御ユニット(ECU)ソフトウェアをAUTOSARへと移行する作業に取り組んでいます。ここでは多くの場合、新たな規格に準拠させるための多数の構造の手直しや、コードの書き換えが必要になります。コードが以前と同様に機能することを保証するには、これらの変更のすべてを徹底的かつ効率的にテストする必要があります。

複数のバス通信インターフェースを管理するための新しいソリューション

2016年10月12日:dSPACEアプリケーションエンジニアとして私はこれまでに、CAN、CAN FD、J1939、LIN、FlexRay、いくつものEthernetバージョンなどを含む多数のバスを利用したプロジェクトに取り組んできました。組込み制御システムはますます複雑化しているため、これらのような分散ネットワークを使用すると、システムをモジュール化したり車載配線を削減したりすることができます。これらのネットワークのそれぞれには、データの冗長性、バス速度、帯域幅から信頼性およびコストに至るまで、固有の長所と短所があります。どの車両プラットフォームにも、こうしたバス同士を組み合わせたシステムが見受けられます。

dSPACEは最近、さまざまなバスインターフェースの課題に対処できる新しいツールを発表しました。

アビオニクステストの新しいソリューション

2016年9月12日:アビオニクスソフトウェアのテストは、組込みシステム業界内のあらゆる領域において最も厳格な義務付けがあるものの1つです。電動化の要件や距離および快適性に関する新しい要件が増加するにつれ、航空機の複雑さは増大します。その結果、関連するコンポーネントをテストする際の複雑さは極めて増大します。

アビオニクスソフトウェアの妥当性を確認するさまざまな方法の中でも、HIL(Hardware-in-the-Loop)は信頼性、柔軟性、およびコスト効率に優れた標準的な開発環境として一般に認識されています。航空宇宙、自動車、および商用車などの業界では、組込みシステムをテストする場合にHILを使用することが一般的になりました。

モデルベース開発によるADASシステムの開発スピードの向上

2016年7月5日:これまで以上に複雑化しつつある電子システムを迅速に開発する方法とは

車両システムの安全面を強化することが可能な先進運転支援システム(ADAS)には、交通事故件数を大幅に減少させる可能性があります。ADAS市場は、高速道路の運転用に設計された快適システムから、複雑な都市環境で機能するように設計された安全システムへと発展しています。ただし、これはシステムの複雑化にもつながります。

従来の自動車開発に混乱を生じさせている自動化テクノロジに対して、あなたは準備できていますか。

2016年5月17日:ADASおよび自動運転車両への大きな移行は、自動車業界の各関係者に影響を与えています。当社はこれまでパワートレイン、電動化、バッテリシステム、その他多数のテクノロジの課題に継続して取り組んできましたが、現在注目されているのはADASと自動運転車両です。

データのビジュアル表示 – 百聞は一見に如かない理由

2016年4月4日:オシロスコープは長い間エンジニアにとっての最適な計器でした。しかし、テクノロジや要件がかつてないほど急速に進化する中、dSPACE ControlDeskなどの試験用ソフトウェアでは、より性能や柔軟性に優れたビジュアル表示ツールを提供できるようなっています。

MicroLabBox – 大学の新しい刺激的なオプション

2016年2月12日:dSPACE, Inc.の北米アカデミックセールス担当者として、私は限られた予算で最高の製品を求めているお客様から、価格、機能性、耐久性という一連の問題が提示されるのに共感を覚えます。

10年以上にわたり、その解決策となるのはdSPACE DS1103制御プロトタイパーでした。しかし、物理的な機能、接続の容易さ、ホストPC/ノートパソコンとのシンプルな接続、ドキュメントなど、最も望まれる機能拡張を実現するための新しいシステムの開発により、2015年には、MicroLabBoxという新たなソリューションが市場に提供されました。

トレーニングを利用してdSPACEシステムを最大限に活用

2016年1月5日:dSPACEでは、新人のエンジニアから極めて経験豊富なエンジニアに至るまで、あらゆるレベルのエンジニアを対象に、あらゆる当社製ツールのトレーニングを提供しています。当社のトレーニングクラスは、独自の学習体験をユーザに提供するよう設計されているため、学習曲線を大幅に短縮することができます。

高品質のパワーエレクトロニクス開発の保証

2015年11月16日:パワーエレクトロニクスは、パソコンや携帯電話用充電器など、多数の電子機器の至る所に存在します。

最新のメカトロニクスアプリケーションのEthernet

2015年9月14日:Ethernetは、センサやECUなどのネットワークデバイスに対し、標準的かつ高速でコスト効率に優れたテクノロジを提供します。

ECUソフトウェアのMBD実装成功例の分析

2015年7月30日:モデルベースのソフトウェア開発を使用すると、開発の早期の段階においてホストPC上でモデルのシミュレーションを行い、開発期間を短縮することができます。プロジェクトを成功させるには、いくつかの前提条件を満たす必要があります。

SYNECT – わずかな設置面積で強力な性能

2015年6月3日:SYNECTはdSPACEツールチェーンでは比較的新しい製品です。2012年に導入されて以来、多くの点で成長および発展してきました。モデルベース開発(MBD)プロセスに使用されるアイテムを格納するグローバルデータベースの概念は新しいものではないものの、MBDワークスペース向けの現行ツールでこれを行っているものは比較的少数です。SYNECTはこのようなツールの1つですが、それだけではありません。

CANのことは多少わかりますが、CAN FDとは何ですか。

2015年5月6日:この記事は、スタッフビット、終了処理、および物理レイヤートポロジに至るCANの詳細な知識を持った方々を対象に書いたものではありません。このブログはより上位のレベルで書いています。この記事を読んだ読者は、CANやCAN FDの話が出る打ち合わせで自信を持ってうなずき、「うんうん」と相槌を打てるようになることを望んでいます。

GPS信号のリアルタイムシミュレーションでできること

シミュレーションが、実車でのテストを上回ることはできるでしょうか。このGPSシミュレーションとは一体何であり、これで何ができるのでしょうか。

2015年4月14日:Bob Peaseの記事はよく読んでいましたが、同氏の書き出しはいつも「とにもかくにもこれは一体何ですか」でした。Bobはアナログの第一人者です。彼は、合理的で費用対効果の高い初の量産用オペアンプの製作に取り組みました。当時伝説であったBobに敬意を表して、このタイトルでブログを開始します。私がこの話を持ち出すのはBobが2011年に自動車事故で亡くなったためです。自動車同士の衝突をなくすという自動車業界の希望は現実のものとなり始めています。この希望は未来のコンセプトではなくなってきており、今日では、世界中の研究開発ラボでその方面でそれを実現する取り組みが行われています。

一般的な技術サポート問題のトラブルシューティング

2015年3月6日:dSPACE Inc.のテクニカルサポートチームでは、日常的なお客様とのやり取りを通じて、dSPACEが製造するさまざまな製品の情報をお知らせし、使用期間中に直面する可能性のあるあらゆる問題の解決策を提供しています。

違いを生み出すサービス

2015年2月4日:dSPACEが違いを生むエンジニアリングサービスを提供できる理由は、当社が製品サポート、アプリケーションサービスまたはトレーニングを提供しているかどうかに関係なく、お客様の成功を望んでいるためであると私は思います。お客様に新しいシミュレータのオンラインでの購入期限がある場合やソフトウェアテストの期限を守る必要がある場合、さらにはシステムを機能させるためにカスタムソリューションが必要な場合であっても、シミュレータが機能し、お客様がテスト作業を開始できるようになるまで当社はサポートを続けます。その理由は、当社がお客様の成功を望んでいるためです。

2014年 - 自動車の革新に極めて重要な1年

2014年12月23日:2014年が終わろうとする頃、私は今年自動車業界で見たことや体験したことについて考えていました。しかし、それよりも重要なのは、当社とそのお客様の進む先には、そのような考察が示唆するものがあるということです。

オフハイウェイ車両のHILテスト

2014年11月13日:HIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムは、新しい建設車両や農業車両の組込みソフトウェアの開発やテストにおいて、ますます使用されています。これらのオフハイウェイ車両は、乗用車以上ではないにせよ、同程度に複雑です。なぜなら、車両に搭載して使用する組込みソフトウェアが増加しているためです。これにより、極めて要件の厳しい環境で動作するこれらの機械が安全性および信頼性に優れたパフォーマンスを発揮することができます。

高品質とは、つまり「自負する心」

2014年8月8日:今日の市場では誰もが高品質な製品を賞賛しますが、これは実際には何を意味するのでしょうか。優れた機能の問題でしょうか。最速のプロセッサの問題、あるいは機能の数が最も多いかという問題でしょうか。それとも、人々が設計、構築、および納品していることに純粋に自負心を持っているかという問題でしょうか。成功に必要な最も大切な部分はそこなのです。

モデルベース設計による電動アクチュエータの開発

2014年7月1日:モデルベース設計(MBD)は、システム設計の複雑さに対応することが可能なテクノロジであると実証されています。MBDを使用して開発効率を向上し、コスト削減を図る利点は、非常によく知られています。MBDの利点と、柔軟かつ高速な計算処理が可能なフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)を使用した強力な半導体テクノロジとが融合することにより、極めて高速な実行速度による高精度の制御が実現し、エンジニアの新しい研究分野の可能性が開かれます。

航空宇宙産業および防衛産業におけるネットワーク化された組込みシステムの検証と妥当性確認

2014年6月4日:機体、衛星、およびその他の航空宇宙機器に存在するシステムネットワークには、長い間、複数のコンポーネントとシステムとの間の高機能なシリアル通信が含まれていました。これらのシステムは、簡単なピアツーピアのシリアル化されたやり取りからスタートし、はるかに複雑化および高速化したマルチポイントネットワークへと発展しました。

HIL(Hardware-in-the-Loop)テストの迅速化

2014年4月30日:組込みソフトウェアによって、技術開発が著しいスピードで推進されています。そのため、組込みソフトウェアのエンジニアやシステムエンジニアには刺激的な時代です。自動車業界では日々、セーフティクリティカルなテクノロジや排出ガス処理技術が進歩しています。ただし、こうしたテクノロジの急速な進歩により、車載センサがますます増え、システムの相互依存性が高まっています。これにより、効果的にテストを実行するうえで非常に大きな課題が生じる可能性があります。
ここでは、今日のテストニーズに対応できるHIL(Hardware-in-the-Loop)テストの次のような2つの新しい側面についてご説明します。
1)HILテストでのバーチャルECU(V-ECU)の使用
2)高度な適合を実現するHILと機械式テスト環境の組み合わせ

SYNECT:モデルベース開発のためのデータ管理

2014年3月24日:技術研究により、日常生活に関わる製品に新しい機能や性能が追加され、これにより継続的に私たちの生活が豊かになっています。製品やサービスのカスタマイズにより、1つの製品で必要なバリアントの数が爆発的に増大しています。

当社は幅広い製品を提供したいと考えています。しかし、その開発に伴う複雑さは、特に組込みソフトウェア開発者などのエンジニアリング部門には非常に大きな課題となっています。

安心できる先進運転支援システムの開発

2014年2月28日:堅牢でますます安価なGPS、ビデオ、および近接センサテクノロジが提供され、マイクロコントローラの処理性能が自動車に適した水準にまで向上しているのに伴い、新しいクラスの車載エレクトロニクスが実現されています。これにより、運転タスクの実行におけるドライバー操作の依存度が低減しています。

AUTOSARソフトウェアの仮想検証という組込み制御開発の新たな枠組み

2014年2月3日:AUTOSARを習得している方は、コード再利用の最大化、既製のソフトウェアスタックの使用、ハードウェアに依存しないアプリケーションの作成など、その利点をおそらく認識しているはずです。ただし、仮想検証という、AUTOSARへの移行に関するある隠れたメリットについてはご存知でない可能性があります。