For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

データのビジュアル表示 – なぜ百聞は一見に如かずか

発表日: 2016年04月04日

Len Gasior、トレーニングエンジニア、dSPACE Inc.

私たちは皆「百聞は一見にしかず」ということわざを耳にしたことがあり、直観的にこれに納得しています。人類は数千年にわたる発展を遂げ、図表、地図、グラフなどの視覚的表現に頼ることにより、大量の情報を処理してきました。これらは、現代の私たちが膨大な量の情報をより容易かつ迅速に理解するうえで不可欠であり、これによって生のデータを詳細に読み込む必要がなくなります。電子的なテストおよび計測を行う分野において、大量のデータを視覚的な形式に変換することは、データのビジュアル表示という表現で知られています。

オシロスコープは長い間エンジニアにとっての最適な計器でした。しかし、テクノロジや要件がかつてないほど急速に進化する中、dSPACE ControlDeskなどの試験用ソフトウェアでは、より性能や柔軟性に優れたビジュアル表示ツールを提供できるようなっています。

データのビジュアル表示による情報共有

通常、データのビジュアル表示は、電気的または物理的なデータを評価するプロセスにおいてデータの取得と同時に行うか、または取得後に行うことが求められます。データのビジュアル表示を適切に実施すると、生のデータでは確認が難しい現象を確認し、相関させ、分析することができます。データのビジュアル表示により、重要なパターンや相関関係を確認することができます。これにより、エンジニアリング情報を共有し、効率的に意思決定を行うことができます。メカトロニクスシステム用電子制御ユニット(ECU)の開発やテストにdSPACEツールを使用する場合、問題の解決と解決策の提示という最終的な目標を果たすには、汎用的な方法で大量のデータを示し解釈することが極めて重要です。

4種類のプロッタ計器

ControlDeskには、データをビジュアル表示する主要ツールとして使用できる4種類のプロッタ計器が用意されています。これらは、dSPACEの直感的なホストインターフェースソフトウェアの一部です。それぞれのプロッタは、カスタマイズ可能な固有の機能と特性を備えた信号をオシロスコープのように表示することができるため、任意の結果や目的に基づいてデータを確認することができます。以下にさまざまなプロッタタイプを簡単に紹介します。

  • 標準プロッタ – 計測時間と関連する信号、または他の信号と関連する信号を表示します。信号は連続的に計測するか、またはトリガモードで計測することができます。
  • 時間プロッタ – 計測時間と信号との関係をビジュアル表示します。標準プロッタと比較すると、時間プロッタは、プロッタ自体で信号周波数を導き出すことができるなど、独自の拡張機能を備えています。操作手法は、インデックスプロッタやXYプロッタと同様です。
  • インデックスプロッタ – イベント(割込み)と関連する信号をビジュアル表示します。
  • XYプロッタ – 他の信号と関連する信号をビジュアル表示します。個々の信号をX軸およびY軸上に配置することができます。

ControlDeskのグラフィカルなユーザ環境では、試験でこれらのプロッタを任意の数だけ簡単に使用できます。基本的には、目的の変数をそれぞれのプロッタにドラッグアンドドロップして必要な設定を行い、計測モードを開始するだけです。プロッタタイプの選択は、開発エンジニアが求めるエンジニアリング情報によって異なります。次の指針を活用すると、ControlDeskのプロッタ計器の適切な選択に役立ちます。

  • データの量 – ControlDeskのプロッタは、システムの計測モード機能を有効にします。これにより、ターゲットシミュレーションプラットフォーム(リアルタイムまたはPCベース)のバッファをアクティブにしてシミュレーションデータを保存し、この情報を記憶装置へと継続的に転送して記録することができます。
  • 必要な機能 – ControlDeskのプロッタには、拡大、スクロール、トリガおよび連続モードなど、多数のグラフ操作機能が用意されています。また、Y軸のスタックビューやXYカーソルなどの後処理ツールを含む高度な機能も幅広く提供されています。これらの機能を組み合わせることにより、取得後またはその場でデータを分析するための強力な手段が提供されます。
  • アプリケーションの要件 – すべてのアプリケーションはそれぞれ異なり、ツールを使用する際のユーザの目的や目標もさまざまであるという考え方のもと、ControlDeskのプロッタは開発されています。そのため、プロッタの計器はアプリケーションの要件に合わせて十分にカスタマイズすることが可能です。お客様がクランクシャフトの信号を計測する自動車のエンジニアである場合でも、アクチュエータの動作を計測するロケット科学者である場合でも、またはスイッチの信号を計測するエンジニアリングの学生である場合でも、これらのプロッタ機器は卓越した柔軟性を通じてほぼすべてのアプリケーションニーズに対応します。
  • 他のソースとのデータを同期 – 当社のツールを使用すると、ECU、HIL、GPS、バスシステムなどの複数のソースから同時にデータを取得してビジュアル表示することができます。これが、dSPACEリアルタイムシステムを使用することの真の利点です。複数のソースからのデータを関連付けできるこのような機能を活用すれば、ツールチェーン全体を削減することができます。これはテストや開発の段階における大きな利点となります。

最後に、dSPACEは、お客様の作業における課題を理解しています。当社は、お客様の成功を支援します。そのため、当社は上述の機能だけでなく、すべての製品に関してトレーニングとサポートを提供しています。お気軽に弊社までご連絡ください。つまり、お客様が必要とするソリューションは、さまざまなデータをビジュアル表示するdSPACEの各種の機能やオプション、さらには経験のすべてを活用することにより、確実に実現することができます。

その他の情報 製品情報