ニュース一覧
First 戻る Last 次へ

47 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

トヨタがdSPACEのSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションを用いて電動車両の開発を強化

新規車両開発の基盤として特に重要なのは、適切な電子制御ユニット(ECU)を備えたパワートレインです。その開発と信頼性確認のため、開発プロセスの早期の段階からシミュレーションを利用するモデルベース開発(MBD)環境の導入を強力に推進してきました。

  • 2023年01月24日
  • 製品情報
次の画面を表示する

INCEPTIO社:Solving Real World Problems in a Virtual World

INCEPTIO Technology社は、自動運転トラック群を用いて、中国の都市間高速道路の隅々まで、商用貨物を輸送するための高機能かつ効率的なフリートを開発するという野心的な構想の実現に取り組んでいます。将来的にはその他の地域にも適用することを視野に入れています。このプロジェクトを実現するため、同社はdSPACEソリューションを用いて地域間の長距離輸送向けの自動運転トラック群の妥当性を確認しています。

  • 2023年01月18日
  • お客様の事例
次の画面を表示する

ブログ:センサ適合が必要な理由とは?

データドリブン開発では、条件を適切に設定することが必要です。たとえば、データの取得時にはすべてのセンサが正確に適合されていることが極めて重要になります。このブログでは、カメラとLiDARのような2つの異なるセンサを正確に適合する2つの方法を紹介します。

  • 2023年01月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

バス設定向けの使いやすいグラフィカルユーザインターフェース(GUI)

複雑なバス設定をターゲットに即してより迅速に行うことができれば、バス設定の負担は減少します。そのような場合には、dSPACEの新しいBus Navigatorをご利用ください。

  • 2023年01月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:ASMを使用した地形およびオフロードのシミュレーション

自動運転車両のオフロードでの動作を理解したいとお考えのお客様は、 地形および土壌のモデリングに基づいた臨場感あるオフロードシミュレーションについて詳細をご確認ください。 ここでは、卓越した高性能レイトレーサを使用したカメラ、LiDAR、およびレーダーセンサの物理ベースのシミュレーションによって自動運転を行います。
dSPACEのAURELIONおよびASMが提供する動画をご自身でお確かめください。 地形および土壌のモデリングに基づいた臨場感あるオフロードシミュレーションについて詳細をご確認ください。 ここでは、卓越した高性能レイトレーサを使用したカメラ、LiDAR、およびレーダーセンサの物理ベースのシミュレーションによって自動運転を行います。
dSPACEのAURELIONおよびASMが提供する動画をご自身でお確かめください。

  • 2023年01月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

ブログ:転ばぬ先の杖TargetLinkでのMISRA C準拠のモデルベース開発

大半の自動車メーカーやサプライヤにとって、MISRA Cは品質保証の一環として重要な規格です。そのため、MISRA C規格から逸脱しているプログラムのソースコードはチェックされており、潜在的なエラーの識別やソフトウェア品質の向上が図られています。このブログ記事では、お客様のモデルベース開発ワークフローにMISRA Cへの準拠をシームレスに統合し、お客様のソフトウェアの安全性、セキュリティ、および品質を向上させる方法について説明します。

  • 2023年01月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する

Meet to dSPACE:オンライン配信

現在、2022年にご紹介した動画を期間限定でアーカイブ配信中です。 公開期間:2023年1月31日(火)まで
​​​​​​​本イベントでは、プログラミングが苦手な弊社社員がRTMapsを使ってセンサデータの取得、処理、通信等を行い、課題を解決していく姿を全6話のドラマでご紹介します。dSPACEの公式YouTubeチャンネルで公開している“Innovation Coffee Break”のデモ動画も併せて、マルチセンサアプリケーションの開発・検証に役立つソリューションをご紹介します。 dSPACEの公式YouTubeチャンネルで公開している“Innovation Coffee Break”のデモ動画などを使用し、シミュレーションおよび検証試験を効率化するソリューションをご紹介します。

  • 2023年01月12日
  • イベント
次の画面を表示する

事前設定されたESIユニット

dSPACEの環境センサインターフェースユニット(ESIユニット)を使用すると、実録されたセンサ生データおよびシミュレートされたセンサ生データを時刻同期された状態でADAS/AD ECUに供給することができます。これはとりわけ、自動運転向けのさまざまな機能のHILテストを行う場合に極めて有用です。dSPACEでは、このようなテストをできる限り容易に行えるようにするため、特定のシナリオや広範に使用されるアプリケーションシナリオ用として事前設定されたESIユニットを提供しています。

  • 2023年01月11日
  • 製品情報
次の画面を表示する

Through Rough Terrain

『Real-time, Closed-Loop and Physics-based Modeling and Simulation System for Unmanned Ground Vehicles in Unstructured Terrain Environments(構造化されていない地形環境における無人地上車両のリアルタイムかつクローズドループの物理ベースモデリングおよびシミュレーションシステム)』(2022 NDIA MICHIGAN CHAPTER GROUND VEHICLE SYSTEMS ENGINEERING AND TECHNOLOGY SYMPOSIUM [NDIA Michigan Chapter主催の2022年のGVSETS])のホワイトペーパーでは、オフロードシナリオにおける無人地上車両のモデリングおよびシミュレーションのコンセプト実証について紹介しています。

  • 2022年12月22日
  • ダウンロード
次の画面を表示する

動画:ADAS/ADトラフィックおよびセンサシミュレーション向けの実世界の環境

dSPACEがDMP(ダイナミックマップ基盤株式会社)のHDマップを使って、AURELIONとASMでどのように物理ベースのセンサシミュレーション向けの現実的な3D環境を作成しているかをご覧ください。

  • 2022年12月15日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

47 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.