For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!
ニュース一覧
First 戻る Last 次へ

72 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

dSPACE Release 2020-A

dSPACE Release 2020-Aでは、多くのdSPACEツールにさまざまな新機能が追加されました。

  • 2020年05月26日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACE Release 2020-A

Version Information Release 2020-A

  • 2020年05月26日
  • サポート
次の画面を表示する

ARMのサポートにより、DCI-GSI2でのECU接続が可能に

JTAGインターフェースの使用により、汎用的なDCI-GSI2シリアルインターフェースでARMベースのマイクロコントローラをサポートできるようになりました。これにより、標準準拠のXCP on Ethernetプロトコルベースで各種機能の計測、適合、およびバイパス処理を行えるようになります。

  • 2020年05月20日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACEでは、Sensor Simulation向けの新しいシステムの概要を発表していることをご存知でしたか。

Sensor Simulationシステムの概要をご確認いただくと、Sensor Simulationがどのように構成されているかや、どのような製品を組み合わせることができるかを直感的に判断できます。

  • 2020年05月15日
  • 製品情報
次の画面を表示する

TargetLink 5.0:量産コード生成ツールの新しいバージョンがAdaptive AUTOSARをサポート

dSPACEは、実績のある量産コード生成ツールTargetLinkの新しいバージョンを発表しました。このバージョンでは、Adaptive AUTOSAR規格をサポートしています。

  • 2020年05月12日
  • 製品情報
次の画面を表示する

インタビュー:We Must Embrace New Technologies

現在のテクノロジによって低コストかつお客様重視のゼロエミッション運転を実現できることをe.GO Mobile社が証明

  • 2020年05月08日
  • お客様の事例
次の画面を表示する

PATAC社:Automatic Safety

自動運転をSOTIFベースでテスト

  • 2020年05月06日
  • お客様の事例
次の画面を表示する

動画:Over-the-airテスト - 実際の信号のエミュレート方法

環境センサは、自動運転車両の安全を確保するうえで極めて重要です。レーダーセンサなどの最終的なハードウェアでは、いまだに個別に妥当性確認を行う必要があります。問題は、どのように実際のレーダー信号をラボの環境内でシミュレートするかです。

  • 2020年05月05日
  • 製品情報
次の画面を表示する

Aired Scenarios

自動運転車両の開発では、テストと妥当性確認に膨大な労力が掛かります。SERES社では、これらの複雑さやコストに対応するため、開発プロセスの早期の段階で柔軟に使用できるdSPACEのテストシステムを導入し、制御ループに実際のセンサを組み込むことにしました。

  • 2020年04月07日
  • お客様の事例
次の画面を表示する

AUTERA

自動運転車両を動作させるうえで、環境認識センサは極めて重要です。そして、これらのセンサによって生成されるデータはこれまでにも増して膨大になっています。dSPACEでは、LiDAR、レーダー、カメラセンサからのデータだけでなく、業界最高クラスの帯域幅を備えた車載バスやネットワークから得られるセンサの生データも読み取って処理し、記録することが可能なシステムであるAUTERA製品ファミリを発表しました。

  • 2020年04月07日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

72 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示