ニュース一覧
First 戻る Last 次へ

45 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

動画:Model Compareのユーザー設定について

この新しいチュートリアル動画では、Model Compareをお客様の個別のニーズ応じてスムーズかつ効率的に導入する方法についてご紹介しています。

  • 2022年09月23日
  • 製品情報
次の画面を表示する

ブログ:将来の車両にも対応

現代の車両は、急激な変化にさらされています。化石燃料の消費は大幅に減少しており、モーターのようなテクノロジがそれらに置き換わっていきます。ガソリンや軽油を燃料とする従来の内燃エンジンは未だ存在しますが、バッテリ、燃料電池、またはハイブリッドドライブを推進力とする車両がより一般的になる未来が待っています。上記の推進タイプにはそれぞれ開発やテストが必要となります。このブログでは、お客様をサポートするdSPACEの各種ソリューションをご紹介します。

  • 2022年09月21日
  • 製品情報
次の画面を表示する

自動運転車の体系的なテスト

有名なVVM(Verification Validation Methods: 検証および妥当性確認手法)プロジェクトも中盤に差し掛かり、3月中旬にはプロジェクトパートナー各社がそれぞれの結果や手法を発表しました。行政、産業、学術機関など各界代表者が本プロジェクトの重要性を強調し、自動運転の安全性は信頼できる妥当性確認および検証の手法によってのみ確保されると明言しています。dSPACEは、プロジェクト要件の分析や評価においてSILおよびHILシミュレーションの専門知識を提供し本プロジェクトに貢献しています。また、各手法の検証のためのプロトタイプ実装も行っています。

  • 2022年09月16日
  • トピックス
次の画面を表示する

動画:フリート車両向け電動化モビリティのシミュレーション

電気自動車の機能向上には、革新的なモーター、バッテリシステム、燃料電池、パワーエレクトロニクスコンポーネント、および充電テクノロジが必要となります。ASMはこれらすべての領域に対応するシミュレーションツールスイートであり、初期のアイデアから開発プロセス全体に至るまでのさまざまな段階をサポートします。

  • 2022年09月16日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACEが車室内監視システムの妥当性確認向けの初の60 GHzレーダーコンバータを発表

レベル3の自動運転システムでは、ドライバーがいつでも運転操作が可能な状態にあること、その他の搭乗者も確実に着席していることを確認するため、室内の全乗員を監視する必要があります。特に室内空間の監視において最も使用されるのは60 GHz帯レーダーソリューションです。dSPACEでは、このような用途のレーダーセンサをテストできるようにするため、レーダーターゲットシミュレーション分野のソリューションを拡張した製品であるDARTS HBC-7066Vを発表しました。

  • 2022年09月12日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACE Japan オンラインメディア・タイアップ記事

〇日経ビジネス電子版/日経xTECH Special:dSPACE Japan User Conference 2022 Digital講師(ホンダ・川辺氏、マツダ・柳楽氏)の特別インタビュー
〇東洋経済オンライン:日本のお客様の開発のパートナーとして、革新的なイノベーションに挑戦し続けているdSPACE Japanについて、代表取締役の宮野が語る

  • 2022年09月09日
  • イベント
次の画面を表示する

KATECHがRTMapsを使用してセンサデータを同期

KATECHは、大電流に関する最先端テクノロジを研究する機関です。同機関では、最新かつ柔軟なツールを用いて電流の上限値を押し上げたいと考えており、高機能で環境に優しい車両テクノロジの分野において万能な開発フレームワークであるRTMaps(リアルタイムマルチセンサアプリケーション)を使用して開発を加速させることを決めました。

  • 2022年09月09日
  • お客様の事例
次の画面を表示する

ホワイトペーパー:TLSで保護されたEthernet通信の妥当性確認

2022年半ばからは、自動車メーカーが新しい車両の型式を登録する際に、その車両がUNECE 155のサイバーセキュリティ規定に準拠していることを証明する義務が生じます。そのため、ECUや車両とバックエンドシステム間における通信の整合性や信頼性をごくわずかな時間で効果的に検証しなければなりません。 このホワイトペーパーでは、achelos社がdSPACEと協力してどのようにこれらの規制に関する重要な項目に対応したかや、achelos社のTSLテストスイートにdSPACE HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータを統合する技術的手法によってTSLで保護された車載Ethernet通信のセキュリティを確保したかについてご紹介します。

  • 2022年08月24日
  • ダウンロード
次の画面を表示する

ブログ:定数を変更するだけ:プルリクエストによるバイナリリソースを継続的にレビュー

この10年間でソフトウェアはビジネスの重要な差別化要因となり、お客様はより多くのソフトウェアを高品質かつ短期間での開発が必要とされている中、モデルベース開発(MBD)に継続的インテグレーションやテストなどのプロセスを組み合わせる必要性が高まっていることは驚きではありません。このブログ投稿では、MBDファイルにプルリクエストを活用した、ソフトウェア開発を次のレベルへと引き上げる当社のソリューションについてご紹介します。

  • 2022年08月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する

Driven by Data

データは、自動運転機能を開発する際の最も貴重な資産です。dSPACEのデータドリブン開発担当プロダクトマネージャであるPatrik Moravekが、資産をできる限り効率的に活用する方法について説明します。

  • 2022年08月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

45 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き