For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SystemDesk

システムアーキテクチャのモデリングとバーチャルECUの生成

SystemDeskは、アプリケーションソフトウェア向けのAUTOSAR準拠のアーキテクチャやシステムをモデリングするためのシステムアーキテクチャツールであり、高度かつ広範囲なサポートを提供します。また、SystemDeskは、アプリケーションソフトウェアからバーチャルECU(V-ECU)を生成します。V-ECUは、ECUソフトウェアを検証するためのPCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSなどのdSPACEシミュレーションプラットフォーム上で、テスト対象ユニットとして使用できます。

  • SystemDesk 5.1

    The new version of SystemDesk enables the generation of virtual electronic control units (V-ECUs) based on the AUTOSAR Adaptive Platform.

    Read more

  • 動画:SystemDeskのワークフロー例

    これらのソフトウェアを使ったデモンストレーション動画により、SystemDeskの機能を分かりやすく紹介いたします。

    動画を見る

  • SystemDeskおよびEB tresos Studioを使用したECUソフトウェア開発の成功例

    オンラインセミナー動画:このオンラインセミナーでは、SystemDeskとEB tresos Studioを使用して、ソフトウェアアーキテクチャからベーシックソフトウェアまでのECUソフトウェアを開発する方法について説明いたします。

    詳細

  • AUTOSARに基づくバーチャルECUの生成

    オンラインセミナー動画:このオンラインセミナーでは、ベーシックソフトウェアコンポーネントの統合を含む、AUTOSARに基づくバーチャルECU(V-ECU)を生成する方法について説明いたします。

    詳細

  • AUTOSAR、ワークフロー、およびツールの紹介

    オンラインセミナー動画:dSPACEおよびElektrobit社が主催するこのオンラインセミナーでは、車載ソフトウェアの開発において重要性を増しつつあるAUTOSAR規格の基本的な概要について説明いたします。

    詳細

  • Integration of Elektrobit Basic Software in a Virtual ECU for Diagnostic Testing

    In this free webinar recording, dSPACE and Elektrobit demonstrate how basic software modules can be integrated in a virtual ECU.

    Read more

  • Naturally Virtual

    Testing new functions as soon as they become available – a task that requires flexibility and the frontloading of tests. For this purpose, Volkswagen relies on automatically generated virtual ECUs. The dSPACE tools SystemDesk and VEOS help developers generate and simulate the software.

  • Smart Software, Smart Trucks

    Safety, efficiency, and availability are the core requirements for commercial vehicles. Technology supplier WABCO has implemented a consistent process to optimize the development of safety-critical, reliable systems. It is based on a comprehensive tyem Mam ool chain in which SystemDesk and TargetLink pave the way to AUTOSAR- and ISO 26262-compliant development.

    Read more

  • Faster Engine Validation

    Can you execute testing activities faster without the physical hardware? Tula, a Silicon Valley technology company, has seen a 50% reduction in time required to complete validation and verification activities since establishing a virtual validation environment.

    Read more

  • How to Simulate Adaptive AUTOSAR V-ECUs in VEOS

    With VEOS, Linux-based ECUs can be tested early and efficiently, and synchronized with other simulation components.

    Read more

  • How Adaptive AUTOSAR Enables Autonomous Driving

    The automotive industry is reinventing itself. With autonomous driving, the requirements for software architectures have changed fundamentally.

    Read more

  • What Are Virtual ECUs?

    V-ECUs are not as mysterious as one may think: In the end, it boils down to enriching the code, AUTOSAR or not, with an automatically generated run-time environment and operating system to use it in a software-in-the-loop environment.

    Read more

  • Will Your ECU Software Still Function Correctly After Migrating to AUTOSAR?

    Many companies are working on migrating their existing electronic control unit (ECU) software to AUTOSAR. This can often involve reworking much of the structure and rewriting the code in order to make it compliant to the standard.

    Read more

適用分野

SystemDeskは、2つの適用分野で使用することができます。システムアーキテクチャツールとして、アプリケーションソフトウェア向けのAUTOSAR準拠のアーキテクチャやシステムをモデリングするための高度かつ広範囲なサポートを提供します。総合的なグラフィカル表示により、SystemDeskを初めて使用するユーザでも操作は容易で、大規模なプロジェクトにおいても効率的に無駄のない作業を行えます。

2つ目の適用分野として、初期の開発段階でECUソフトウェアの妥当性を確認するためのバーチャルECU(V-ECU)の作成に使用することができます。V-ECUには、テストする機能の量産コードが含まれ、アプリケーションレベルのみの場合と、ベーシックソフトウェアも含む場合とがあります。V-ECUは、PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSなどのdSPACEシミュレーションプラットフォーム上でテスト対象ユニットとして使用できます。

主な利用効果

  • 便利なダイアログ、エディタ、およびダイアグラムによる効率的な利用
  • AUTOSARおよび非AUTOSARソフトウェアをベースにした妥当性確認用のV-ECUの迅速かつ容易な生成
  • アプリケーションソフトウェアとアプリケーションソフトウェアテスト用のdSPACEベーシックソフトウェア、または統合テスト用のユーザ固有のベーシックソフトウェアを含むV-ECU
  • 一貫性および正確性のあるルールをベースとして包括的に検証することにより、信頼性の高いプロジェクト品質
  • 自動化APIを介したサードパーティ製ツールによる反復作業の自動化やリモート制御により、開発プロセスの利便性を向上

機能 説明
AUTOSARモデリング
  • ソフトウェアアーキテクチャおよび従来のAUTOSAR規格およびAdaptive AUTOSARに準拠したシステムのモデリング
  • ダイアグラムを使用したグラフィカルなモデリングによるわかりやすい概要
  • 洗練されたダイアログおよびエディタによる、容易かつミスのないデータ入力
  • データ交換:柔軟かつ容易な設定によるARXMLファイルのインポートおよびエクスポート
  • AUTOSARメタモデル1)の完全サポート
  • 通信マトリクスのインポート(DBC、LDF、FIBEX)
  • 分割可能なAUTOSARのサポートにより、他の部分を変更することなく、分割済みのAUTOSARエレメントの再インポートが可能
V-ECUの生成
  • AUTOSAR準拠およびnon-AUTOSARコードベースのV-ECU生成
  • AUTOSAR Adaptive Platform用のV‑ECUの作成
  • アプリケーションソフトウェアのテスト用に、V-ECUにdSPACEベーシックソフトウェアを含めることが可能
  • ベーシックソフトウェアまたは実際のベーシックソフトウェア機能が必要な機能のテスト用に、量産ベーシックソフトウェアを統合可能
  • アプリケーションソフトウェアのテストに必要なベーシックソフトウェアモジュールに対して、ほぼ完全な自動設定および生成が可能
  • 診断テストや、完全なECUソフトウェアのテスト用などの、ユーザ固有のベーシックソフトウェアモジュール(オプション)の統合
  • VEOSでのシミュレーション中にV-ECUをスリープ状態に移行させ、再びウェイクアップさせることが可能
  • VEOS用にAUTOSAR MCALモジュール、ICUをベースとしたベーシックソフトウェアを新たにサポート
  • V-ECUに独自のベーシックソフトウェアを含める際に、これらの新しいMCALモジュールもベースとすることが可能:SPI(Serial Peripheral interface)、APU(回転角度処理ユニット)、およびLINスレーブ
  • メモリセクションを含むA2Lファイルの生成
  • ラッパーにより、既存の従来のAUTOSARソフトウェアコンポーネントをアダプティブアプリケーションに変更可能
開発プロセスのサポート
  • システムアーキテクチャおよびECUソフトウェアの包括的なルールベースによる、一貫性、正確性、および完全性の検証
  • dSPACEのコード生成ツールであるTargetLinkとの容易なデータ交換
  • AUTOSARに準拠したあらゆるベーシックソフトウェア設定ツールと連携して使用可能
  • 従来のAUTOSARリビジョン(R4.4.0、R4.3.1、R4.3.0、R4.2.2、R4.2.1、R4.1.3、R4.1.2、R4.1.1、R4.0.3、およびR4.0.2)のサポート
  • Adaptive AUTOSAR Release 18.10のサポート
  • 立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジの検出またはカムシャフトセンサ用などの角度ベースのイベントの生成など、V-ECUへの現実的なセンサ入力のための機能を保持
  • レポート生成、ソフトウェアアーキテクチャの作成、V-ECUの自動生成などのタスクを自動化する完全にドキュメント化された自動化API
  • IBM® Rational® DOORS®などの要件管理ツール内の単一要件とモデルエレメントとの間をハイパーリンクで接続
  • Python 3.6でのスクリプト実行
1) SystemDesk 5.xのみ

適用分野

SystemDeskモデリングモジュールは、従来のAUTOSARおよびAdaptive AUTOSARソフトウェアアーキテクチャおよびネットワーク化された1つまたは複数のAUTOSAR ECUを含むシステムのモデリングを可能にします。このモジュールは、ソフトウェアコンポーネント(SWC)のモデリング、ハードウェアトポロジやネットワーク通信を含むシステムの指定などの、ソフトウェアアーキテクチャ開発プロセスをサポートします。

主な利用効果

  • 簡潔なワークフローおよび直感的な作業環境
  • AUTOSAR環境での作業の立ち上げが容易
  • 大規模な量産プロジェクトに最適
  • 異なるプロジェクトメンバー間での信頼性の高いデータ交換

適用分野

SystemDesk V-ECU生成モジュールを使用すると、仮想検証アプリケーション向けに、バーチャルECU(V-ECU)の設定および生成を行うことができます。V-ECUを作成するために、異なるソースのソフトウェアコンポーネント、関数、またはCコードをSystemDeskで組み合わせることができます。VEOSによるPCベースのシミュレーションにV-ECUを使用すると、Cコードでの実装が可能になった時点ですぐにシステムの全体的な動作をテストすることができます。

テストの焦点に応じて、以下のことを行えます。

  • dSPACEベーシックソフトウェアをV-ECUに追加的に統合することによって、AUTOSARアプリケーションソフトウェアからV-ECUを生成
  • アプリケーションおよびベーシックソフトウェアを含む、ハードウェアに依存しない完全なAUTOSARソフトウェアからV-ECUを生成
  • 非AUTOSARのコードからV-ECUを生成
  • ミドルウェアを含むアダプティブアプリケーションからV-ECUを生成
  • Linuxアプリケーション用のV-ECUを生成

主な利用効果

  • 従来のAUTOSAR、Adaptive AUTOSAR、および非AUTOSARベースのアプローチのサポート
  • 操作ガイドに従ってV-ECUをAUTOSARソフトウェアアーキテクチャベースで容易に作成可能
  • アプリケーションレベルで迅速かつ簡単にV-ECUを準備するため、dSPACEベーシックソフトウェアを自動設定
  • サードパーティ製BSW生成ツールで生成可能であり、V-ECUの生成に使用できる量産BSWの自動設定(一部のモジュールで利用可能)
  • マイクロコントローラアブストラクション層(MCAL)の上に量産BSWを統合
  • 完全な自動化APIにより、V-ECUの生成のための自動プロセスが可能
  • 問題発生時の直接的なフィードバックのためのソフトウェアアーキテクチャモデルの包括的な妥当性確認

SystemDeskの使用

SystemDeskは、直感的な作業が可能な多数の機能により、開発プロセスをサポートします。

  • AUTOSAR準拠のモデリング
    SystemDeskのオーサリング機能により、AUTOSAR規格に準拠したソフトウェアアーキテクチャやシステムデスクリプションの作成や編集が可能です。
  • シミュレーション用のバーチャルECUの生成
    SystemDeskでは、実際のECUと同じように動作するdSPACEまたはユーザ固有のベーシックソフトウェアモジュールを含むバーチャルECU(V-ECU)を生成します。V-ECUはAUTOSAR準拠または非AUTOSAR準拠コードに基づいています。VEOSでV-ECUをシミュレートすることにより、ご使用のソフトウェアの妥当性確認をPCベースのシミュレーションで行えます。
  • ダイアログとダイアグラム
    SystemDeskでは、一般的なAUTOSARデータの効率的な取得と設定を容易に行えるために、便利な事前設定済みのダイアログを提供しています。また、ソフトウェアアーキテクチャやシステムエレメントの特殊なダイアグラムを表示することで、使用しているモデルの概要を把握するのに役立ちます。
  • TargetLinkとのデータ交換
    SystemDeskとdSPACEの量産コード生成ツールであるTargetLink間でのシームレスなデータ交換が可能です。これにより、モデルベース開発環境のソフトウェアアーキテクチャに実際の機能を含めるための安全なプロセスが得られます。
  • プロジェクトの妥当性確認
    SystemDeskの妥当性確認機能を利用すると、AUTOSARアーキテクチャをベーシックソフトウェア(BSW)の設定用としてプロジェクトパートナーに引き渡す前や、V-ECUを生成する前にAUTOSARアーキテクチャの完全性と一貫性を確保できるため、可能なかぎり早期の段階で問題を発見することができます。これにより、時間を節約できます。企業固有のプロジェクト要件への準拠も確認するために、独自の妥当性確認ルールを指定することができます。
  • 完全にドキュメント化されたツールAPI
    オープンなツールAPIを使用すると、プロジェクト固有の要件に従って設計の反復作業を自動化したり、SystemDeskの機能を拡張したりできます。V-ECUを生成するための完全に自動化されたツールチェーンを作成することもできます。
  • アプリケーションソフトウェアとBSWの統合
    ECUソフトウェアをテストする場合、アプリケーションソフトウェアとdSPACEベーシックソフトウェア(BSW)を組み合わせたり、ユーザ固有のBSWをインポートしたりすることができます。ユーザ固有の量産BSWをインポートすると、ベーシックソフトウェア、または診断機能などの実際のBSW入力を必要とする機能をテストすることができます。dSPACE BSWを使用すると、システム要件に従って自動的にdSPACE BSWの生成と設定を行うことができるため、アプリケーションソフトウェアに重点を置いてテストを行う場合に便利です。

その他の情報 成功事例 サポート Documentation お問い合わせ