SystemDesk

シミュレーションと妥当性確認の出発点

SystemDeskは、SIL(Software-in-the-Loop)プロセスの理想的な基盤として機能します。既存のECUコードに基づいてバーチャルECUを作成すれば、それによってSILシミュレーションでコードを実行およびテストできるため、コスト効率が高まります。新しい Classic AUTOSARアーキテクチャをモデリングしたり、既存のものを修正したりする場合は、強力でありながら使いやすいAUTOSARアーキテクチャツールがSystemDeskによって提供されます。

  • SystemDesk 5.5

    AUTOSARサポートの大幅な拡張、V-ECUコンテナ向けの3.0フォーマット、その他

    詳細

  • SystemDeskおよびEB tresos Studioを使用したECUソフトウェアの開発例

    オンラインセミナー動画:このdSPACEオンラインセミナーでは、ソフトウェアアーキテクチャからベーシックソフトウェアまで、SystemDeskとEB tresos Studioを使用してECUソフトウェアを開発する方法について説明いたします。

    詳細

  • 非AUTOSARプロジェクト向けのバーチャルECUの生成

    このdSPACEオンラインセミナーの動画では、非AUTOSARプロジェクト向けにバーチャルECUを生成する方法をご紹介します。

    詳細

  • AUTOSAR、ワークフロー、およびツールの紹介

    オンラインセミナー動画:dSPACEおよびElektrobitによって開催されるこのオンラインセミナーでは、車載ソフトウェアの開発で使用される次世代のAUTOSAR規格に関する基本的な説明を行います。

    詳細

  • 診断テスト用のバーチャルECUにElektrobit社製ベーシックソフトウェアを統合する方法

    この無料オンラインセミナーの動画では、バーチャルECUにベーシックソフトウェアモジュールを統合する方法について、dSPACEおよびElektrobit社が概説します。

    詳細

  • Compound Tests

    システムの複雑さが増すにつれ、新しい対策によって各種の機能を適切に検証することが求められています。そのため、Volkswagen社では、妥当性確認プロセスにより多くの仮想化手法を取り入れています。

    詳細

  • SIL for Early Validation

    Fiat Chrysler Automobiles(FCA)社のグローバル電子エンジニアリングおよびソフトウェア - 仮想エンジニアリングチーム(EE&SW VE Team)では、アジャイル開発と仮想化技術を採用し新しく改善されたソフトウェアの開発とテストプラットフォームを実装することで、早期段階での妥当性確認を実現しています。

    詳細

  • Naturally Virtual

    新機能を利用できるようになったら直ちにテストするという方法は優れた柔軟性とテストのフロントローディングが可能な環境が求められます。そのため、Volkswagen社では自動生成したV-ECUを活用しています。開発者はソフトウェアを生成してシミュレートする際に、dSPACEツールであるSystemDeskおよびVEOSを使用しています。

  • Smart Software, Smart Trucks

    安全性、効率性、可用性は、商用車の必須要件です。テクノロジーサプライヤであるWABCO社では、セーフティクリティカルかつ信頼性の高いシステムを最適に開発できるようにするため、一貫したプロセスを導入しました。SystemDeskとTargetLinkに基づく総合的なツールチェーンにより、AUTOSARおよびISO 26262に準拠した開発環境を実現しました。

    詳細

  • Faster Engine Validation

    物理的なハードウェアがない場合でも、より迅速にテスト作業を実行することができますか。シリコンバレーのテクノロジ企業であるTula社は、仮想検証環境を確立し、それ以降、検証や妥当性確認の作業に必要な時間を50%短縮しました。

    詳細

  • VEOSでAdaptive AUTOSAR向けのV-ECUをシミュレートする方法

    VEOSを使用すると、LinuxベースのECUを早期の段階で効率的にテストし、他のシミュレーションコンポーネントと同期させることができます。

    詳細

  • Adaptive AUTOSARによる自動運転の実現方法

    自動車業界は業界自ら改革を行っています。自動運転では、ソフトウェアアーキテクチャの要件が根本的に変わってきています。

    詳細

  • V-ECUとは

    V-ECUは、想像するほど不可解なものではありません。結局は、SIL(Software-in-the-Loop)環境で使用できるように自動生成されたランタイム環境とオペレーティングシステムを使用して、AUTOSARでもそれ以外の形式の場合でも、コードを拡張するということに尽きます。

    詳細

  • お客様のECUソフトウェアはAUTOSAR規格への移行後も正しく機能するでしょうか。

    多数の企業が既存の電子制御ユニット(ECU)ソフトウェアをAUTOSARへと移行する作業に取り組んでいます。ここでは多くの場合、新たな規格に準拠させるための多数の構造の手直しや、コードの書き換えが必要になります。

    詳細

適用分野

SystemDeskは SIL(Software-in-the-Loop) テスト成功の基盤となります。Classic AUTOSARまたはAdaptive AUTOSARを使用しているか、AUTOSARを使用していない(AUTOSAR非準拠)かにかかわらず、 SystemDeskを活用すれば、 テスト対象システム(SUT)を作成することができます。

SystemDeskを使用すると、出力されるデータ形式にかかわらず、バーチャルECU(V-ECU)を作成することができます。たとえば、既存のClassicまたはAdaptive AUTOSARアーキテクチャをインポートし、ベーシックソフトウェア(BSW)設定の基盤として使用することもできます。また、全体的に統合されたコードをアプリケーションソフトウェアやベーシックソフトウェアとともに使用すれば、V-ECUを作成することもできます。生成したV-ECUはVEOSを用いてシミュレートでき、 以降の SIL および HIL テストの 基盤となります。

Aside from importing an existing architecture, SystemDesk allows you to model your complete AUTOSAR software architecture. An advanced validation function guides you through the individual steps to ensure compliance with the schema. This architecture then forms the basis for implementing the software components and for the basic software configuration.

利用効果

V-ECUの生成

  • RTE、AUTOSAR OS、CANスタック、LINスタック、およびMCAL層の提供により、標準的なPCでECUコードを直接実行できるようになります。
  • 各種テストシナリオでの非常に高い柔軟性により、AUTOSARまたは非AUTOSAR環境でのアプリケーションレベルやベーシックソフトウェアレベルのV-ECUにも対応します。
  • dSPACEは、長年の経験に基づくアドバイスにより、お客様が複雑なシナリオを実装する際のサポートを提供します。

AUTOSARモデリング

  • AUTOSARの簡単な紹介から高度なエディタによる大規模な量産プロジェクトまで
  • 開発プロセス全体を通して完全に利用可能なAUTOSARアーキテクチャ
  • すべてのタスクを容易に自動化

機能 説明
AUTOSARモデリング
  • Classic AUTOSARおよびAdaptive AUTOSAR規格に準拠したソフトウェアアーキテクチャおよびシステムのモデリング
  • ダイアグラムを使用したグラフィカルなモデリングによるわかりやすい概要
  • 洗練されたダイアログおよびエディタによる、容易かつミスのないデータ入力
  • データ交換:柔軟かつ容易な設定によるARXMLファイルのインポートおよびエクスポート
  • AUTOSARメタモデル 1) の完全サポート
  • 通信マトリクスのインポート(DBC、LDF、FIBEX)
  • AUTOSARエレメントの分割のサポートにより、他の部分を変更することなく、分割済みのAUTOSARエレメントの再インポートが可能
V-ECUの生成
  • AUTOSAR準拠およびnon-AUTOSARコードベースのV-ECU生成
  • AUTOSAR Adaptive Platform用のV-ECUの作成
  • アプリケーションソフトウェアのテスト用に、V-ECUにdSPACEベーシックソフトウェアを含めることが可能
  • ベーシックソフトウェアまたは現実的なベーシックソフトウェア関数が必要な関数のテスト用に、量産ベーシックソフトウェアを統合可能
  • アプリケーションソフトウェアのテストに対して、必要なベーシックソフトウェアモジュールのほぼ完全な自動設定および生成が可能
  • 診断テストや、完全なECUソフトウェアのテスト用などの、ユーザ固有のベーシックソフトウェアモジュール(オプション)の統合
  • VEOSでのシミュレーション中にV-ECUをスリープ状態に移行させ、再びウェイクアップさせることが可能
  • VEOS用にAUTOSAR MCALモジュール、ICUをベースとしたベーシックソフトウェアを新たにサポート
  • V-ECUに独自のベーシックソフトウェアを含める際に、これらの新しいMCALモジュールもベースとすることが可能:SPI(Serial Peripheral interface)、APU(回転角度処理ユニット)、およびLINスレーブ
  • メモリセクションを含むA2Lファイルの生成
  • ラッパーにより、既存のClassic AUTOSARソフトウェアコンポーネントをアダプティブアプリケーションに変更可能
開発プロセスのサポート
  • システムアーキテクチャおよびECUソフトウェアの包括的なルールベースによる、一貫性、正確性、および完全性の検証
  • dSPACEのコード生成ツールであるTargetLinkとの容易なデータ交換
  • AUTOSARに準拠したあらゆるベーシックソフトウェア設定ツールと連携して使用可能
  • Classic AUTOSARリビジョン(R4.4.0、R4.3.1、R4.3.0、R4.2.2、R4.2.1、R4.1.3、R4.1.2、R4.1.1、R4.0.3、およびR4.0.2)のサポート
  • Adaptive AUTOSAR Release 18.10のサポート
  • 立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジの検出またはカムシャフトセンサ用などの角度ベースのイベントの生成など、V-ECUへの現実的なセンサ入力のための機能を保持
  • レポート生成、ソフトウェアアーキテクチャの作成、V-ECUの自動生成などのタスクを自動化する完全にドキュメント化された自動化API
  • IBM® Rational® DOORS®などの要件管理ツール内の単一要件とモデルエレメントとの間をハイパーリンクで接続
  • Python 3.6でのスクリプト実行
1) SystemDesk 5.xのみ

SILテスト向けの有効かつ現実的なテスト対象システム(SUT)の作成

A V-ECU はSIL環境で実行できるECUソフトウェアです。V-ECUは、Classic AUTOSAR、AUTOSAR非準拠のコード、Adaptive AUTOSAR、さらにはPOSIXアプリケーションをベースにして作成することができます。SystemDeskでは、SILテスト向けのあらゆる種類のV-ECUの作成を完全にサポートしています。

Classic AUTOSARのコンテキストでは、テスト対象機能の量産コードをアプリケーションレベルでのみ、またはベーシックソフトウェアを含めた形でV-ECUに格納することができます。V-ECUは、アプリケーションソフトウェア、ベーシックdSPACEソフトウェア、またはお客様独自のベーシックソフトウェアを含めて作成することができます。ベーシックdSPACEソフトウェアを使用すると、AUTOSARに関する深い知識がなくてもV-ECUをすばやく簡単に作成することができます。さらに、独自のベーシックソフトウェアを統合すれば、より現実的なバーチャルECUを用いて実ECUをシミュレートすることができます。また、従来型のV-ECUの土台としてAUTOSAR非準拠のコードを使用することもできます。その場合は、機能、機能のサイクルタイム、およびインターフェースを入力します。 V-ECU は、ベーシックソフトウェアを使用することで、非AUTOSAR ECU向けに作成することもできます。

従来のコンテキストのV-ECUに加え、ダイナミックアーキテクチャベースのV-ECUも作成可能です。これには、POSIXアプリケーションと Adaptive AUTOSARが両方含まれます 。Adaptive AUTOSARは、ミドルウェアと呼ばれるアプリケーションレベルからは独立した形でランタイム環境を使用する各種のアーキテクチャを備えています。これにより、AUTOSARで標準化されたミドルウェア機能は継続的に使用しながら、アプリケーションを柔軟に入れ替えたりアップデートしたりすることができます。V-ECUの場合、お客様独自のミドルウェア、またはAUTOSAR Adaptive Platform Demonstratorによって提供されるミドルウェアのいずれかを使用することができます。

VEOSを使用すると、完成したV-ECUをシミュレートしたり、ソフトウェアの妥当性をPCベースのシミュレーションで確認したりすることができます。もちろん、適応環境の Linuxベースの V-ECUにも適用可能です。また、ControlDeskなどの試験ソフトウェアも使用して結果を評価することができます。

変更するソフトウェア内の動作を定義しましたか? それには、SystemDeskでソフトウェアアーキテクチャをロードし、必要なコンポーネントを変更するかCコードを調整するだけです。V-ECUを再生成した後は、変更結果をVEOSで直接確認することができます。これは、有効な結果をすばやく実現するための近道です。

お客様のテストに最適なV-ECU

SystemDeskは、最終的な実ECUを実現するための開発プロセスにおいて、V-ECUのサポートをアプリケーション、シミュレーションBSW、および量産BSWレベルで行います。

Application-Level V-ECUs

Application-level V-ECUs can be used to perform comprehensive functional testing on application software. Both individual software components and a complete application software can serve as the basis for the V-ECU. Even at this initial level, the V-ECU can be used within a continuous testing process to detect errors early on in the development process.

Simulation BSW V-ECUs

In addition to the first level, the second V-ECU level includes non-productive basic software that was created only for this specific V-ECU and its simulation. Thus, the V-ECU can be connected to a virtual bus and tested in a broader context.

Production BSW V-ECUs

In addition to the application software, production BSW V-ECUs also contain the productive basic software. Thus, they simulate the hardware-independent software of the real ECU. Because these V-ECUs are suited for complete ECU software tests, they are often used by ECU managers in HIL frontloading.

Modeling Your Software Architecture

Create your own AUTOSAR software architecture from scratch or enhance an existing architecture.

SystemDesk offers comprehensive modeling tools. For example, you can create individual or multiple software components down to the last detail before combining them into an integrated composition. As a result, it is possible to model the entire application layer of an individual ECU or even application software spread out across multiple ECUs.

The modeling of a classic AUTOSAR architecture is supported in SystemDesk by intuitive preconfigured dialogs to maintain an overview of your model at all times. The comprehensive graphical support not only helps you use the product for the first time but also promotes efficient work with reduced errors in large-scale projects. 

In such large-scale projects, AUTOSAR files are usually stored centrally in a version management system, such as git, so that various developers and architects can work separately and in parallel. If any conflicts arise or if you simply want to obtain a quick overview of any changes, dSPACE AUTOSAR Compare supports you completely independently of your other tools. Combined with SystemDesk, you can even display the differences between a specific file and the current project state in SystemDesk.

To improve the quality of the projects, SystemDesk includes a function for the comprehensive, rule-based validation of consistency and correctness.You can validate both the entire architecture and individual components or elements from the dialogs.

To provide even more comfort, SystemDesk can help you automate recurring tasks. An advanced API allows for a high level of automation using simple Python scripts.

出発点から完全なSILへ

SystemDeskによってソフトウェアアーキテクチャベースでV-ECUを作成しました。これにより、コスト効果の高い柔軟なSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションを開始できます。V-ECUの優れたスケーラビリティを活用すると、HILテストにかかる貴重な時間を節約したり、各種のテストを同時に実行したりできるだけでなく、開発者のPCでテストを直接実行することもできます。レベル1 V-ECUはレストバスとしてSCALEXIOで使用することもできます。

dSPACEでは、SystemDeskを既存のツールチェーンに簡単に統合するための互換製品だけでなく、SILのワークフローを最適化するための互換製品も提供しています。たとえば、1つ以上のV-ECUをVEOSでシミュレートし、現実的な環境でテストすることができます。ControlDeskでは簡潔な一覧に基づいてすべての値を評価でき、AutomationDeskではテスト全体を自動で実行することができます。

AUTOSARファイルを中央に保存すれば、各種開発者と設計者がgitなどのバージョン管理システムでこれらのすべての製品に同時にアクセスすることができます。競合が発生した場合や、変更の簡易一覧を取得したいだけの場合は、dSPACE AUTOSAR Compareを使用すれば、他のツールとは完全に独立した形でサポートが提供されます。

SILまたはdSPACEのSILツールチェーンを初めて使用する予定ですか? dSPACEのエキスパートが、シミュレーションと妥当性確認プロセスの導入をお手伝いします。

We would be happy to advise you on how to achieve your goals during your next steps in the SIL world.

Our engineering services can help make this start or changeover as easy as possible for you.

  • Integrating SystemDesk into your specific development processes
  • Migrating your architectures
  • Helping you install AUTOSAR
  • Analyzing your models to increase efficiency and safety
  • Developing specially adjusted scripts for your tool automation

You are planning on using SIL or our SIL tool chain for the first time? Our experts would be happy to help you set out on your simulation and validation journey.

  • SystemDesk 製品情報, PDF, 日本語, 2012 KB
  • SystemDesk 製品情報, PDF, 日本語, 2012 KB
その他の情報 成功事例 サポート Documentation お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き