SystemDesk 5.6

V-ECUのFMUのエクスポート

SystemDesk 5.6では、V-ECUのFMUのエクスポートが主な新機能として追加されました。CANバスのみを使用する場合は、この機能はレベル1、レベル2、およびレベル3のV-ECUに適用できます。特にサプライヤがこの新機能を使用すると、dSPACE SILソリューションを用いてV-ECUを作成およびシミュレートし、そのV-ECUをSILシミュレーション用のFMUとしてOEMメーカーに引き渡すことができます。多くのOEMメーカーがサプライヤのFMUを必要としている現在、dSPACEのお客様(サプライヤ)は追加コストなしで顧客(OEMメーカー)の要件を容易に満たせるようになります。

dSPACEが業界をリードするこの新機能により、サプライヤは詳細なバスシミュレーションにおいてレベル1~レベル3のV-ECUをサポートできるだけでなく、OEMメーカーとのやり取りにおいてまさに必要なFMUを提供することができます。

製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き