dSPACE AUTOSAR Compare

2つのバージョンのAUTOSARアーティファクトを比較

dSPACE AUTOSAR Compareは、AUTOSARに特化した比較ツールです。dSPACE AUTOSAR Compareは、2つのバージョンのAUTOSARアーティファクトをAUTOSARエレメントレベルで相互に比較します。

適用分野

AUTOSAR準拠のECUの開発では、AUTOSARの標準化されたワークフローに従い、開発者がAUTOSARアーティファクト(ARXMLファイル)をやり取りします。異なるバージョンのAUTOSARアーティファクトは、開発プロセスにおける別の工程で異なるツールを使用する複数の開発者が互いにARXMLファイルを交換した場合などに発生します。たとえば、TargetLinkのソフトウェア開発者は、SystemDeskを使用するソフトウェアアーキテクトのARXMLファイルを受け取ります。この2人の作業者の例では、ARXMLファイルに不整合が生じ得る状況がいくつかあります。1つは、TargetLinkの開発者がARXMLファイルを使用する間にアーキテクチャが進化する場合です。ただし、ARXMLファイルには残りのワークフローにも関連する情報が含まれているため、両者間のARXMLファイルは一致していなければなりません。

主な利用効果

dSPACE AUTOSAR Compareは、AUTOSARに特化した比較ツールです。dSPACE AUTOSAR Compareは、2つのバージョンのAUTOSARアーティファクトをAUTOSARエレメントレベルで相互に比較します。dSPACE AUTOSAR Compareでは、AUTOSARエレメントがツリー状のビューに表示され、発生している内在的な相違がビジュアル表示されます。ARXMLファイル間の相違は、手作業または自動でマージすることができます。自動プロセスでは、(規定またはお客様個人の)ルールセットにより相違がマージされます。後者は特に、継続的統合など、反復的かつ連続的に実行される開発ステップに有用です。

機能 説明
全般
  • AUTOSARアーティファクトの相違を検出してビジュアル表示することにより、簡単かつ便利に変更を一望することが可能
  • ツリーを使用した手作業でのマージにより、マージプロセスを完全に制御
  • 依存関係をインテリジェントに検出することにより、手作業によるマージ操作をサポート
  • ルールに基づいた自動マージにより、相違をマージするというエラーの発生しやすい反復的な作業においても安全性と快適性が向上
  • あらかじめ設定された専用のルールセットにより、SystemDeskおよびTargetLink間でコンテナをやり取り
  • 個別のルールセットの定義により、プロジェクト固有の予備手段を講じることなく開発プロセスを迅速に遂行可能
  • 比較およびマージタスク専用のレポートを生成
  • 継続的統合などの自動作業に対応したコマンドラインインターフェース

  • dSPACE AUTOSAR Compare 製品情報, PDF, 日本語, 379 KB
  • システムアーキテクチャ 複雑なECUソフトウエアアーキテクチャの開発
  • AUTOSARテクノロジ dSPACEは、AUTOSAR Adaptive PlatformおよびAUTOSAR Classic Platformに準拠したECUソフトウェアの開発をサポートしています。
  • SystemDesk Particular support information for SystemDesk
  • 動画

    ニュースレターを購読します

    メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き