dSPACE AUTOSAR Compare

2つのAUTOSARファイルを容易に比較

dSPACE AUTOSAR Compareは、ClassicおよびAdaptive AUTOSARに特化した比較ツールであり、2つのAUTOSARファイル間の差異を検出してマージします。

適用分野

AUTOSAR(ARXML)ファイルを使用すると、どのような分散型の開発環境であっても、同僚や顧客、サプライヤが行ったファイルの変更を容易に確認することができます。差異をテキストベースでビジュアル表示する製品は存在しますが、XMLベースのAUTOSAR規格やARXMLファイル内の多くのエレメントの依存関係をテキストベースで比較する作業は複雑過ぎます。しかし、dSPACE AUTOSAR Compareを使用するとエレメントレベルで比較を行えるため、関連する差異を一覧表示でより適切に確認することができます。

主な利用効果

dSPACE AUTOSAR Compareは、Classic AUTOSARおよびAdaptive AUTOSARを比較するための専用ツールであり、常に各種エレメント間の依存関係を考慮しつつ、2つのAUTOSARファイル間の差異を検出してマージします。また、すべてのプロパティや子エレメントも含めてエレメントを比較し、一覧を明確なツリービューで表示します。フィルタリングを実行すれば、各種の差異や不足エレメント、さらにはUUIDの違いといった重要度の低い差異なども検出できます。バージョン管理システムであるGitにdSPACE AUTOSAR Compareを統合すれば、リビジョンが異なるARXMLファイル間の差異を表示し、マージの競合に対応することができます。

機能 説明
全般
  • AUTOSARアーティファクトの相違を検出してビジュアル表示することにより、簡単かつ便利に変更を一望することが可能
  • Gitのバージョン管理システムへの統合が可能
  • ツリーを使用した手作業でのマージにより、マージプロセスを完全に制御
  • 依存関係をインテリジェントに検出することにより、手作業によるマージ操作をサポート
  • ルールベースの自動マージにより、相違をマージするというエラーの発生しやすい反復的な作業を減らし、安全性と快適性が向上
  • TargetLinkおよびSystemDeskでの作業用のあらかじめ設定されたルールセット
  • 個別のルールセットの定義により、プロジェクト固有の予備手段を講じることなく開発プロセスを迅速に遂行可能
  • 比較およびマージタスク専用のレポートを生成
  • 継続的インテグレーションなどの自動作業に対応したコマンドラインインターフェース
  • 4.0からR20-11までのClassic AUTOSARバージョンをサポート

  • Adaptive AUTOSARバージョンR20-11をサポート

  • dSPACE AUTOSAR Compare 製品情報, PDF, 日本語, 343 KB
その他の情報 関連項目 動画

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き