For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:AUTOSARソフトウェアアーキテクチャのモデリング

AUTOSARに準拠したアーキテクチャおよびシステムのモデリングでは、ECUソフトウェアの構造全体の定義および設計が必要なため、作業は極めて複雑になります。dSPACEでは、SystemDeskを使用したソフトウェアアーキテクチャ専用のAUTOSARオーサリングツールを提供しています。

直感的な作業環境

システムに応じて異なる一覧表示機能で対応することにより、大規模かつ複雑なシステムにおける作業の簡素化を実現します。

SystemDeskでは、ユーザがコンポーネントの一覧やそれらの接続状況をいつでも明確に把握できるグラフィカルな作業環境を提供しています。

たとえば、選択したソフトウェアコンポーネントを表示し、それらの間での接続状況を確認するための1つのソフトウェア構成に対して、異なるコンポジションダイアグラムを作成することができます。これにより、特に大規模な量産プロジェクトにおいて、常にこれから起こるタスクに集中できるようになるため、作業の効率化が可能です。

SystemDeskでは、使用されているアプリケーションデータタイプに応じて適切な実装データタイプを自動的に選択するという場合などのエラーが発生しやすく時間のかかるタスクへのサポートを提供しています。

dSPACEがAUTOSARに準拠したシステムのモデリングをサポート

  • 総合的な妥当性確認ルールに基づき、信頼性の高いモデル品質を実現
  • 機能コードを含めるようにするためTargetLinkと密接に連携
  • 完全にドキュメント化されたAPIにより、企業ごとに個別のプロセスを容易に統合
  • パートナーやプロジェクトメンバーとの間で、適応データ交換オプションに基づき信頼性の高い方式でデータを交換
  • 完全なAUTOSARスキーマをサポートすることで、現行のすべてのAUTOSAR 4.xリリースに対応

AUTOSARアーキテクチャの開発

まず、MATLAB®/Simulink®を使用して新しい機能を計画または開発します。その後、1つのソフトウェアコンポーネント(SWC)に含めるべき機能および使用するECUソフトウェアの全体的な構造を決定します。SystemDeskを使用すると、使用するSWCのアーキテクチャをグラフィカルに作成することができます。既に使用されているSWCの場合は、SWCをSystemDeskに適用して再利用します。

SystemDeskでは、開発プロセス全体を通して、ご使用のSWCにおけるバス通信のインポートや割り当てなど、必要となる手順のガイドを行う総合的なダイアログおよびエディタが提供されます。

また、SystemDeskには大規模な妥当性確認ルールが実装されており、設計のAUTOSAR規格の制限への準拠や設計の一貫性について継続的に確認することが可能です。これにより、AUTOSAR規格の要件に確実に準拠したシステムの開発が可能になります。また、独自に設定した妥当性確認ルールを追加したり、独自のルールセットを構築したりして、お客様の個別のニーズに合わせて最適な調整を行うこともできます。

信頼性の高いデータ交換

異なるツール間でAUTOSARデスクリプションファイルを使用すると、信頼性の高いデータ交換が容易に可能になります。

ECUソフトウェアの開発において、機能コードやベーシックソフトウェアなどのツール間や、サプライヤやOEMメーカーなどのパートナー間でのデータ交換は重要です。SystemDeskでは、AUTOSARオーサリングツールとして、AUTOSARデスクリプションファイル(arxml)のインポートやエクスポート、および機能コードやベーシックソフトウェアを含めるプロセスなど、さまざまなオプションをサポートしています。

SystemDeskでは、arxmlファイルの交換のためのさまざまなオプションを提供しており、多くの異なる使用事例を適切にサポートできるようにしています。たとえば、チームで作業している状況でOEMメーカーやサプライヤとの間でデータ交換を行う場合や、アーキテクチャをベーシックソフトウェア設定ツールに転送する場合などはその例です。

機能コードをSWCに含める場合、SystemDeskはdSPACEの量産コード生成ツールであるTargetLink®と密接に連携します。この2つのツールは、ARXMLファイルだけでなく、インプリメンテーションソースファイル、A2Lファイル、およびその他の有用なメタ情報を含むSWCコンテナを相互に交換します。これは、最小限のユーザ操作でAUTOSARラウンドトリップが実行できる分かりやすく、信頼性の高い方法です。

その他の情報