RTI CAN MultiMessage Blockset

dSPACEシステムとCAN通信ネットワークとの統合に使用

RTI CAN MultiMessage Blocksetは、Real-Time Interfaceの拡張で、dSPACEシステムをCAN通信ネットワークと組み合わせたり、CANネットワークを設定したりするために使用できます。

適用分野

RTI CAN MultiMessage Blocksetは、Real-Time Interface(RTI)の拡張で、dSPACEシステムをCAN通信ネットワークと組み合わせたり、CANネットワークを設定したりするのに使用できます。Simulink ® と完全に統合されており、SCALEXIO 1) 、MicroLabBox、およびMicroAutoBox IIなどのさまざまなdSPACE製品をサポートしています。RTI CAN MultiMessage Blocksetは、商用車およびオフロード車の分野で重要な役割を果たすJ1939プロトコルをサポートします。

パラメータとメッセージ

ControlDeskおよびAutomationDesk内におけるパラメータは、ユーザのトレースファイルを経由して直接アクセスできます。CANの設定(ControlDeskでのメッセージや信号の操作を含む)を容易に行うことができるように、Bus Navigatorもサポートされます。メッセージおよび信号のレベルで操作を柔軟に行なえるので膨大なテストケースを作成することが可能です。メッセージ内のシグナルの現在の値も定義できます。メッセージの自発的送信(キックアウト)や、あらかじめ設定されたメッセージの送信調整が可能です。さらに、メッセージは、メッセージまたは信号を操作しなくても、Gatewayブロックを経由して、2つのCANバス間で一方向または双方向に転送できます。メッセージの送信およびメッセージ操作のオプションは、実行中に変更できます。

主な利用効果

RTI CAN MultiMessage Blocksetを使用すると、1つのSimulink ® ブロックから多数のCANメッセージを制御、設定、操作できるようになります。CAN記述はデータベースコンテナ(DBC)、Field Bus Exchange Format(FIBEX)、またはAUTOSAR XML(ARXML)ファイルなどの通信マトリクス記述ファイルから容易に読み込むことができます。J1939およびCAN FD(Flexible Data Rate)プロトコルもサポートされています。これらの機能により、RTI CAN MultiMessage Blocksetは、複雑なCANセットアップを管理するための、時間およびコスト効率の高いソリューションになっています。

1) 2024年11月15日(サポート終了日)以降、RTI CAN MultiMessage BlocksetではSCALEXIOがサポートされなくなります。MicroAutoBox IIやMicroLabBoxなど、他のプラットフォームはこのブロックセットで引き続きサポートされます。

SCALEXIOプラットフォームの製品は、2023年5月15日までご購入いただけます。ソフトウェア保守サービスをご契約のお客様は、2024年11月15日まで、RTI CAN MultiMessage Blocksetの新しいリリース(バージョン)をご利用いただけます。dSPACE Release 2024-Bは、このブロックセットとSCALEXIOの組み合わせをサポートする最後のバージョンとなります。

RTI CAN MultiMessage Blocksetの対応範囲は、複数の利点を備えた後継製品であるBus Managerで既にサポートされています。移行に関するサポート情報やサポートツール(移行スクリプトなど)は、当社のウェブサイトでご確認いただけます。

機能 説明
全般
  • dSPACEシステムとCAN通信ネットワークを組み合わせてそのCANネットワークを設定するための、データベースファイルに対応したSimulinkブロックセット
  • 1つのSimulinkブロックから多数のメッセージを管理可能
  • ControlDesk Bus Navigatorのサポート
  • CAN FD(ISOおよび非ISO)のサポート
  • パーシャルネットワーキング
  • 信号操作やエラーシミュレーション/検出など、通信動作における動的な変更
初期化および設定
  • ボーレート、サンプリングモード、ビットタイミングパラメータなどの設定
  • DBC、FIBEX、およびAUTOSARファイルのサポート 1)
  • カスタムパーサ経由でのユーザ定義データベースのサポート
  • 1つのモデルで複数のデータベースファイルを同時に使用可能(複数データベースファイルのサポート)
  • 実行時に切り替え可能な複数のデータベースファイルバリアントのサポート
信号およびメッセージの処理
  • 複数、高速、ECU依存の送受信メッセージの選択
  • 受信メッセージの結果イベントとしてメッセージを送信するためのトリガ反応
  • データベースファイルによって与えられた読み取り専用データを使用してメッセージを構成
  • すべての送信(TX)メッセージは、送信確認のために自動的に受信される(ループバック)
  • メッセージ操作または信号操作なしで一方向または双方向に2つのCANバス間でメッセージを転送するためのGatewayブロック
  • 実行時に設定可能な2本のCANバス間のメッセージ転送(ゲートウェイ)
  • ゲートウェイ信号からカウンタなどのその他のソースへの直接切り替え
  • 信号とメッセージを操作するための各種オプション
  • モデル内のどこにでも簡単にアクセスできるように、すべてのメッセージ、信号、ステータス情報をSimulinkバス経由で提供
  • タイムスタンプ情報のブロック出力:受信時間、送信時間、デルタ時間、遅延時間
  • 内蔵スケジューラによって、メッセージのさまざまなサイクルタイムや、優先度とバス負荷によるCAN準拠のスケジューリングをサポート。バス負荷の自動調整処理によってターンアラウンドタイムのピークを回避
  • バス設定を完全にするための複数のサンプリング時間とタスク
  • リモート/リクエストメッセージのサポートなし
  • カスタムCRC機能
  • メッセージ内でのパリティ計算
  • メッセージ内でのカウンタ
  • メッセージ内でのトグル
  • 生データまたは信号を操作するためのカスタムコード機能
  • Simulinkへの入力またはSimulinkからの出力として生データを操作
  • 試験ソフトウェア(AutomationDesk、ControlDesk)内から生データを操作
  • データベースに依存しないRAWメッセージの設定
  • メッセージのキャプチャ:指定したフィルタレンジ内のメッセージをSimulinkへのストリームとして受信
  • 指定した送信回数に対して異なるカウンタ値や信号値など特定の信号動作で、試験ソフトウェアからCAN信号を変更可能
  • 実行時のCANメッセージの変更
  • 動的メッセージトリガ:グローバル有効化、自発的送信(キックアウト)、周期的なメッセージのアクティブ化など
  • 実行時にIDと長さを含むメッセージ定義の変更が可能
  • フレッシュネス値およびMACの操作
割込み
  • 割込みのサポートなし
  • トリガのサポート
J1939のサポート
  • J1939 DBC Format
  • J1939 Network Management(Address Claim)
  • J1939 Broadcast Announce Messages(BAM)
  • J1939 Request to Send/Clear to Send(RTS/CTS)
  • 詳細については、dSPACEにお問い合わせください
AUTOSAR機能のサポート
  • 静的および動的コンテナIPDU
  • エンドトゥエンドの保護
  • セキュアオンボード通信
  • グローバル時間同期
1) dSPACEがサポートしている通信規格や該当するバージョンについての詳細は、 ここ をクリックしてください。

  • RTI CAN MultiMessage Blockset 製品情報, PDF, 日本語, 514 KB
その他の情報 サポート お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き