Real-Time Interface(RTI)

dSPACEハードウェア上でモデルを稼動させるための実装ソフトウェア

RTIを使用することで、開発者は実際の設計プロセスに完全に集中し、また設計作業を迅速に繰り返して行うことができます。RTIはCコード生成ツールSimulink Coder™(旧称、Real-Time Workshop®)を拡張し、リアルタイムハードウェア上でのSimulinkおよびStateflowモデルのシームレスな自動実装を実現します。

適用分野

ラピッドコントロールプロトタイピング時やHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション時、Real-Time Interface(RTI)は、dSPACEハードウェアと開発ソフトウェアMATLAB/Simulink/Stateflow(MathWorks®社)の間のリンクを提供します。

RTIでの作業

モデルをdSPACE I/Oボードに接続するには、RTIブロックライブラリから入出力モジュールをモデル上にドラッグしてSimulinkブロックに接続します。パラメータ設定などすべての設定は、適切なブロックをクリックして行うことができます。RTIはSimulinkモデルにdSPACEシステムの入出力機能を実装するブロックを提供し、Simulink Coder™(旧称、Real-Time Workshop®)はモデルコードを生成することにより、リアルタイムアプリケーション向けのモデルを準備します。開発者が1行もコードを書くことなく、リアルタイムモデルがリアルタイムハードウェア上で自動的にコンパイル、ダウンロードされ、起動されます。RTIはユーザの設定作業をサポートします。RTIでは整合性チェックが行われるため、ビルドプロセスの前または最中に潜在的なエラーを特定および修正することができます。

包括的な機能

RTIは、連続系、離散系、およびマルチレートシステムなどあらゆる種類のシステムを処理します。入出力ハードウェアにより、同じI/Oボード上でチャンネルごとにサンプリングレートを変えることができます。さらに、異なるサブシステムで使用することも可能です。RTIは非同期イベントをサポートしているため、割込み駆動型のサブシステムを実行するときに、タスク優先度やタスクオーバーラン方式を設定できます。また、時間駆動型のタスクとタイムテーブルもサポートしているため、タスクおよびタスクのグループに対し、関連付けられたトリガイベントに関して、可変のまたはあらかじめ設定された遅延時間を実装することができます。これにより、モデルのタスクを非常に柔軟に処理することが可能です。さらに、RTIはチャンネルの二重使用や誤った使用を防止するために役立つチェック機能も提供します。

利用効果

RTIを使用することで、開発者は実際の設計プロセスに完全に集中し、また設計作業を迅速に繰り返して行うことができます。RTIはCコード生成ツールSimulink Coder™(旧称、Real-Time Workshop®)を拡張し、リアルタイムハードウェア上でのSimulinkおよびStateflowモデルのシームレスな自動実装を実現します。これにより、実装時間は大幅に短縮されます。RTIはハードウェアの設定手順を段階的に示し、自動整合性チェックを実施して、パラメータ設定のエラーを回避します。高い柔軟性を実現するために、RTIの各バージョンでは複数の異なるMATLABリリースをサポートしています(www.dspace.jp/goto.cfm/ja_0906を参照)。RTIの新しいバージョンを使用することにより、MATLABおよびRTIの以前のリリースのほとんどのモデルを自動的に移行できます。

Functionality Description
I/O configuration
  • Comprehensive block library for specifying the hardware setup
  • Configuration of dSPACE I/O simply by connecting the relevant blocks to the Simulink blocks
  • I/O parameter specification, such as voltage ranges, resolutions, digital I/O, serial interface parameters, and PWM frequencies
  • Automatic checks on parameter ranges and consistency
  • I/O access anywhere in your model and at different sample rates
  • Separate blocks for different functions of complex I/O modules
  • Data typing and data-typed I/O
  • Asynchronous execution of Simulink subsystems triggered by hardware or software interrupts
  • S-functions and user-written code
Generating real-time code
  • Generation of C code by Simulink Coder™ (formerly Real-Time Workshop®)
  • C code optimization for real-time implementations
  • Support of Simulink Coder (formerly Real-Time Workshop) code optimizations
  • Generation of initialization functions and I/O function calls
Automatic task definition
  • Support of multirate systems and preemptive, priority-based multitasking
  • Single timer and multiple timer task mode
  • Asynchronous tasks
  • External hardware interrupts
  • Software interrupts
  • Configurable priority and overrun handling for each task
  • Turnaround time measurement for each task
  • Optional synchronization of periodic timer tasks to external events
  • Time-triggered tasks and timetables
  • Non-real-time simulation modes
Invoking the compiler
  • Automatic compiler call that compiles and links the model
Loading and starting the application
  • Program download to the real-time hardware
  • Simulation control
  • Interactive control, monitoring, and data acquisition with ControlDesk
  • Data acquisition with time stamps, for example, directly on MicroAutoBox II for long-term simulation

  • Real-Time Interface (RTI) 製品情報, PDF, 日本語, 1025 KB
関連項目 Documentation お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き