For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE FlexRay Configuration Package

FlexRayネットワークにおけるdSPACEシステムの設定

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEハードウェアをFlexRayネットワークのシミュレーションノードまたは監視ノードとして統合するために使用します。

適用分野

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEハードウェアをFlexRayネットワークのシミュレーションノードまたは監視ノードとして統合するために使用します。ノードは、FlexRayバス経由で送信される信号とフレームのスケジューリング情報を含む通信マトリクスに従い、dSPACE FlexRay Configuration Toolを使用して設定します。通信情報は、RTI FlexRay Configuration Blockset経由でMATLAB®/Simulinkモデルにリンクされます。作成されたFlexRayアプリケーションは、dSPACEシステム上で実行できます。

利用効果

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEのリアルタイムシステムでFlexRayを使用するための拡張ソリューションであり、dSPACE FlexRay Configuration ToolとRTI FlexRay Configuration Blocksetの2つの部分で構成されています。このパッケージはFlexRayの設定を容易にし、FlexRayの複雑さをほとんど意識せずに作業できます。設定はプロジェクトファイルとして保存や交換ができます。dSPACE FlexRay Configuration Packageは、FlexRayプロトコルの先進ユーザ各社との密接な協力関係をベースに設計されているため、ユーザの要件を確実に満たします。

dSPACE FlexRay Configuration Tool

dSPACE FlexRay Configuration Toolは、dSPACEシステムをFlexRayネットワークのシミュレーションノードとして設定するためのツールです。このツールは、FIBEXまたはAUTOSAR XML形式のネットワークデータとスケジューリングデータを必要とします。通信記述をインポートすると、多数の整合性チェックが実行されます。各種のビューを使って、FlexRayの設定を簡単に管理できます。通信コードとコントローラ設定は、このツールを使って生成します。

RTI FlexRay Configuration Blockset

アプリケーション固有のSimulinkモデルは、RTI FlexRay Configuration Blocksetを使用して作成することができます。ブロックの属性には、dSPACE FlexRay Configuration Toolによって生成されたデータが適用されます。このブロックセットには、タスクの実行制御、割込みとエラー処理、ステータス情報、およびコントローラのリセットに使用できる追加のブロックセットが含まれています。RTI FlexRay Configuration Blocksetは、AUTOSARでも使用されるプロトコルデータユニット(PDU)の送受信をサポートしています。PDUは複数の信号で構成されており、この信号はPDU当たりSimulinkブロックを1つだけ使用してモデル内で処理できます。

dSPACE FlexRay Configuration Tool

Functionality Description
Importing communication descriptions1)
  • Reads communication descriptions for FlexRay and validates via plausibility checks
  • Ignores irrelevant data
  • Supports various FIBEX versions2)
  • Supports various AUTOSAR System Template versions2)
Handling
  • Hierarchical view of the communication description
  • Visualizes parameters
  • Filter and view options, as well as search masks for handling larger descriptions
  • Generates a report for the present configuration
Signal and frame selection
  • Select signals, PDUs and frames for creating blocks with the RTI FlexRay Configuration Blockset (for use in simulation)
  • All the frames sent to a real ECU are automatically identified and configured for simulation (restbus simulation)
PDU handling
  • PDU update bit manipulation
  • Alive counter for PDUs
  • CRC check for PDUs by user CRC C-code file
  • Raw data access for PDUs
Frame handling
  • Raw data access for frames with or without signals
  • CRC check for frames by user CRC C-code file
  • Enable/disable static frames via software: A null frame or old value (CHI Code option) is sent
  • Enable/disable buffers of static slots via hardware: There is no bus activity in the slots
Task configuration
  • Generate and configure communication tasks automatically or manually and according to the selected signals, PDUs and frames
  • Consistency checks for eliminating invalid configurations in tasks
  • Configure dSPACE hardware, including the connected FlexRay communication controllers
Support of AUTOSAR functions3)
  • Support of container IPDU
  • Support of end-to-end protection
  • Support of secure onboard communication
  • Support of global time synchronization
1) dSPACE tools for FlexRay rely on the existence of a communication description containing information for time-triggered message scheduling. The information is used to configure a dSPACE hardware platform to communicate messages, using a MATLAB/Simulink model for handling the messages.
2) Please contact dSPACE for supported versions.
3) For more information, please contact dSPACE.

RTI FlexRay Configuration Blockset

Functionality Description
Model generation
  • Generates MATLAB/Simulink blocks for FlexRay communication
  • Combine the model frames with application models, for example, for function prototyping or restbus simulation.
  • Blocks for FlexRay controllers, tasks, and synchronization settings
  • Trigger blocks for dynamic frames
  • Blocks for sending and receiving protocol data units (PDUs)
Simulation stage
  • Use a dSPACE platform as a monitoring or simulation node in a FlexRay communication system

関連項目 製品情報 お問い合わせ