For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE FlexRay Configuration Package

FlexRayネットワークにおけるdSPACEシステムの設定

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEハードウエアをFlexRayネットワークのシミュレーションノードまたは監視ノードとして統合するために使用します。

適用分野

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEハードウエアをFlexRayネットワークのシミュレーションノードまたは監視ノードとして統合するために使用します。ノードは、FlexRayバス経由で送信される信号とフレームのスケジューリング情報を含む通信マトリクスに従い、dSPACE FlexRay Configuration Toolを使用して設定します。通信情報は、RTI FlexRay Configuration Blockset経由でMATLAB®/Simulinkモデルにリンクされます。作成されたFlexRayアプリケーションは、dSPACEシステム上で実行できます。

利用効果

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEのMicroAutoBox® IIまたはモジュール型システムでFlexRayを使用するための広範なソリューションです。このパッケージはFlexRayの設定を容易にし、FlexRayの複雑さをほとんど意識せずに作業できます。設定をプロジェクトファイルとして保存したり、必要なFlexRayコントローラの数を最適化したりできます。dSPACE FlexRay Configuration Packageは、FlexRayプロトコルの先進ユーザ各社との密接な協力関係をベースに設計されているため、ユーザの要件を確実に満たします。このパッケージは2系統のFlexRayチャンネルをサポートしています。

dSPACE FlexRay Configuration Tool

dSPACE FlexRay Configuration Toolは、dSPACEシステムをFlexRayネットワークのシミュレーションノードとして設定するためのツールです。このツールは、FIBEXまたはAUTOSAR XML形式のネットワークデータとスケジューリングデータを必要とします。通信記述をインポートすると、多数の整合性チェックが実行されます。各種のビューを使って、FlexRayの設定を簡単に管理できます。通信コードとコントローラ設定は、このツールを使って生成します。

RTI FlexRay Configuration Blockset

アプリケーション固有のSimulinkモデルは、RTI FlexRay Configuration Blocksetを使用して作成することができます。ブロックの属性には、dSPACE FlexRay Configuration Toolによって生成されたデータが使用されます。このブロックセットには、タスクの実行制御、割込みとエラー処理、ステータス情報、およびコントローラのリセットに使用できる追加のブロックセットが含まれています。RTI FlexRay Configuration Blocksetは、AUTOSARでも使用されるプロトコルデータユニット(PDU)の送受信をサポートしています。PDUは複数の信号で構成されており、この信号はPDU当たりSimulinkブロックを1つだけ使用してモデル内で処理できます。

dSPACE FlexRay Configuration Tool

機能 説明
通信記述のインポート1)
  • FlexRayの通信記述の読み取りと妥当性チェックによる確認
  • 無関係なデータを無視
  • 各種FIBEXバージョンのサポート(バージョン3.xおよび4.1を含む)2)
  • 各種AUTOSAR System Templateバージョンのサポート(バージョン4.xを含む)2)
操作
  • 通信記述の階層ビュー
  • パラメータのビジュアル表示
  • フィルタとビューオプション、量の多い記述の取り扱いを容易にするための検索マスク
  • 現在の設定のレポートを生成。
信号とフレームの選択
  • 信号とフレームの選択
  • RTI FlexRay Configuration Blocksetでブロックを作成するための信号、PDU、およびフレームの選択(シミュレーションで使用)
  • 実ECUに送信されるすべてのフレームをシミュレーション(レストバスシミュレーション)用に自動的に識別して設定。
PDUの処理
  • PDUの処理
  • PDUアップデートビットの操作
  • PDUの稼働カウンタ
  • ユーザのCRC Cコードファイルによる、PDUに対するCRCチェック
  • PDUの生データアクセス
フレーム処理
  • フレーム処理
  • 信号があるフレームまたは信号がないフレームに対する生データのアクセス
  • ユーザのCRC Cコードファイルによる、フレームに対するCRCチェック
  • ソフトウエア経由での静的なフレームの有効化/無効化:ヌルフレームまたは古い値(CHI Codeオプション)が送信される。
  • 静的スロットバッファのハードウエアを経由した有効化/無効化:スロットでのバス動作なし。
タスク設定
  • タスク設定
  • 通信タスクを、選択した信号、PDU、およびフレームに基づいて自動または手動で生成および設定
  • タスク間の無効な設定をなくすための整合性チェック
  • 接続されているFlexRay通信コントローラをはじめとするdSPACEハードウエアの設定。

 

1) FlexRay対応dSPACEツールは、タイムトリガ型メッセージのスケジューリング情報を含む通信記述があるかどうかに依存します。この情報は、メッセージを処理するためにMATLAB/Simulinkモデルを使用して、dSPACEハードウエアプラットフォームとの通信を設定するために使用します。
2) サポートするバージョンについては、dSPACEにお問い合わせください。

RTI FlexRay Configuration Blockset

機能 説明
モデルの生成
  • FlexRay通信用MATLAB/Simulinkブロックの生成。
  • ファンクションプロトタイピングもしくはレストバスシミュレーションなどのアプリケーションモデルとモデルフレームの組み合わせ。
  • FlexRayコントローラ、タスク、および同期を設定するためのブロック
  • 動的フレームのトリガブロック
  • プロトコルデータユニット(PDU)を送受信するためのブロック
シミュレーション段階
  • FlexRay通信システムの監視またはシミュレーションノードとしてdSPACEプラットフォームを使用。

関連項目 製品情報