For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE Release 6.2
2008年7月リリース

dSPACE Release 6.2の主な新機能は以下のとおりです。

製品 詳細

ASM 1.6

  • ASM Vehicle DynamicsおよびASM Brake Hydraulicsモデルのオペレータバージョン
  • 新しいコンポーネントライブラリ:ASM Electric Components
  • 異なるdSPACEバージョンのパラメータセットがModelDeskで移行可能
  • すべてのコンポーネントライブラリにおいてバグ修正と機能強化

AutomationDesk® 2.1
(Real-Time Testing 1.4が付属)

AutomationDesk:
  • Remote Diagnostics(COM)ライブラリの拡張
  • ControlDesk Failure Simulation 1.5のサポート(新しいDS1450 Bus FIU Boardを使用 *)
Real-Time Testing:
  • 動的データ再生
  • マルチプロセッサシステムでの透過性の高い変数アクセス
  • 標準Pythonライブラリ(stdlib.bcg)を小型化してメモリ占有量を削減

ControlDesk® Failure Simulation 1.5

  • DS1450 Bus FIU Boardのサポート *

ControlDesk 3.2.2

  • ControlDesk Failure Simulation 1.5のサポート(新しいDS1450 Bus FIU Boardを使用 *)

ModelDesk 2.1

  • ModelDeskの以前のリリース(バージョン 1.0、1.0.1、1.1、2.0)のプロジェクト関連のエクスペリメントファイルの移行
  • バグ修正

RTI CAN Blockset 2.6.6

  • バグ修正と細かい機能強化

RTI CAN MultiMessage Blockset 2.3

  • Simulink®入力ポートによるオンラインでのボーレートの変更が可能
  • カウンタ動作の改良

RTI LIN Blockset 2.0.15

  • バグ修正と細かい機能強化

RTI LIN MultiMessage Blockset 1.5.1

  • バグ修正と細かい機能強化

RTI Bypass Blockset 2.4.1

  • CCPおよびXCP実装の改良
  • JTAG/OCDS経由のInfineon AUDO Future uCs(TC1767/97)のサポート

FlexRay Configuration Package 1.10

  • XCPフレームの設定
  • ログ記録と再生のサポート
  • ビットの更新とペイロード長の操作

TargetLink® 3.0

  • TargetLink Blocksetの再設計
  • モデル初期化の高速化、MILシミュレーションの高速化、TargetLinkモデルのファイルサイズの小型化による性能の向上
  • SimulinkとTargetLink MILシミュレーションとの相違を解消
  • dSPACE製の他のツールや、MathWorks社製またはサードパーティ製ツールとの統合が容易
  • モデルリファレンス機能
詳細については、以下を参照してください。 TargetLink 3.0

SystemDesk® 1.1

  • AUTOSAR R2.1 XMLファイル形式の互換性に関するアップデート
  • LDFファイルのインポートによるLINバスのサポート
  • Telelogic DOORSなどの要件管理ツールとの接続
  • ECUソフトウエアコンポジションの基本サポート
  • RTE生成の性能向上
  • Elektrobit tresos®など、AUTOSAR R2.1準拠のベーシックソフトウエア設定ツールとの接続
  • バグ修正と細かい機能強化

MATLABのサポート

  • R2006a+
  • R2006b
  • R2007a+
  • R2007b+
  • R2008a

 

* 使用可能な製品についてはdSPACE営業部にお問い合わせください。