For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE Release 5.1

次の表は、dSPACE Release 5.1の主な新機能の一覧です。

Product Details
ControlDesk® 2.8
  • 同期データ取得機能
  • FlexRay同期機能の強化
  • PPCファイル内にあるパラメータセットの直接更新
ControlDesk Failure Simulation 1.3 DS793を使用して、接点不良またはスイッチのバウンシングのシミュレーション:
  • 欠陥システムごとに1つのアクティブタイミングシーケンス
  • 欠陥パターンを使用して、各ピンに対して欠陥状態と正常状態を交互に切り替え
  • 2つの状態の時間間隔は20μs~81.9msの範囲
  • アクチュエータピンに対しては静的欠陥挿入のみ可能、センサピンは並列タイミングシーケンスに対応

CANCardXLサポートの利用が可能(欠陥シミュレーションのバージョン2の場合)
AutomationDesk® 1.3
  • オートメーションサーバ
  • ダイアログライブラリ
  • COM/DCOMインターフェース
  • DOORSインターフェース
MTest 1.4
  • MATLAB R2006aとの互換性
  • TargetLink 2.1.6との互換性
  • AutomationDesk 1.3との互換性
ConfigurationDesk® 1.1.1
  • SC-KNOCK 4/1(DS1635)ノック検出モジュールのサポート
  • バグ修正と細かい機能強化
RTI Bypass Blockset 2.1
  • DCI-GSI1のサポート(アドオンのインストールなし)
  • ASAP2ファイルブラウザでDisplayIdentifierを変数名として使用
  • XCP on CAN向けの静的DAQリストをサポート
  • XCP on CAN向けのPID Offをサポート
RTI CAN MultiMessage Blockset 1.3 処理:
  • メッセージ定義(DBCファイル)内で重複している信号を、メッセージバリエーションとして変換することが可能
基本機能:
  • ゲートウェイブロックは、2つの異なるDBCファイル、またはDBCファイルに含まれるメッセージIDをサポート
  • RTI CAN MultiMessage Blocksetのすべてのパラメータをデフォルト(TRCファイルエントリ)に戻すリセットボタン
操作オプション:
  • カウンタ信号のダイナミックバリュー(TXイベントの数を定義する場合):
    • ダイナミックインクリメント
    • ダイナミックバリュー(新規)
診断機能(RX):
  • カウンタ信号の誤りを検出する診断機能


J1939アドオン機能:

処理:
  • SAE規格J1939をサポート
基本機能:
  • 8バイト長またはそれ以下のPDU1/PDU2メッセージのみが送受信可能

RTI RPCU Blockset 1.2

バグ修正と細かい機能強化

ModelDesk 1.0.1
  • dSPACEモデル(Automotive Simulation Models 1.1)のパラメータ設定に対応したGUI
  • プロジェクト管理機能で、完全な車両パラメータセットを作成して操作
  • 運転計画および道路作成のためのManeuver EditorとRoad Generatorを搭載
  • dSPACE共通のデザインで提供されているASMコンポーネント(エンジン、環境、ドライブトレイン、車両コンポーネントなど)の設定ページd
  • Simulinkオフラインシミュレーションの操作性の向上
ASM 1.1
  • ASMEngineGasoline 1.1
  • ASMEngineDiesel 1.1
  • ASMDriveTrainBasic 1.1
  • ASMTurbocharger 1.0.2
  • ASMBrakeHydraulics 1.0
  • ASMParameterization 1.1