For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE Release 3.5

次の表は、dSPACE Release 3.5の主な新機能を示しています。これらの機能を使うことにより、プロジェクト所要期間を大幅に短縮できます。

ご不明な点がある場合は、販売代理店にお問い合わせください。

製品 新機能
MicroAutoBox
  • 8 MBのMicroAutoBoxがサポートされました(この機能は、dSPACE Release 3.4のパッチとして既にリリース済み)。
RTI
  • [Simulation Parameters]ダイアログボックスまたは[Multiprocessor Setup]ダイアログボックスに、すべてのコード生成オプションが追加されました。
RTI LIN Blockset
  • Local Interconnect Network(LIN)のマスタ/スレーブ機能がサポートされました(LINのスレーブ機能は、dSPACE Release 3.4の製品版で既にリリース済み)。
RTI CAN Blockset
  • 1台のCAN制御装置に対して複数のデータベースコンテナ(DBC)ファイルを指定できるようになりました。これにより、たとえば1つのモデルで複数のDBCファイルバージョンをテストできます (この機能は、RTI CAN Blockset 2.1で既にリリース済み、またRTI CAN Blockset 2.1は、dSPACE Release 3.4の製品版に付属)。
  • ゲートウェイ経由でのCANバス間通信が可能になりました。
  • プラットフォームの切り替えが可能になり、異なるCANプラットフォーム上で同じCANモデルを何度も再利用できるようになりました。
DS5001
  • RTLibでボードのタイムベースコネクタがサポートされたことで、他のDS5001ボード、DS2210ボード、またはDS4002ボードと同期化できるようになりました。
DS1103、MicroAutoBox、DS2210
  • RTLibによりCAN機能が強化され、処理可能なメッセージ数に制限がなくなりました(dSPACE Release 3.4に含まれているDS4302と同様)。
DS2003
  • RTLibの柔軟性が向上し、ボード上のA/Dコンバータのデータバッファの内容を読み出せるようになりました。
ControlDesk®
  • Python 2.2を使用してテストを自動化できるようになりました。
MotionDesk
  • 複数のPCをネットワーク接続した環境で、MotionDeskを利用できるようになりました。
  • MotionDeskの使い勝手を向上させるためのさまざまな機能が追加されました(例:モーションデータを移動可能オブジェクトにドラッグアンドドロップする機能)。



互換性情報

  • dSPACE Release 3.5のソフトウエアは、MATLAB® Release 13Simulink® 5.0.1およびReal-Time Workshop 5.0.1を含む)のパッチ適用済みバージョンと完全な互換性があります。MATLAB Release 12.1以前バージョンは、サポートされていません。
  • dSPACE Release 3.5のソフトウエアでは、Windows 98、Windows Me、Windows NT 4.0、Windows 2000、およびWindows XPがサポートされています。