For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE Release 5.2

次の表は、dSPACE Release 5.2の主な新機能を示しています。

dSPACE Release 5.2は、MMATLAB R13の全般的なサポートを提供する最新のdSPACE Releaseです。唯一の例外は、量産コード生成ツールのTargetLinkです。

製品 詳細

AutomationDesk® 1.4

  • Real-Time Testing 1.0
  • Python標準言語でのプログラムが可能なリアルタイムテスト
  • モデルの実行に同期してテストを実行
  • DS1006(シングルプロセッサシステム)のサポート
  • MATLAB Accessライブラリ
  • CalDesk ECU Diagnostics Accessライブラリ
  • バージョン管理インターフェース

ASM 1.2

  • ASMEngineGasoline 2.0
  • 複雑なガソリンエンジンのシミュレーションに対応した新パッケージ(異なるサプライヤの高圧ポンプを使用したコモンレールシステムや、直噴およびポート噴射など)
  • ASMEngineGasolineBasic 1.2
  • 従来の名称はASM Engine Gasolineでしたが、現在ではそれと区別するためにASMEngineGasoline 2.0という名称で販売されています。
  • ブースト圧と温度をシミュレートするためのターボチャージャモデルを新たに搭載
  • ASMEngineDiesel 1.2
  • DOC(ディーゼル用酸化触媒)およびDPF(ディーゼルパティキュレートフィルタ)を備えたシステムを新たに搭載DOCとDPFに対応したモデルで、最新のディーゼルエンジンECU開発をサポート
  • ASMDriveTrainBasic 1.1
  • ASMTurbocharger 1.1
  • ASMEnvironment 1.0.1
  • ASMVehicleDynamics 1.0.1
  • ASMBrakeHydraulics 1.0.1
  • ASMParameterization 1.1.1
  • ASMUtils 1.2

CalDesk® 1.4

  • Variable EditorによるECU記述ファイルのビジュアル表示、編集、および作成
    詳細については、以下を参照してください。 Variable Editor
  • 計測:新しいXYプロッタおよびスライドコントロール計器
  • データセットマネージャ:操作性の向上
  • プロジェクトおよびエクスペリメントナビゲータ: ASAP2プロジェクト情報の表示

 

ConfigurationDesk® 1.1.2

  • 2チャンネル直噴ドライバーモジュールPS-DINJ 2/1(DS1664)のサポート
  • 8チャンネル熱電対センサ入力モジュールSC-Thermo 8/1(DS1638)のサポート(dSPACE Release 5.2以降でプラグインとして利用可能)

ControlDesk® 3.0

  • CAN NavigatorにおけるRTICANMMメッセージの設定
  • RTICANMMによって定義されたすべてのRXおよびTXメッセージのツリー表示
  • RXおよびTXレイアウトの生成が容易
  • DBCバリアントのビジュアル表示および切り替え
dSPACE FlexRay Configuration Package 1.2
  • dSPACE FlexRay Configuration Tool 1.2
  • RTI FlexRay Configuration Blockset 1.2

MotionDesk 2.1

MicroAutoBoxをシミュレーションプラットフォームとしてサポート

MTest 1.4.1

バージョン管理インターフェース

RTI Bypass Blockset 2.2

  • バイパス処理用のCAN Calibration Protocol(CCP)をサポート
  • XCP on CAN経由で適合ページを切り替えるオプション
  • XCP on CANおよびCCPに対応したECUへのSeed & keyアクセス
  • XCP on CANおよびCCPに対応した新しいアップロード/ダウンロードブロック
  • dSPACE Variable Editorへの直接インターフェース
  • 整数変換オプションの設定が可能(切り上げ/切り捨て)

 

RTI CAN MultiMessage Blockset 1.4

操作

  • 各メッセージのダイナミックメッセージトリガオプション:グローバル有効化、強制的な転送(キックアウト)、周期的なメッセージのアクティブ化など
  • キックアウトトリガの新しいオプション
  • RXとTXの更新/ベースタイムにおける機能強化

操作オプション

  • メッセージと信号に関するさまざまな操作オプション(チェックサム、パリティ、トグル、カウンタなど)
  • ゲートウェイ信号をカウンタなどの他のソースに直接切り替えるゲートウェイモードのオプションを強化
  • ダイナミックメッセージ長(定義されたTXイベントの数)

RTI LIN MultiMessage Blockset 1.1

LDF(LINデータベースファイル)とDBCファイルに基づいてLIN設定を操作場合

  • Real-Time Interfaceへの追加
  • LIN記述ファイルに基づくグラフィカルな設定
  • LIN 1.3とLIN 2.0のサポート

 

RTI RPCU Blockset 1.3

  • Setupブロック:スレーブ負荷の計測および過負荷による停止
  • 角度ベースの信号を生成して外部システムをトリガ
  • MC PWM用のトリガ信号を生成してADCをトリガ
  • ADC計測(スレーブ上のバッファ)のパフォーマンスを強化(筒内圧の計測など)
  • I/O機能が初期化された場合にのみSC/PSモジュール出力を解除
  • TPUでのビット出力

TargetLink® 2.2

  • AUTOSARソフトウエアコンポーネント(SWC)のモデリングとコード生成
  • ファンクションインターフェースでの構造体ポインタ
  • 新しいターゲット最適化モジュールと、拡張されたターゲットシミュレーションモジュール
詳細については、以下を参照してください。 TargetLink 2.2

MATLABのサポート

  • R13SP1+ (*)
  • R13SP2
  • R14SP3
  • R2006a+ (**)
  • R2006b (**)
新しいTargetLink 2.2 AUTOSAR Moduleは、R14SP2、R2006a+、およびR2006bのみをサポートしています。

(*) TargetLink 2.2では、R13SP1+をサポートする予定はありません。
(**) dSPACE Release 5.2のRTI FlexRay Blocksetでは、R2006a+とR2006bをサポートする予定はありません。

その他の情報