For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:アクティブな騒音振動除去システムのプロトタイピング

ヘリコプタから発生する騒音、特に着陸時の騒音は決して快適なものではなく、さらにその振動もパイロットに影響を与えます。この騒音や振動は、どちらもローター(回転翼)の回転平面の気流によって引き起こされるものです。騒音は、ローターの1つが前方のローターの渦の流れに衝突することによって発生します。ヘリコプタの放射雑音および振動全体を低減する1つの方法として、ローターブレードに追加された圧電制御フラップの使用があります。

開発環境

プロセッサボードとFPGAボードを搭載したSCALEXIO AutoBoxは、騒音や振動の削減に最適なプロトタイピングシステムです。AutoBoxは、ローターごとのフラップ迎角制御用の複数のピエゾアクチュエータを高速に制御するのに必要な十分な処理能力を備えています。制御への入力は、ローターブレード内や着陸用そりに追加されたマイクロフォン内にある、空気圧曲線を計測する圧力センサから受信します。これにより、プロセッサボードにいかなる影響も与えることなく、複数のチャンネルの同期的なプリプロセス処理をFPGAボード上で実行できます。プロトタイピングシステムはモジュール型の構成であるため、マイクロフォンチャンネルや圧電アクチュエータの追加が必要な場合には柔軟に拡張することができます。要求される応答時間が非常に短い場合は、プロセッサボード上だけでなくFPGAボード上でも制御方式をモデルベースで開発することができます。