For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

主な利用効果

 

dSPACEラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)システムを使用すると、手作業によるプログラミングなしで新たな制御方式の開発や最適化、テストを実際の環境で迅速に行うことができます。RCPは、設計のエラーを発見し、直ちに修正するのに役立ちます。dSPACE実装ソフトウェアのReal-Time Interface(RTI)を使用すると、MATLAB®/Simulinkで設計したモデルをdSPACEハードウェアに自動的に実装することができます。数多くのインターフェース機能を備えたグラフィカルなブロックライブラリにより、入出力やモデルの接続が可能です。ControlDesk® では、グラフィカルな計器を使用することにより、実行中の変数をモニタおよび適合することができます。RCPハードウェアは、処理能力とメモリ容量の面で実際の量産電子制御ユニット(ECU)よりもはるかに高性能であるため、ハードウェアによる制約を考慮する必要はほとんどありません。dSPACE RCPシステムは、ECUの代替物(フルパス手法)または拡張(バイパス手法)として使用することができます。dSPACEは、お客様のニーズに合ったRCPシステムを構築するため、車載、ラボ、またはテストベンチ用のすぐに使用できる広範なソフトウェアコンポーネントとハードウェアコンポーネントを提供しています。これらのコンポーネントは、自動車、航空宇宙産業、医療、ロボット産業、およびその他の多くの応用分野で使用することができます。

 

モーター制御方式の開発

今日、電気自動車およびハイブリッド車は、燃料消費および排出ガスの削減目標に向けた取り組みにおいて大きな役割を担っています。

マップベース運転支援アプリケーションの車載での機能開発とテスト

新しいマップベースの運転支援システムは、明日の道路交通の課題を解決する一つの方法です。

エンジン制御の開発

燃費および排出物(NOx、CO2)の削減を実現するために、内燃エンジンの新しい動作プロセスに関する継続的な研究が求められています。

シャシー制御開発

運転安全性、快適性、運動性能の改善などを目的とした、新しいシャシー制御方式の開発およびテストを行う場合、コントローラモデルの計算に高い演算処理能力が必要となります。

二輪車向けのビークルダイナミクスの最適化

現代の二輪車では、アンチロックブレーキシステム(ABS)、自動スタビリティコントロール(ASC)、ダイナミックトラクションコントロール(DTC)、およびダイナミックダンピングコントロール(DDC)などのビークルダイナミクスに対応した最新の制御方式が要求されます。

Prototyping for Active Noise and Vibration Cancellation

The noise produced by helicopters, particularly as they come into land, is far from pleasant, and their vibrations also affect the pilot. Noise and vibration are caused by the air currents in the plane of the rotors.

Prototyping Medical Microsystems

In the area of cardiac rhythm management, devices such as artificial pacemakers can profit from optimized control strategies, reduced power consumption, and improved reliability.

その他の情報 製品情報 トレーニング