For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

主な利用効果

 

dSPACEラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)システムを使用すると、手作業によるプログラミングなしで新たな制御方式の開発や最適化、テストを実際の環境で迅速に行うことができます。RCPは、設計のエラーを発見し、直ちに修正するのに役立ちます。dSPACE実装ソフトウェアのReal-Time Interface(RTI)を使用すると、MATLAB®/Simulinkで設計したモデルをdSPACEハードウェアに自動的に実装することができます。数多くのインターフェース機能を備えたグラフィカルなブロックライブラリにより、入出力やモデルの接続が可能です。ControlDesk® では、グラフィカルな計器を使用することにより、実行中の変数をモニタおよび適合することができます。RCPハードウェアは、処理能力とメモリ容量の面で実際の量産電子制御ユニット(ECU)よりもはるかに高性能であるため、ハードウェアによる制約を考慮する必要はほとんどありません。dSPACE RCPシステムは、ECUの代替物(フルパス手法)または拡張(バイパス手法)として使用することができます。dSPACEは、お客様のニーズに合ったRCPシステムを構築するため、車載、ラボ、またはテストベンチ用のすぐに使用できる広範なソフトウェアコンポーネントとハードウェアコンポーネントを提供しています。これらのコンポーネントは、自動車、航空宇宙産業、医療、ロボット産業、およびその他の多くの応用分野で使用することができます。

 

その他の情報 製品情報 トレーニング