For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

FlexRay ECUのテスト

適用分野

dSPACE HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータを使用すると、単一のECUまたはネットワーク化された複数のECUをまとめてテストできます。ECUの環境をシミュレートするため、現実的な標準I/O信号を供給する必要があり、またバス通信もシミュレートする必要があります。典型的なテストシナリオでは、バスに接続されるすべてのECUが使用できるわけではないため、dSPACEシミュレータを使ってネットワークに物理的に存在しないあらゆるECUのバス通信をエミュレートします(レストバスシミュレーション)。

FlexRayレストバスシミュレーションにおける重要な点

FlexRay通信システムは、シャシーコントロールなどの要件の厳しいアプリケーションに最適な、広帯域幅を有する信頼性の高いタイムトリガ型のバスシステムです。この特性を十分に発揮するため、バスのスケジューリングに対応して計算機能を実行する必要があります。制御ロジックはdSPACEシステムのタイミング制御で実行することができ、これはシミュレーションノードまたはモニタリングノードとして設定することができます。
最適なサポートのため、dSPACE FlexRay Configuration Toolで異なるタイプのタイミング制御タスクを生成することができ、FlexRayバスはこのタイミング制御を使って信号をリアルタイムに読み取りまたは送信します。FlexRay Configuration Toolでは、シミュレータで使用する通信記述およびスケジューリング情報を、FIBEXファイル(ASAM MCD-2 NET)から選択することができます。
この例では、dSPACE Mid-SizeシミュレータとDS1006 Processor Boardを使って、存在しないFlexRayノードをシミュレートし、車両シミュレーション用のリアルタイムモデルを計算します。

この構成で可能なECUテスト作業

  • 通信テストおよび分散機能のテスト(ネットワーク上のECUのテスト)
  • ソフトウェアの統合テスト(ECUの全体的な機能性テスト)
  • 受入テストおよびリリーステスト

この構成で可能なテスト分野

  • FlexRayネットワークのシミュレーション
  • FlexRayアプリケーションのレストバスシミュレーション
  • 欠陥シミュレーション

製品情報