For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACEでは、ECUテスト向けの広範なHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ、シミュレータ固有のハードウェア、および関連ソフトウェアを提供しています。

SCALEXIO

SCALEXIOシステムは、HIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムの将来的な課題に対応する、新しいハードウェアおよびソフトウェアアーキテクチャを備えています。ハードウェアはすべて標準化されており、SCALEXIOシステムの全バージョンで再利用することができます。

dSPACE Mid-Sizeシミュレータ

dSPACE Mid-Sizeシミュレータは、自動車用ECUのテストを体系的かつ自動的に行うための、すぐに使用できる、標準のHILシミュレータです。このシミュレーションモデルは、プロセッサハードウェア上(シングルプロセッサまたはマルチプロセッサシステム)で実行されます。dSPACE Mid-Sizeシミュレータは、搭載されているdSPACEのI/Oボードを使用して、入出力信号を生成、計測します。このシミュレータの機能は、負荷および欠陥シミュレーションによって拡張されます。

dSPACE Full-Sizeシミュレータ

dSPACE Full-Sizeシミュレータは、19インチキャビネットに設置され、要件に応じて高さが変わります。dSPACEプロセッサボードおよび入出力ボードは、標準のPX20拡張ボックスに設置されます。PX20拡張ボックスには、dSPACEボード用の20本のスロットが備わっています。必要に応じて、追加の拡張ボックスを組み込むことができます。

メカトロニクスによるテストベンチの実装

dSPACEでは、用意されている電子インターフェースだけでは電子制御ユニット(ECU)にアクセスできない一部のHILテストケース向けに、メカトロニクスコンポーネントおよびシステム用の高速応答テストベンチを提供しています。

Electric Driveテクノロジ

dSPACEは、Electric Drive向けのECUを開発およびテストするための広範なテストシステムを提供します。テストの目的やプロジェクトの条件に応じて、信号、電力、または機械レベルといった異なるレベルでECUにアクセスできます。

dSPACEシステムは容易に稼働させることができます。しかし、プロジェクトが複雑な場合、個別のソリューションを必要とする場合、または十分な時間がない場合には、dSPACEの迅速で信頼性の高い優れたエンジニアリングサービスやコンサルティングサービスを利用することができます。

サービス(例) 詳細(例)
ターンキーHILシステム(選択的サービスから完全なターンキーシステムまで)
  • 概念設計、ハードウェア計画、プロジェクト管理
  • 信号リスト/ワイヤハーネスの仕様
  • ユーザ固有のハードウェアの開発(例:ラムダプローブシミュレーション、ECUマウント、ギヤボックスマウント、バルブ信号検出ユニット、1Dおよび3D モーションプラットフォーム、ステアリングテストベンチ、FPGAベースボードのピギーバックモジュール)
  • ユーザ固有のソフトウェアの開発(例: Simulink®モデル)
  • 開ループおよび閉ループHILシステムテスト
  • 現地でのエンジニアリング
  • 現地でのトレーニング
  • 常駐エンジニア
シミュレーションモデル
  • モデルのパラメータ設定/適合およびモデルの妥当性確認
  • モデルの統合
  • モデル開発とモデル調整
テストオートメーション
  • テストシナリオおよびテストケースの概念設計
  • 現地での研修
  • テストプロセスのサポートとテストオートメーションエンジニアリング
電気駆動装置用途に対応したHILシステム開発

その他の情報 動画 関連資料 成功事例