For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Real-Time Testing Observer Library

セーフティクリティカルな要件のリアルタイムでの妥当性確認

Real-Time Testing(RTT)Observer Libraryを使用すると、BTC EmbeddedSpecifier®で生成された要件オブザーバ(Real-Time Testing Observer)をさまざまなdSPACEプラットフォームで活用することができます。これにより、セーフティクリティカルな要件を継続的にモニタし、妥当性を確認できるようになります。

適用分野

セーフティクリティカルなアプリケーションは、自動車、航空宇宙産業、メディカルエンジニアリング、および製造業など、多くの分野で一般的に使用されています。複雑度が高い機能の場合でも、たとえば乗用車の機能安全のテストを規定したISO 26262規格で推奨される基準に基づいて、それらの機能は保証され、正式に検証されなければなりません。Real-Time Testing(RTT)Observer Libraryを使用すると、BTC EmbeddedSpecifier®で作成された要件オブザーバをさまざまなdSPACEプラットフォームで活用できるようになるため、要件を継続的にモニタすることができます。

主な利用効果

dSPACEツールチェーンの中でRTT Observer LibraryおよびBTC EmbeddedSpecifierを統合すると、既存のMIL(Model-in-the-Loop)、SIL(Software-in-the-Loop)、およびHIL(Hardware-in-the-Loop)環境を補完して、セーフティクリティカルな要件をリアルタイムで継続的に検証することができます。これらのテスト手法を組み合わせることにより、同じ時間の中で達成可能なテスト深度が大幅に向上します。オブザーバテクノロジは、HILや仮想検証向けのdSPACEツールチェーンに容易に統合することができるため、ユーザは使い慣れた環境で快適に作業することができます。

全般
  • BTC EmbeddedSpecifier®により生成されたRTT ObserverをdSPACEプラットフォームで実行
  • オブザーバがテストシナリオの実行中に要件の妥当性を常時確認
  • RTTオブザーバは独立したルーチンとして実行モデルに追加可能モデルの再コンパイルは不要
セットアップパッケージ(RTT Observer Libraryライセンスで追加提供)
  • ControlDeskレイアウトジェネレータ
  • AutomationDeskテストテンプレート
  • BTC Observer Simulink®ブロック
  • 製品ドキュメント
  • デモファイル
サポートされるdSPACEプラットフォーム
  • SCALEXIO、SCALEXIO MC/MP1)
  • DS1006、DS1006 MC/MP1)
  • VEOS、VEOS MC 1)
1) MC/MPのサポートはコアローカル変数に対して動作するオブザーバに限定されます。

概要

セーフティクリティカルな要件を継続的にモニタすることができるこのソリューションでは、アプリケーションに応じてさまざまなツールを組み合わせて使用しています。次のツールが使用されています。

  • Real-Time Testing Observer Library – BTC EmbeddedSpecifier®で生成された要件オブザーバをさまざまなdSPACEプラットフォームで実行できるようにします。
  • BTC EmbeddedSpecifier® – 専門的な知識がなくても非形式的な要件を形式的な表現に変換し、要件オブザーバに転送できるようにします。この形式的でツールに対応した手法により、要件の品質を向上させることができます。
  • dSPACEプラットフォーム – SCALEXIO、DS1006、またはVEOS – 各テストフェーズに最適なプラットフォーム
  • ControlDesk – 汎用的なモジュール型の試験および計測ソフトウェア固有のレイアウトを持ち、オブザーバをロード、スタート、およびストップする機能を搭載したRTTオブザーバを活用すると、実行中のすべての段階において各要件の状態をモニタすることができます。要件違反が検出されると、レイアウト内で直接表示されます。
  • AutomationDesk – 強力なテストオーサリングおよび自動化ツールモニタされた要件は定義されたテストワークフローに沿ってチェックされます。テストレポートにはオブザーバでの確認結果が含まれるため、要件違反が検出された理由を容易に追跡することができます。

サポート お問い合わせ