Real-Time Testing

Pythonベースのリアルタイムテスト自動化

Pythonベースのテスト自動化 – シミュレーションモデルと同期して実行される100%再現可能なリアルタイムテスト

適用分野

自動化されたテストは、通常、HIL(Hardware-in-the-Loop)システムに接続されている標準PC上でテストを実行します。ただし、この手法は、より高い時間精度が必要なケースには、多くの場合対応することができません。たとえば、ECU相互作用をミリ秒単位で取得・応答させる場合などです。この場合、リアルタイムのテストに対応したPythonスクリプトを使用したReal-Time Testing (RTT) が、その解決策となります。

主な利用効果

スクリプトはdSPACE HILシステムなどのシミュレーションプラットフォーム上で実行されます。これらはリアルタイムにモデルと同期をとって実行されるため、すべてのテスト動作をリアルタイムで実行でき、100%再現可能になります。これにより、dSPACEシミュレータによるテストの選択肢が大きく広がります。同一シミュレーションステップ内でモデル変数の値を変えたときの応答動作を見る応答テストを実装できます。通信の遅延時間がないため、テスト中の時間の計測精度も格段に向上します。計測の最大時間分解能を制限する要因は、シミュレーションステップのサイズのみです。リアルタイムテストスクリプトはHILシステムだけでなく、dSPACEのPCベースのオフラインシミュレーション向けプラットフォームVEOSでも動作します。このため、仮想検証からHILシミュレーションに至るまで、開発プロセス全体を通してシームレスにテストスクリプトを再利用することができます。

Features Description Benefits
100% reproducible RTT tests 
  • Synchronous execution with the simulation model 
  • Precise steps on simulation platforms
  • Deterministic regression test results

 

RTT tests without model changes
  • Technically independent test and model execution
  • No model recompiles needed for testing
  • Dynamic test loading without stopping the model 
Easy to implement 
  • RTT tests in high-level programming language Python
  • Saves time during test development
Python Interpreter on the simulation platform
  • The RTT embedded Python Interpreter works under real-time conditions 
  • Standard libraries are available
  • Complex programming and debugging on simulation platform
     
RTT scripts ideally suited for GIT
  • RTT test components are Python text files
  • Complete RTT test storable ‘as a code’
Reading and writing model variables 
  • Access simulation variables in every simulation step
  • Versatile basis for various areas of applications, e.g., variable observer, functional bypassing
Data streaming
  • Streaming of MAT or MDF files to model variables 
  • Testing based on 100% deterministic replay of real-world recorded data
CAN and ETHERNET access
  • Read and write access to CAN, CAN FD, and Ethernet bus 
  • Advanced options for bus testing, e.g., observe bus traffic, manipulate message content, rest bus simulation
Platform support
  • Windows and Linux Ubuntu as host platforms  
  • dSPACE simulation platforms, incl. VEOS
     
  • Independent of simulation platform 
  • Accelerate test development by using one RTT test for SIL and HIL testing

ISO 26262認証を取得

dSPACEでは、ISO 26262の認証を取得したECUソフトウェアの妥当性確認用ツールを複数提供しています。これらには、Real-Time Testing(RTT)、SIMPHERA、VEOS、およびPlatform API Packageが含まれます。つまり、これらの製品はすべて、自動車安全度水準(ASIL)に対応したISO 26262:2018規格に準拠しており、安全関連の開発プロジェクトに使用可能です。
この認証を取得しているということは、ISO 26262のプロセス全体を簡素化でき、さらには認定の手間をほとんど掛けずに安全関連のプロジェクトでこれらのツールを使用できるということです。また、各種の使用事例向けの安全マニュアルも提供されます。

Documentation お問い合わせ

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.