For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Real-Time Testing

Pythonベースのリアルタイムテスト自動化

Pythonベースのテスト自動化 – シミュレーションモデルと同期して実行される100%再現可能なリアルタイムテスト

  • テストオートメーションソフトウェアサポートセンター

    このウェブサイトでは、テストオートメーションソフトウェアの最も重要なサポート情報にすばやくアクセスできるリンク一覧が提供されています。

    詳細情報

  • Real-Time Testing

    リアルタイムハードウェアには、プロセッサボード上で動作するインタープリタを介してアクセスすることができます。インタープリタはリアルタイムアプリケーションと同じ割合で実行されるため、これを使用してリアルタイムテストを行うことができます。このトレーニングコースでは、プログラミング言語のPythonをベースとしたリアルタイムテストのプログラミングをご紹介します。コースの参加者は、標準的なアプリケーションについて考察し、これらを実例で実践します。

    詳細情報

適用分野

自動化されたテストは、通常、HIL(Hardware-in-the-Loop)システムに接続されている標準PC上でテストを実行します。ただし、この手法は、より高い時間精度が必要なケースには、多くの場合対応することができません。たとえば、ECU相互作用をミリ秒単位で取得・応答させる場合などです。この場合、リアルタイムのテストに対応したPythonスクリプトを使用したReal-Time Testingが、その解決策となります。

主な利用効果

スクリプトはdSPACE HILシステムなどのシミュレーションプラットフォーム上で実行されます。これらはリアルタイムにモデルと同期をとって実行されるため、すべてのテスト動作をリアルタイムで実行でき、100%再現可能になります。これにより、dSPACEシミュレータによるテストの選択肢が大きく広がります。同一シミュレーションステップ内でモデル変数の値を変えたときの応答動作を見る応答テストを実装できます。通信の遅延時間がないため、テスト中の時間の計測精度も格段に向上します。計測の最大時間分解能を制限する要因は、シミュレーションステップのサイズのみです。リアルタイムテストスクリプトはHILシステムだけでなく、dSPACEのPCベースのオフラインシミュレーション向けプラットフォームVEOSでも動作します。このため、仮想検証からHILシミュレーションに至るまで、開発プロセス全体を通してシームレスにテストスクリプトを再利用することができます。

Functionality Description
Real-time testing
  • Real-time test management by scripting and dedicated graphical user interface
  • Real-Time Testing library in AutomationDesk for convenient script management
  • Model variables can be observed and changed in every simulation step
  • No model modification necessary for real-time testing
100% reproducible real-time tests in Python
  • Tests are executed synchronously with simulation model
  • Real-time tests implemented in Python (user-extensible via libraries)
  • Concurrent execution of several independent test scripts
  • Dynamic test loading during model and test execution
  • Read and write access to model variables in every simulation step
Key features
  • Easy integration into user-defined test frameworks (AutomationDesk or others)
  • Use of measured data such as MAT files located on host PC for real-time stimulation of model variables
    • NEW: Data streaming now also supports ASAM MDF files (Version 4.x), the established ASAM measurement data format
  • Python objects can be easily exchanged between real-time tests and the PC Python script
  • Seamless support of all dSPACE platforms1)
    • NEW: Support of DS6001 Processor Board and simulation on a remote simulator with VEOS
  • Virtual ECU (V-ECU) support
    • Stimulation and monitoring of signals and variables in V-ECUs
  • Sending and monitoring of CAN and CAN-FD frames (based on RTI CAN MultiMessage Blockset or Bus Manager)
  • NEW: Access to Ethernet bus communication that allows customers to react in real time by observing or transmitting Ethernet frames as part of their tests

1) Except DS1104.

関連項目 お問い合わせ