製品ニュース

First 戻る Last 次へ

38 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

動画:Electric Drive向けの制御コードを最適化

Electric Driveの制御ソフトウェアにとって最も重要なのは性能です。プロトタイピングフェーズでは、高性能なプロトタイピングシステムとFPGAをご使用いただくことが可能です。しかし、量産車では、低コストで入手しやすい手頃な性能のマイクロコントローラを活用することが競争力の強化につながります。当社の無料オンラインセミナーでは、制御モデルの最適化を通じてご使用の量産ハードウェアに課される目標値を達成する方法について、いくつかのヒントを提供します。

  • 2022年01月19日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:ご使用のSimulinkやTargetLinkのモデリング効率を向上

大規模かつ複雑なSimulinkやTargetLinkのモデルを用いた作業は、退屈で時間がかかるものだと考える必要はありません。このビデオポッドキャストでは、Model Engineering Solutions(MES)社のFerry Bachmann氏とdSPACEのCarsten Rustemeierが、フラストレーションを溜めず、よりすばやく安全にモデリングタスクを完了する方法について説明します。

  • 2022年01月19日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACEでは、小型で堅牢な車載プロトタイピングシステムであるMicroAutoBox III向けの冷却ユニットを提供しているのをご存知でしたか?

つまり、MicroAutoBoxのすべてのプロセッサを常にフル稼働させた状態でフィールドテストを実行することもできるということです。アクティブ冷却を用いれば、MicroAutoBox IIIが過酷な条件下でも安全に動作するよう許容温度範囲を拡大できます。 また、この冷却ユニットは、MicroAutoBox IIIの設置面積を変更することなく容易に実装できます。

  • 2022年01月14日
  • 製品情報
次の画面を表示する

データパイプライン:Fueled by Data

自動運転に求められる機械学習ベースの機能を継続的に開発するには、データパイプラインを完全に統合したデータドリブン開発ソリューションが最適です。dSPACEでは、お客様がデータパイプラインに関する課題に適切に対処できるよう、適切なテクノロジ、手法、および卓越した専門技術を提供しています。

  • 2022年01月14日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:セーフティクリティカルなADAS機能向けのVIL(Vehicle-in-the-Loop)テスト

EOLテスト(製造ラインにおける完成検査)やPTI(定期的な技術検査、車検)を行うには、ADASおよびAD機能の安全性を効率的に確認できるテストスタンドが必要です。この動画では、最先端のVIL(Vehicle-in-the-Loop)テストを行えるdSPACEとDÜRR社の共同ソリューションを紹介します。

  • 2022年01月12日
  • 製品情報
次の画面を表示する

トラックとトレーラの組み合わせや二輪車が追加されたより多様なトラフィックシミュレーション

リアリスティックシミュレーションの鍵となるのは多様性です。トラックとトレーラの組み合わせや二輪車といった新しいオブジェクトによりトラフィックシミュレーションを補完および強化する方法について説明します。

  • 2022年01月12日
  • 製品情報
次の画面を表示する

高電圧パワーHILテスト

統合型のパワーエレクトロニクスを用いて、最大1,250 Vの電圧を使用する駆動システム用制御ユニットをテストしたいとお考えでしょうか。あるいは、考えられるすべてのグリッド構成と最大出力の影響を考慮しながら、充電機器のテストを行いたいとお考えですか。当社のパワーHILシステムは、必要な数の高電圧電子負荷モジュールを搭載し、モーター、バッテリ、またはパワーグリッドをエミュレートしてHILシミュレーションを行うことができます。

  • 2022年01月12日
  • 製品情報
次の画面を表示する

DARTS

dSPACE Automotive Radar Test Systems​ 高性能な自動車用レーダーテストシステム

  • 2022年01月05日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:Adaptive AUTOSARのコード生成にTargetLinkを活用

新世代のECU向けの高品質なソフトウェアを効率的に開発するための新しい方法をご確認ください。この方法は、Adaptive AUTOSARに準拠しており、dSPACEの量産コード生成ツールであるTargetLinkと組み合わせることでモデルベースのアプローチを実現することができます。この方法では、十分に実績のあるワークフローに加え、TargetLinkによる強力なオンボードシミュレーション機能や妥当性検証機能も利用できます。

  • 2021年12月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する

電動化モビリティの課題を克服

航空宇宙産業向けのパワーエレクトロニクスを効率的にテストするうえで鍵となるパワーHIL。

  • 2021年12月15日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

38 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

関連項目

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き