For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

製品ニュース

First 戻る Last 次へ

26 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

SCALEXIO向けSPIおよびI2Cインターフェース

SCALEXIO Serial Interface Solutionを使用すると、SCALEXIOシステムでSerial Peripheral Interface(SPI)とInter-Integrated Circuit(I2C)バスを使用できるようになります。これらのインターフェースは、dSPACE ConfigurationDeskソフトウェアによって容易にパラメータ化できます。

  • 2017年10月16日
  • 製品情報
次の画面を表示する

車両用トラクションモーターの開発とテスト

dSPACEでは、高性能のソフトウェアおよびハードウェアが必要となるハイブリッドおよびフル電動パワートレイン向けの最新のパワーエレクトロニクスコントローラを開発する際に求められる要件に対応したRCPおよびHILツールを提供しています。

  • 2017年09月28日
  • 製品情報
次の画面を表示する

スプリングケージ端子ブロック搭載のMicroLabBoxトップパネルバージョン

スプリングケージ端子ブロック搭載の新しいMicroLabBoxトップパネルバージョンを使用すると、信号線を迅速かつ容易に変更できます。

  • 2017年09月21日
  • 製品情報
次の画面を表示する

新しいSCALEXIO Ethernet Board

新しいDS6331-PE Ethernet Boardを使用すると、SCALEXIOプロセッサユニットにEthernetポートをさらに追加することができます。このボードでは、それぞれ最大1000 Mbit/sをサポートする4つの独立したEthernetポートを提供しています。

  • 2017年09月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:TargetLinkおよびECUインターフェースツールチェーンによるオンターゲットバイパス処理

TargetLinkを使用してオンターゲットバイパス処理を行うと、ECUプロトタイピングをより量産段階に近い形で実行することができます。これらの動画では、ECU Interface Manager、Simulink、およびControlDeskを使用して、オンターゲットバイパス処理で既存のECU機能を拡張する方法を手順を追って紹介します。

  • 2017年09月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACEのシミュレーションモデルでトラックキャビンのダイナミクスを容易にシミュレートできることをご存じでしたか。

快適性とアクティブセーフティ機能向けにトラックキャビンダイナミクスをASMツールスイートにより現実的にシミュレートする方法をご確認ください。

  • 2017年09月07日
  • 製品情報
次の画面を表示する

非AUTOSARおよびAUTOSAR V-ECUをPC上でシミュレートすることができるのをご存じですか。

仮想検証向けのdSPACEツールチェーンを使用すると、非AUTOSARおよびAUTOSAR ECUソフトウェアに対応したバーチャルECU(V-ECU)を生成し、お客様自身のPC上でそれらをシミュレートすることができます。これにより、AUTOSAR対応かどうかに関わらず、開発フェーズの早期の段階でご使用のECU量産コードを検証することができます。

  • 2017年08月21日
  • 製品情報
次の画面を表示する

仮想テストベンチ

VEOSをPC上で常に使用可能な仮想テストベンチとして設定

  • 2017年08月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する

MicroAutoBox II向けの安全メカニズムを強化

メモリ整合性チェック、供給電圧モニタリング

  • 2017年08月14日
  • 製品情報
次の画面を表示する

XIL API:One for All

ASAM XIL APIを使用して、すべてのテスト段階のテストをテストプラットフォームから分離

  • 2017年07月24日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

26 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

関連項目