For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

製品ニュース

First 戻る Last 次へ

37 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

動画:FMIを使用する利点

ProSTEP iViP Smart Systems Engineeringプロジェクトの動画では、会社をまたいでシステムズエンジニアリングを行う際にFunctional Mock-up Interface(FMI)を使用する利点について説明します。

  • 2017年04月24日
  • 製品情報
次の画面を表示する

MicroAutoBox Embedded SPU

小型かつ堅牢なプロトタイピングハードウェアを使用して、高度に自動化された車両のさまざまな環境センサから受信したデータの処理および融合を完全に同期した形で容易に実行する方法について確認する。

  • 2017年04月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

ASMツールスイートでは、排気の後処理システムに関するシミュレーションも行えることをご存じでしたか。

シミュレーションモデルを活用して、閉ループ制御の使用がディーゼルエンジンの排気ガス中に含まれる微粒子および窒素酸化物の濃度に与える影響をシミュレートする方法についてご確認ください。

  • 2017年04月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

フラウンホーファー研究所:ステアリングシステム向けの仮想テストベンチ

フラウンホーファー研究所は、パーダーボルンを拠点としてメカトロニックシステムの設計(IEM)を研究しています。ここでは、ステアリングシステムの開発およびテストのためのテストベンチをモデルベースで設計することに取り組んでいます。

  • 2017年04月18日
  • 製品情報
次の画面を表示する

V2X Solutionの新しいバージョンが利用可能

専用の短距離通信に基づいてV2Xアプリケーションをプロトタイピング

  • 2017年03月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する

TargetLinkと中央データ管理システムを組み合わせて使用すると、開発プロセスを短縮できることをご存じでしたか。

モデルベースでの迅速なソフトウェア開発により、開発期間を短縮する方法についてご確認ください。

  • 2017年03月14日
  • 製品情報
次の画面を表示する

動画:EIL(Engine-in-the-Loop) – テストベンチにおける運転操作ベースでのテストドライブ

テストドライブをテストベンチ上でシミュレートすれば、車両の排ガス特性を開発段階で予測することが可能になります。テストドライブは、リアルタイムシミュレータであるdSPACE SCALEXIOとテストベンチを接続したうえで閉ループで実行されます。

  • 2017年03月14日
  • 製品情報
次の画面を表示する

dSPACEのメカトロニック3Dモーションプラットフォーム

メカトロニック3DモーションプラットフォームおよびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータを組み合わせて使用すると、統合型モーションセンサを搭載した制御デバイスを閉ループでテストすることができます。これにより、開発フェーズの早期の段階から、ラボ内でテストを効率的かつ再現可能な形式で実行できるようになります。

  • 2017年03月06日
  • 製品情報
次の画面を表示する

TargetLinkによるオンターゲットバイパス処理

…プロトタイピングから量産へのシームレスな移行

  • 2017年03月06日
  • 製品情報
次の画面を表示する

RDEテストの効率的なフロントローディング

仮想および実エンジン搭載テストベンチを使用して排出ガスの値をシミュレーションベースで解析
排出ガスの新しいテスト手順では、実際の運転状況にある車両を対象として排気ガスの評価を行うことが必要となります。そのため、シャシーダイナモを用いたラボ環境で行われる従来のテストをRDE(real driving emissions)テストで補完する必要があります。dSPACEのツールチェーンを使用すると、RDEテストを開発フェーズのさまざまな段階にフロントローディングすることが可能です。

  • 2017年02月17日
  • 製品情報
次の画面を表示する
First 戻る Last 次へ

37 件中 1 - 10 までのニュース項目を表示

関連項目