DS1104 R&D Controller Board

コントローラ開発のための費用対効果の高いシングルボードシステム

DS1104 R&D Controller Boardは、PCをラピッドコントロールプロトタイピング用の開発システムにアップグレードします。事実上、すべてのPCの未使用PCIまたはPCIeスロットに装着できます。

適用分野

このキットでは、PowerPCとその入出力インターフェース群を搭載した、リアルタイムハードウェアを採用しているので、駆動装置、ロボット工学、航空宇宙など、さまざまな領域の制御システムを開発するのに理想的です。このボードは数多くの大学のラボで使用されています。

主な利用効果

DS1104 R&D Controller Boardは、PCに直接接続できるシングルボード上にI/Oインターフェースとリアルタイムプロセッサを搭載した費用対効果の高いエントリレベルのシステムです。これにより、ご使用のPCをラピッドコントロールプロトタイピング向けの開発ツールにアップグレードすることができます。さらには、小規模な制御アプリケーションの開発や教育目的の最適なシステムとして活用することも可能です。RTI(Real-Time Interface)には、グラフィカルな入出力設定に対応したSimulink®ブロックが付属しています。事実上、すべてのPCの未使用PCIまたはPCIeスロットに装着できます。

Real-Time Interfaceの使用

Real-Time Interface(RTI)により、制御モデルをDS1104 R&D Controller Boardで簡単に実行できます。Simulink® Coder™を使用すると、すべての入出力のグラフィカルな設定、Simulinkブロック線図へのブロックの挿入、およびモデルコードの生成を行うことができます。リアルタイムモデルは自動的にコンパイル、ダウンロードされ、起動されます。これにより、実装時間が最小限に抑えられます。

パラメータ 仕様
プロセッサ
  • PPC 603eコアおよびオンチップペリフェラルを搭載したMPC8240プロセッサ
  • 64ビット浮動小数点プロセッサ
  • CPUクロック:250 MHz
  • 16KBキャッシュ、オンチップ x 2
メモリ グローバルメモリ
  • 32 MB SDRAM
フラッシュメモリ
  • 8MB
タイマー 4種類の汎用タイマー
  • 32ビットダウンカウンタ
  • ハードウェアによるリロード
  • 80ns分解能
サンプリングレートディマー(デクリメンタ)x 1
  • 32ビットダウンカウンタ
  • ハードウェアによるリロード
  • 40ns分解能
タイムベースカウンタ x 1
  • 64ビットアップカウンタ
  • 40ns分解能
割込みコントローラ
  • タイマー割込み x 5
  • インクリメンタルエンコーダのインデックスライン割込み x 2
  • UART割込み x 1
  • スレーブDSP割込み x 1
  • スレーブDSP PWM割込み x 1
  • A/Dコンバータ(変換の終了時)割込み x 5
  • ホスト割込み x 1
  • 外部割込み(ユーザ割込み)x 4
A/Dコンバータ チャンネル
  • マルチプレクスチャンネル x 4(各チャンネルに1つのサンプル&ホールドA/Dコンバータを搭載、16ビット x 1)
  • パラレルチャンネル x 4(各チャンネルに1つのサンプル&ホールドA/Dコンバータを搭載、12ビット x 4)
  • 注意:A/Dコンバータチャンネル x 5(16ビットチャンネル x 1、12ビットチャンネル x 4)を同時にサンプリングできます。
分解能
  • マルチプレクスチャンネル:16ビット
  • パラレルチャンネル:12ビット
入力電圧範囲
  • ±10 V
変換時間
  • マルチプレクスチャンネル:2 µs1)
  • パラレルチャンネル:800 ns1)
オフセット誤差
  • ±5 mV
ゲイン誤差
  • マルチプレクスチャンネル:±0.25%
  • パラレルチャンネル:±0.5%
オフセットドリフト
  • 40 µV/K
ゲインドリフト
  • 25 ppm/K
S/N比
  • マルチプレクスチャンネル:>80 dB
  • パラレルチャンネル>65dB
D/Aコンバータ チャンネル
  • チャンネル x 8
分解能
  • 16ビット
出力範囲
  • ±10 V
整定時間
  • 最大10 µs(フルスケール精度½ LSB)
オフセット誤差
  • ±1 mV
ゲイン誤差
  • ±0.1%
オフセットドリフト
  • 130 µV/K
ゲインドリフト
  • 25 ppm/K
S/N比
  • >80 dB
Imax
  • ±5 mA
デジタル入出力 チャンネル
  • 20ビットパラレル入出力
  • 入力または出力に単一ビットを選択可能
電圧範囲
  • TTL入出力レベル
Iout, max
  • ±5 mA

1)速度とタイミングに関する仕様は、dSPACE製品のハードウェアコンポーネントと回路の性能を表しています。ソフトウェアの複雑さによっては、達成可能な全体的な性能値が、ハードウェア仕様と大幅に異なる場合もあります。

パラメータ 仕様
デジタルインクリメンタルエンコーダインターフェース チャンネル
  • 独立した入力チャンネル x 2
  • シングルエンド(TTL)または差動(RS422)入力(各チャンネルについてソフトウェアプログラミングが可能)を選択可能
位置カウンタ
  • 24ビット分解能
  • 最大1.65 MHz入力周波数、4分周では6.6 MHz
  • ソフトウェア経由のカウンタリセットまたはリロード
センサの電源電圧
  • 5 V/0.5 A
シリアルインターフェース 設定
  • 単独UART(Universal Asynchronous Receiver and Transmitter)、FIFO対応
  • PLL駆動UARTによるボーレートの正確な選択
  • RS232/RS422/RS485互換性
ボーレート
  • 最大115.2 Kbaud(RS232)
  • 最大1 Mbaud(RS422/RS485)
スレーブDSP 種類
  • Texas Instruments社製TMS320F240 DSP
  • 16ビット固定小数点プロセッサ
クロック周波数
  • 250 MHz
メモリ
  • 外部コードメモリ 64K x 16
  • 外部データメモリ 28K x 16
  • 通信用デュアルポートメモリ 4K x 16
  • 32KBのフラッシュメモリ
入出力チャンネル1)
  • PWM出力×10
  • キャプチャ入力 x 4
  • シリアルペリフェラルインターフェース(SPI)x 1
入力電圧範囲
  • TTL入出力レベル
  • A/Dコンバータ入力:0~5 V
出力電流
  • 最大±13 mA
ホストインターフェース(1台のPCIまたは1台のPCIe x 1スロットが必要) PCI PCIe
特性 サイズ
  • 185 x 107 mm(7.28 x 4.2インチ)
  • 220 x 111 mm(8.66 x 4.3インチ)
外気温
  • 0 ~ 55 ºC(32 ~ 131 ºF)
  • 0 ~ 55 ºC(32 ~ 131 ºF)
冷却
  • ファンによるアクティブ冷却
  • ファンによるアクティブ冷却
消費電力
  • 18.5 W
お問い合わせください。
電源
  • +5 V ±5%、2.5 A
  • +12 V ±5%、0.3A
  • 12 V ±5%、0.2 A
お問い合わせください。

1) 入出力チャンネルの正確な数はお客様の設定により異なります。製品のユーザマニュアルを参照してください。

関連項目 お問い合わせ

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.