For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

RTI CAN Blockset

dSPACEシステムとCAN通信ネットワークとの統合に使用

RTI CAN Blocksetは、CANバスシステム経由で通信する制御ロジックの開発とテストに最適です。

適用分野

RTI CAN Blocksetは、Real-Time Interfaceの拡張で、dSPACEシステムをCAN通信ネットワークと組み合わせたり、CANネットワークを設定したりするのに使用できます。RTI CAN BlocksetとRTI CAN MultiMessage Blocksetは、機能と適用分野が異なります(ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)/HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション)。

利用効果

RTI CAN Blocksetは、CANバスシステム経由で通信する制御ロジックの開発とテストに最適です。RTI CAN Blocksetでメッセージを設定するには、対応するブロックをCANブロックライブラリから選択し、Simulinkモデルに接続するだけです。ボーレート、識別子、メッセージ長、割込みなどの設定情報は、それぞれダイアログで入力します。

このブロックセットでは、1つのモデルに対して複数のDBCファイルを同時に使用できるため、異なる種類のDBCファイルを利用しやすくなり、また実行時に切り替えることができるようになります。このブロックセットを使用すると、CAN生データにSimulinkから直接アクセスできます。つまり、この生データを使用して、プロトコルをSimulinkモデルレベルで作成できます。

機能 説明
全般
  • dSPACEシステムとCAN通信ネットワークを組み合わせてそのCANネットワークを設定するための、メッセージファイルに対応したSimulinkブロックセット
  • 各機能とメッセージに対して1つのSimulinkブロック
初期化および設定
  • データベースファイルのインポート(下記参照)
  • ボーレート、サンプリングモード、ビットタイミングパラメータ、終端抵抗などの設定
  • DBCファイルのサポート
  • カスタムパーサ経由でのユーザ定義データベースのサポート
  • 1つのモデルで複数のDBCファイルを同時に使用可能(複数DBCファイルのサポート)
信号およびメッセージの処理
  • ダイアログボックスを使った受信、送信、要求および遠隔メッセージの設定(書式、識別子、信号構成、およびエンコード/デコードなど)
  • ループバック機能:CANコントローラから送信されたCANメッセージを同じCANコントローラで利用可能
  • メッセージ操作または信号操作なしで一方向または双方向に2つのCANバス間でメッセージを転送するためのGatewayブロック
  • CANコントローラでのステータス情報の表示
  • 信号とメッセージを操作するための各種オプション
  • 複数メッセージアクセス:同一のCANメッセージがさまざまなモデルサブシステムとの間で送受信可能
  • タイムスタンプ情報のブロック出力:受信時間、送信時間、デルタ時間、遅延時間
  • 複数のメッセージに対しそれぞれ異なるサンプリング時間とタスク(各メッセージを対応する各ブロックで表現)
  • チェックサムとパリティビットの生成(TX)および検証(RX)のためのカスタムエンコードおよびデコード
  • Simulinkから生データを直接操作
  • 信号表示でユーザ定義メッセージを使用可能
  • モデル設計時にCAN信号を操作
  • 固定メッセージサイクルタイム
割込み
  • サポートされている割込み:受信、送信、要求および遠隔メッセージ、バスオフ

関連項目 お問い合わせ