For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

機能開発者に適した仮想バイパス処理

2016年03月08日: 仮想バイパス処理は、機能開発の早期の段階で使用されます。RTI Bypass BlocksetおよびVEOSを活用すれば、開発中の新しい制御アルゴリズムを既存のECUソフトウェアと共にテストすることができます。VEOSでバーチャルECU(V-ECU)を実行して妥当性確認を行ったり、PC上の仮想環境でV-ECUを操作したりすることも可能です。RTI Bypass Blocksetでは、V-ECUに新しいSimulink機能をすばやく追加することができるため、V-ECUをPC上の元のECUソフトウェアと共にテストすることができます。

バイパス処理をリアルタイム条件下で実行

制御アルゴリズムの機能テストをPC上で完了すると、すぐにMicroAutoBox IIや実ECUを使用して外部バイパス処理を開始することができます。RTI AUTOSAR Blocksetを使用すれば、ECUハードウェアプロトタイプがまだ入手できない場合でも、バイパス処理の追加されたV-ECUをMicroAutoBox II上でテストすることができます。

製品情報