For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

クランク角同期燃料ポンプ

タスク

クランク角同期高圧燃料ポンプシステムのECU制御アルゴリズムの妥当性確認

技術的課題

燃料ポンプシミュレーションでは、時間的な制約が厳しいECU入出力信号の正確な処理が極めて重要な要件となります。特に可変バルブトレインアプリケーションでは、あらかじめ設定されたキャプチャウィンドウで特定のイベントが見逃される場合があります。これは、信号の離散化の際に誤検出となる場合があり、結果としてレールに吐出する燃油量が誤って決定される可能性につながります。

ソリューション

ASMの燃料ポンプモデルは、すべてのdSPACEリアルタイムプラットフォームの入出力との互換性があり、正確にデータを取得できるよう設計されています。このため、ユーザは入出力機能について深く理解する必要がありません。燃料ポンプモデルによってアクティブパルスが検出され、キャプチャ位置ごとに吐出する燃油量が決定されます。この結果、レール圧の傾向を正確に時間同期してシミュレートすることができます。モデルの精度を向上させるため、ポンプサイクルの最後には吐出補正が行われます。

基本情報 成功事例