For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Automotive Simulation Models(ASM)は、内燃エンジン、エレクトリックコンポーネント、ビークルダイナミクス、および交通環境の4つの適用分野に総合的なシミュレーションソリューションを提供します。

内燃エンジン

ASMエンジンモデルは、エンジンおよび排気ガス後処理用ECUの開発およびテストに最適です。これらのモデルは、ECU制御システムなど必要なすべてのコンポーネントを含む、内燃エンジンをシミュレートします。各種インジェクションシステムおよび排気ガス後処理システムを備えたディーゼルエンジンおよびガソリンエンジン用のモデルがあります。平均有効圧モデルまたは物理モデルを使用してリアルタイムシミュレーションを実行することができます。

ビークルダイナミクス

ASM Vehicle Dynamics Modelは、ESP、ステアリングおよびアクティブ減衰ECUなどのビークルダイナミクスECUの開発およびテストを行う際の優れた基盤となります。これらのモデルは、初期の開発フェーズでのビークルダイナミクスの検証に最適です。乗用車、トラックおよびトレーラ用のモデルが用意されています。グラフィカルなユーザインターフェースにより、車両の設定や運転操作、道路の定義を直感的に行うことができます。

エレクトリックコンポーネント

車両電装システム、電気自動車、インバータ、スタータバッテリ、高電圧バッテリなどのエレクトリックコンポーネントは、高精度のシミュレーションモデルにより仮想的に表現されています。これらのモデルは、ハイブリッドECU、バッテリマネージメントシステム、インジケータライトの制御の開発およびテスティングなどのタスクをサポートします。ユーザは、モデリングされたコンポーネントのパラメータをグラフィカルに設定し、実際の制御システムに正確に適合することができます。

運転支援システム

運転支援システムの開発およびテストに、道路利用者や環境オブジェクトを備えた総合的な道路交通モデルが用意されています。シミュレートされたテスト車両の各種センサモデルが、仮想環境内の他の道路利用者や静的および動的オブジェクトを検出します。トラフィックシナリオと環境は、グラフィカルユーザインターフェースを使用して直感的に定義することができます。

以下の強力なツールチェーンを利用することで、ワークフローの効率性を高めることができます。


  • ModelDesk - パラメータ設定およびシミュレーション制御
  • ASM - 制御対象システムのシミュレーション
  • MotionDesk - シミュレーションのビジュアル表示

ModelDesk – 使いやすいユーザインターフェース

ModelDeskは、シミュレーションの定義と初期設定のための直感的なユーザインターフェースです。ユーザはグラフィカルで簡単な方法を使用して、各シミュレーションタスクに応じて車両やエンジン、道路、周辺トラフィックを微調整することができます。

ASM - 車両開発用のリアルタイムシミュレーションモデル

ASMは、内燃エンジン、ビークルダイナミクス、エレクトリックコンポーネント、および交通環境のシミュレーション向けツールスイートです。オープンなSimulinkモデルはモデルベースの機能開発およびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータでのECUテストに使用されます。

MotionDesk – 現実的な3Dオンラインアニメーション

MotionDeskは、現実的なバーチャル3D環境で交通やビークルダイナミクスのシミュレーションをビジュアル表示します。自動的に生成された建物など、ModelDeskで定義された3D環境はMotionDeskですぐに使用することができます。

ASMでは、さまざまなシミュレーションプラットフォームをサポートすることにより、シームレスなシミュレーションプロセスを実現しています。


  • SCALEXIO®
  • dSPACEシミュレータ
  • VEOS®
  • MATLAB®/Simulink®がインストールされたPC

シミュレーションは、プラットフォームに応じてコントローラモデル、制御ソフトウェアまたは制御ループ内の制御ハードウェア(ECU)で実行されます。同じシミュレーションモデルがそれぞれのケースで使用でき、機能開発からECUテストまでの開発プロセス全体をサポートします。

その他の情報 製品情報