For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SYNECT 2.5

已出版: 2018年07月11日

設計による継続的な開発

データ管理ソフトウェアであるdSPACE SYNECTは、一貫性の高いデータ管理と体系的な自動化機能により、モデルベースでのソフトウェア開発、さらにはMIL、SIL、HIL、および車両レベルでのテストをサポートしています。新しいバージョンであるSYNECT2.5では、既存の機能を継続的に最適化し、新しい機能を追加することにより、このサポート性がさらに強化されています。たとえば、データのセキュリティやトレーサビリティを向上したり、リソースの消費を最適化したりするための使いやすいさまざまな新機能が搭載されています。

利用効果

  • バージョン管理の統合により、データをリリースするためのチェックポイント(リリースチェックポイント)の作成が可能です。複数のプロジェクトで使用されるデータは、単に保存するだけでなく、テキストによるコメントを通じてプロセスや依存関係の継続的な追跡にも利用できます。
  • また、ユーザが保存した追加情報(カスタム属性)は、書き込み禁止または非表示として宣言できるため、データセキュリティがさらに向上します。
  • 要件管理では、SYNECTによって個々の要件を直接編集し、これらにさらに情報を追加することができます。新たな使いやすいエディタを使用すると、この作業が一層容易になります。
  • Variant Managerでは、共有バリアントモデルにおいて多数のバリアントをフィルタリングするための新しい方法が提供されています。これにより、個々のユーザは、グローバルバリアントモデルからまさに必要とするバリアントを選んで使用することができます。
  • モデルの統合時には、信号ベースの通信をブロッキングまたは非ブロッキングとして定義することが可能になりました。これにより、モデル全体の信号の計算順序を制御できるようになります。

製品情報