For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

RTMaps Interface Blockset

dSPACEのさまざまなプラットフォームをRTMapsに接続

2016年08月11日: dSPACE RTMaps Interface Blocksetを使用すると、dSPACEのリアルタイムシステムまたはPCベースのシミュレーションプラットフォームVEOSとIntempora社のRTMapsをUDP/IP経由で接続し、双方向かつ低レイテンシな通信を実現することができます。開発者はわずかな手順だけで、Simulink®で使用しているアプリケーションを信号バスを介して適切な通信ブロックに接続し、RTMapsのマルチセンサアプリケーションへのデータ接続を確立することができます。さらに、RTMaps内のクロックをさまざまなdSPACEプラットフォーム上のシミュレーションタイムクロックまたはリアルタイムクロックと同期化することができます。これにより、たとえば、MicroAutoBoxの車両バスデータおよびRTMapsのカメラデータを取得して正確に時間同期させることが可能です。将来的には、画像処理用ECUのオープンループ(スティミュラス信号)テストも行えるようになります。この場合、PC上のRTMapsにより動画やバスデータを時間と同期した形で再生しながら、HIL(Hardware-in-the-Loop)システムにバス信号を送信することが可能になるため、ジッタのないレストバスシミュレーションが実現します。 

製品情報