For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

電源システムのHILシミュレーション

スマートグリッドおよび分散発電のテスト

電源システムは著しく変化しており、再生可能エネルギーの重要性が増すとともに電気自動車の人気が高まりつつあります。エネルギー需給は変動するため、これらのシステムには極めて優れた柔軟性が必要であり、エネルギー損失を最小限に保つためのエネルギー分配および貯蔵用のインテリジェントなサブシステムを必要とします。


電気自動車は、追加の電力が必要な場合や今後の使用のために貯蔵できる余剰電力がある場合にいつでも送電網に接続でき、これにより電力の変動を平均化できる最適なオプションです(Vehicle-to-Grid、V2G)。


適用分野


  • マイクログリッドおよびスマートグリッド用コントローラのテスト
  • 太陽光インバータ、バッテリインバータ、および燃料電池用コントローラのテスト
  • ソリッドステート変圧器のテスト
  • 電気自動車および送電網(V2G)間の相互作用のテスト
  • 電力系統に接続する場合、またはしない場合の複雑なマイクログリッドやスマートグリッドのシミュレーション
  • 個々のマイクログリッドおよびスマートグリッドコンポーネントのシミュレーション

要点


  • さまざまな時間範囲での高速なシミュレーションにより、個別のコンポーネントおよび大規模送電網に卓越した精度を提供
  • 極めて高い拡張性
  • さまざまなスマートグリッドコンポーネントを1つのテストシナリオに容易に統合可能
  • 信号レベルおよびパワーレベルでのテスト
  • すべての主要な産業用バスのサポート
  • 一般的なスマート充電プロトコルのサポート

スマートグリッドのテスト

1日を通じたエネルギーの需給変動に対応するには、送電網の注意深い監視だけでなく、電力供給事業者がどのような変化にも直ちに対処できる効率的なエネルギーマネージメントシステムも必要です。そのような極めて柔軟性の高いシステムを構築するには、多数のパワーエレクトロニクスデバイスが必要です。信頼性の高い電力供給システムを構築するため、システムの機能と相互作用を十分にテストする必要があります。dSPACEツールチェーンは、マイクログリッド、スマートグリッド、またはV2Gを徹底的にテストする場合に必要なHIL(Hardware-in-the-Loop)によるコントローラのテストやSCALEXIO®によるリアルタイムシミュレーションなど、あらゆるテストケースに対応する総合的なサポートを提供します。広範にテストする必要のある中心的なコンポーネントの1つが、スマートグリッドコントローラです。このコントローラを使用すると、電力系統にスマートグリッドを統合できるようになり、相互作用の管理も行えます。


dSPACEツールを使用すると、次のようなネットワークのあらゆる部分を必要に応じてシミュレートすることができます。


  • スマートグリッドコントローラの機能をテストするための分散エネルギー源を含む負荷グリッドサイド
  • ローカル電源システムの統合が電力系統に与える影響について学習するためのグリッドサイド
  • レストバスシミュレーションを通じた仮想コンポーネントの接続によって実現する、エネルギー源の分散を伴わないパワーグリッド
  • シミュレーション環境にグリッドエミュレータを導入することが可能なパワーレベルのインターフェース