For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACEでは、数十年の経験から得たElectric Driveの特殊な要件に関する豊富な知識に基づき、仮想検証、ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)、ECU自動コード生成、およびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション向けの総合的なツールチェーンを提供しています。dSPACE製品をシームレスに相互運用すると、快適な開発環境およびテスト環境を実現することができます。そのため、これらの製品では、強力なリアルタイムプロセッサ、ユーザによるプログラミングが可能なFPGA、および総合的なI/Oインターフェースなどのハードウェアを使用できるということも大きな利点です。また、データ処理向け、およびコントローラまたはプラントモデル向けの専用の関数ライブラリも提供されています。さらには、Simulink®の初期の機能モデルを総合的なリアルタイムテスト環境へ移行するための洗練されたソフトウェアも使用することができます。このように、dSPACEのハードウェアおよびソフトウェアを活用すると、個別のパーツを相互に高い精度で調整したうえで統合しシームレスなツールチェーンとして構築できるようになります。

dSPACEは、初期のコントローラ開発から最終的な認定テストに至るまで、世界中のお客様をサポートします。dSPACEではエンジニアリングサービスも提供しており、お客様のプロジェクトがどれほど困難なものであっても、すべての開発プロセスを通じて適切なサポートを提供します。これにより、極めて柔軟性が高く、利便性に優れた開発環境が確保されます。

MIL(Model-in-the-Loop)シミュレーション

仮想検証またはMIL(Model-in-the-Loop)シミュレーションには、OEMメーカーが開発プロセスの早期の段階で検証および妥当性確認のタスクを実行し、市場投入期間を短縮できるようにするためのツールが用意されています。

制御設計

ラピッドコントロールプロトタイピングやコントローラ設計を使用すると、実際のECUの制御アルゴリズムの設計をすばやく反復して行うことにより、開発期間を短縮することができます。

コントローラの実装

コントローラの実装にdSPACEの量産コード生成ツールであるTargetLinkを使用すると、極めて効率性の高いCコードを生成し、事前に組み込まれたシミュレーションおよびテスト環境を通じて早期の段階で妥当性確認を行うことができます。

制御システムのテスト

dSPACEシミュレータを使用したHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションやコントローラテストでは、幅広いElectric Driveシステムを現実に即してリアルタイムでシミュレートすることができます。

電気自動車

増大する環境への懸念を考慮すると、未来の車両コンセプトは代替動力システムに焦点を置く必要があります。dSPACEは、幅広い製品と長年の経験に基づいてお客様のプロジェクトをサポートします。

電力業界

dSPACE製品は、コントローラの設計およびラピッドコントロールプロトタイピングからコントローラの実装およびテストまで、電力業界アプリケーション開発の総合的なサポートを提供しています。

その他の情報 成功事例